So-net無料ブログ作成

ケーブルTVで映画を楽しむ「2012」

 2012.jpg

マヤの予言通り世界は終わる

人間の想像を絶する未知のディザスター映像!!

マヤ文明の暦は、2012年12月21日で終わっている。この日が世界の終末の日だという設定で映画は 製作されています。舞台は2009年のインドから始まります。地質調査をしているひとからアメリカの地質学者に地球の 異変が知らされます。この報告を受けたアメリカ大統領は世界各国の首脳にこの ことを告げます。 そして、2010年、2011年と過ぎて2012年に道路に亀裂が 入る事件が起き始めます。映画では、一組の家族が中心になって話が進行します。この家族は、再婚した女性とふたりのこどもと女性と 離婚した元夫が中心になっています。 この家族が車で旅行中に地割れが発生したり、噴火が あったり、ビルが倒壊したりしてアクションシーンの連続です。結局、この家族はこれらの災害から逃れるために飛行機に 乗り地上を脱出します。しかし世界各国で地震、噴火、津波、洪水が発生し降り立つ ことができません。そして、運よく中国の雪山へ不時着することになります。世界の人々には、アメリカの大統領が世界の終末がくることを 告げます。世界はこれで滅びてしまうのかと思うとアメリカ映画らしく、裏で 陰謀が図られています。そして、選ばれた者だけが助かるための準備がされていました。映画の後半では、ヒューマンの部分が大々的に描かれています。終末がくることを知っている関係者が家族に告げるシーンが何人 かのひとを題材にして観られます。どのようにして助かるのか。これは映画を観て知ったほうが良いと 思います。 大したことではありません。 考えると判ることをして助かるだけです。〇〇によって一部のひとが生き残るのです。 〇〇は、中国で準備されていました。 世界の終末を映像体験したいことに興味のあるひとにはお勧めです。

ムービープラス


共通テーマ:映画

2019.8.15(木)終戦の日は台風上陸

CIMG0414.JPG

今日は終戦の日だがTVは朝から台風情報を流している

15時過ぎには広島に上陸した

戦争を知らない戦後生まれも年齢は70になった。戦争がなくても毎日誰かが殺されている。アメリカでは銃乱射も当たり前になっている。いずれにしてもひとがひとを殺す社会であってはならないがひとの脳はこのことに関してデータ不足で殺人をしてはいけないという答えを出せない。考えるにひとの脳はまだ混沌としている。混沌を抜け出す手立てが見つかっていない。そういう意味で人類はひとつになれない。

・・・・・・・・・                                                朝、外は雨が降っていた。台風は上陸していないが雨風が時折強くなっていた。朝食をつくり細君と食べた。

CIMG0296.JPGkohi.JPGCIMG0148.JPG

新聞は憲法改正こそ平和への道だと書いてあった。

 sinbun.png

他力本願では平和は得られないし、守れないという。ツタヤからイタリア映画のDVDをレンタルしていたので観ながら過ごした。

aigan.jpg

組織のボスが殺されたが実は替え玉で本人は病院で治療を秘密裏に受けていた。女はヒットマンの幼馴染だったが看護師で病院で死んだはずの組織のボスを見てしまった。ボスは女を殺せトヒットマンに命じるが・・・。

細君は10時前にアルバイトへ出て行った。雨と風が時折強く音を立てていた。12時過ぎに細君から電話があり、丁度雨が上がっていたのでスーパーで待ち 合わせをして買い物をして帰宅した。

supa.png

昼食は助六寿司を購入した。サスペンスドラマを観ながら食べた。

CIMG7449.JPG aka.jpg

台風情報を観てから昼寝をはじめた。                      hirune.png

昼寝することで体調は快調になる。久々に晩酌はワインを飲んで、夕食はキーマカレーを食べた。デザートはグレープフルーツ。                                 CIMG0519.JPGCIMG1569.JPGCIMG0427.JPG

TVを観ながら過ごし、時々転寝。外は風雨が音を立てている。風呂に入り、ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。 


共通テーマ:日記・雑感