So-net無料ブログ作成

ケーブルTVで映画を楽しむ「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」

amenohi.jpg                              いつもの朝、妻が死んだ                                           妻が死んで気がついた                                            死んだのにつらくも何ともない                                            ディヴィスは出世コースに乗り、富も地位も手に入れたエリート銀行員。                             高層タワーの上層階で空虚な数字と向き合う日々。                                            そんな会社へ向かういつもの朝。                                                     突然の交通事故で美しい妻を失った。                                                  しかし、一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいた                                   デイヴィス。彼女のことを本当に愛していたのか?                                              俺の心は何処へいってしまったんだ?                                              心の修理も車の修理も同じことだ。                                                   まず隅々まで点検して組み立て直すんだ。                                            義父からの警告が引き金になり、デイヴィスは身の回りのあらゆるものを                                   破壊しはじめる。                                                  会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴で                        ある”家”すらもー。                                         あらゆるものを破壊していく中で、デイヴィスは妻が遺していたメモを                    見付けるが・・・。                                        (チラシより抜粋)                                         ひとは突然に死を迎えることもある。                                        夫の車に同乗した妻が交通事故に遭い亡くなる。                              夫が気づいた時には妻は死んでいたが夫はそんなことにお構いなく会社へ出社した。                葬儀でも泣かなかった。そんな男に義理の父が警告する。                            そして、男の破壊がはじまる。                                      失ったものを取り戻すために・・・。                                  映画の題名は、夫が交通事故車を解体し日よけの中に付箋を見つけ                    「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」と書かれていた。                        その付箋は妻が書いたものだった。                                                その付箋を見つけるには雨の日は日よけを使用しないので見つけられないが                  晴れの日は日よけを降ろすので見つけられるというしゃれた理由があった。                     こんなことができる夫婦は最高のカップルだと思う。                               ムービープラス


共通テーマ:映画

2019.5.31(金)いつ生まれて、いつ死ぬのかはわからない

CIMG9837.JPG                                              しょうぶふじょう(生死不定)というらしい                                   70になったので男の平均寿命にあと10年と近づいている。                                     ある程度歳を取っていると医者はいつ死んでもおかしくないという。                        もっともなことだと言われた方も納得する。                                      いつ生まれて、いつ死ぬかはわからないが生まれたら死ぬ運命にあることを                                  学んでおかなければならない。                                        ・・・・・・・・・                                             悲しい事件が今年は多く発生している。                                         明日は我が身と昔のひとは言っていた。                                        朝食をつくり細君と食べる。                                       kohi.JPG001retasu.JPGCIMG8903.JPGCIMG9079.JPG                                      朝ドラは観ることができた。                                 natusora.jpg                                                                    新聞を読んでから、落語のチケットを明日予約するためにイープラスに                                    新規登録をした。                                                           散歩へ出た。                         CIMG9942.JPG  CIMG9947.JPG          CIMG9961.JPG                             家に戻り細君とアイスコーヒーを飲んで休憩。                                   細君は整形外科へリハビリに行き、わたしは読書。                 yorokobi.jpg                                         細君が買い物をして戻り、家でざるラーメンをつくり食べた。            zarura.jpg                                               午後はサスペンスドラマを観ながら過ごし、昼寝をして、ケーブルTVで映画を観た。harumagedon.jpg                                            宮城に住んでいる叔母さんが脳梗塞で入院し今日亡くなったと連絡を受けた。                                 細君がお世話になったひとだが96歳でもあり長寿を全うしたと考えるしかない。                晩酌して、夕食は怪力納豆を食べた。                    CIMG9933.JPGkairiki.jpg                                        TVを観ながら、時々転寝して、22時過ぎに風呂に入り、ブログの更新をして、                     ごきげんようおやすみなさい。                   


共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2019.5.31 5月最後の散歩」

CIMG9950.JPG                                 昆虫たちが動き出す                   CIMG9951.JPG  CIMG9959.JPG   CIMG9958.JPG                           バラも咲いた                          CIMG9952.JPGCIMG9953.JPGCIMG9954.JPG                       散歩の成果                                          CIMG9962.JPG 


共通テーマ:趣味・カルチャー