So-net無料ブログ作成

レンタルDVDで映画を楽しむ「パリ、憎しみという名の罠」

CIMG8184.JPG                                                     二酸化炭素排出取引の制度を悪用して大儲けした男が                                   元手を借りた裏社会のボスや警察に追われ                                      憎悪と悲劇を招く                  pari.jpg                                    男が車から降りて歩道に出た時、ひとの気配を感じ振り返ったら突然銃で4発撃たれた。                        5ケ月前。                                                 会社経営者のアントワヌは多額の借金を抱え破産寸前だった。                                    金と権力を持つ義父のアロンは娘のダナと離婚させ息子の親権を奪おうとしていた。                              ダナとは口論になり家を出た。クラブでノアと知り合い一夜を共にする。                                                       彼は友人のシモン兄弟の母親が経営する店の一部を借りる。                                                会計士から会社の二酸化炭素の余った排出量を売ることが出来ると言われる。                                           京都議定書の締結後、二酸化炭素の排出量削減のため、規制枠を売買する排出取引                                          が開始された。                                             排出量の取引を海外と行うと売上税が免除されるという制度を悪用することを                   アントワヌは思いつく。                                              この計画をシモン兄弟とその母親と友人のエリックと会計士のロランに話し、                                   オンラインで販売できることを知り、ダミー会社をつくり、海外口座を開設し、                  闇のビジネスをスタートさせる計画を立てる。1週間で4万ユーロを稼いだ。                                     ヨーロッパで規制枠を売買する会社を数社興し、フランスの会社が売る枠を必要と                  する取引相手に売り払っていくことを考えたが元手が必要だった。                        義父から意地悪され資金集めが出来ず、裏社会のボス・キャメルに200万ユーロを                  借金する。返済は3ケ月後に倍返しという条件をつけた。                           海外口座を開設し、偽の身分証を発行し、身なりは変装し、30社の会社を興した。               ビジネスは大成功したが短期間のうちに高級車を購入し乗り回したりしたことから                                キャメルから「俺の金で好き勝手をやっている」と言われ、金は期限に倍返しをしたが                 稼いだ金の半分をよこせと脅される。                                      警察の知り合いに金を渡しキャメルを逮捕してくれと要請するが、シモン兄弟のひとりが                    キャメルの手下を射殺したことからノアが拉致され、事態は思わぬ方向へと展開した。                 アントワヌたちが手にしたのは成功か代償か。                             アントワヌは囁く「ひとの価値を決めるのは3つ。権力・金・逆境を越える力」。                 「死に瀕したとき金は役に立たず、人生に疲れた者は死を恐れない」。                   ツタヤレンタルDVD


共通テーマ:映画

2019.2.27 (水)14年目のブログ

CIMG8202.JPG                       今日からブログをはじめて14年目のスタートになる                                他人の目や世間の噂などに振り回されるということは                                   人間の見抜き方が出来ていないと言うことになる                                 親が教えなければ自分で人間の見抜き方を学ばなければならないが、                             それすらしないと見誤ることになる。                                            そういう意味で読書は大切だと思っている。                            ・・・・・・・・・・                                                 2月も明日で終わる。気温も一時の厳しさはなくなった。                                 水曜日はゴミ出しからはじまる。次に朝食つくりとなる。                                      ピザトーストをつくった。                                      pizato.jpgkohi.JPG                                         朝ドラを観ながら食べることができた。                      manpuku.jpg                                                   新聞を読んでから散歩へ出た。                        CIMG8203.JPGCIMG8191.JPG  CIMG8194.JPGCIMG8196.JPG                       家に戻り、細君とお茶した。                   CIMG8205.JPG                               注文していた日本酒が宮城から届いた。              CIMG8207.JPGCIMG8208.JPG                    昼食は保存食で済ませ、ケーブルTVでサスペンスドラマを観ながら、ときどき転寝して、                  15時過ぎにお茶した。                              031.JPG                                                  本屋大賞候補の作家の本を読んで過ごした。                           anoko.jpg                                               18時半過ぎに晩酌して、夕食は麻婆ナスをおかずに食べた。          CIMG8210.JPG                                     ガッテンと相棒と家売る女を観て、風呂に入り、ブログの更新をして、ごきげんよう                  おやすみなさい。                                                 毎日大したこともせずに時は過ぎていく。                                  ブログも14年目に入ったが振り返ればあっと言う間だった。


共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2019.2.27 福寿草を見にいく」

CIMG8190.JPG                        散歩の楽しみは季節季節の風景が見られることです CIMG8188.JPG  CIMG8193.JPG CIMG8195.JPG CIMG8200.JPG CIMG8201.JPG  CIMG8185.JPG                              散歩の成果                                         CIMG8204.JPG


共通テーマ:趣味・カルチャー

読書を楽しむ「須賀ケイ わるもん」

CIMG8183.JPG                                     わるもんって父親のことだった                                         簑島家では娘の純子と鏡子と祐子にとっては父、母の涼子には夫。                                 しかし家族にとってはいつも、悪者。                                            父は自宅の納屋を改装して、そこに硝子品をつくる小さな工場を設けた。                           母は厠だといい、鏡子は準ゴミ屋敷、祐子は豚小屋、純子には秘密基地だった。                              高校生の祐子が煙草を隠れて吸ったのも工場だった。                                      煙草をぷかぷか吸う父の影響だった。                                           涼子が夫に文句を言ったらでかい屁をこいた。                                       簑島家には広い庭がある。                                                 父はそこで横になると母が跨ごうが、掃き掃除をしようが動じない。                               パンのカスを庭に投げ入れるものがいた。                                         父は、秋桜に引っかかった食べカスを拾い集めた。                                    涼子はそれを見て青筋を立てた。                                   玄関に見知らむ靴があっても泥棒ではなく、父が銭湯で誰かの者と履き違えて帰って                    きたためだった。父にとっては日常茶飯事だった。                            裁縫をしているとき、絵本を読んでいる時、マニキュアを塗っている時、トイレで用を           足しているとき急に電気が消えたら父の仕業だった。                          父には家族の姿が見えていない。                                   母と鏡子と祐子も父の姿が見えていない。                                      3人がいないのと同じようにふるまうから。                                   5人家族のうちで4人が女であれば男は悪者かも知れない。                       男というモノは、時としておかしな行動を取る。                             浜辺に流れ着いた漂流物を拾ってきて庭や工場にためていく。                      家族から見れば辞めてと思うが、世間から見れば浜辺の清掃活動に尽力した                ということになる。                                           女の中に男がひとりということは、居場所がなくて無駄なことや馬鹿なことを                 してしまうということを女は理解できない。


共通テーマ: