So-net無料ブログ作成

BSで映画を楽しむ「ハドソン川の奇跡」

006.JPG                                   航空機のエンジンが鳥の集団と遭遇し                                                左右のエンジンが停止                                               管制塔からの指示は近くの空港への着陸                                    しかし、パイロットは間に合わないと判断し                                      ハドソン川へ不時着水                                                   事故調査委員会は墜落と判断し                                                  乗客の命を危険にさらしたことで公聴会を開く                                     2009年1月15日、極寒のニューヨーク上空850mで155名を乗せた航空機を                                                突如襲った全エンジン停止事故。                                            160万人が住む大都会の真上で、制御不能の70トンの機体は高速で墜落していく。                                    近くの空港に着陸するよう管制塔から指示がある中、機長サリーはそれを不可と                                 判断し、ハドソン川へ不時着を決断。                                               事故発生からわずか208秒の事だった。                                                      航空史上誰も予想しえない絶望的な状況の中で、技術的に難易度の高い水面への                                                 不時着を見事に成功させ、”全員生存”の偉業を成し遂げる。                            その偉業は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、                                       サリーは一躍英雄として称賛される ーはずだった。                           ところが機長の”究極の決断”に思わぬ疑惑が掛けられてしまう。                          本当に不時着以外の選択肢はなかったのか?                                        それは乗客たちを命の危機に晒す無謀な判断ではなかったのか?                                       事故調査委員会による度重なる追及は、サリーを極限まで追い詰める・・・                      「救ったのに、なぜ?」 待ち受ける試練。                                             突然孤立した彼を支えてくれるのは、数少ない仲間と、心から 愛する家族                               だけだった・・・。                                                 (チラシより抜粋)                                                事故が起きるとコンピュータによる事故機の飛行シミュレーションが行われる。                         近くの空港に着陸できたという結果出る。                                           事故調査委員会はシュミレーション結果から機長を追い詰める。                                     機長は、はじめて経験する事故に遭遇した人間がコンピュータ通りの行動                           はできないと発言し、そこには35秒のタイミングあると主張する。                    コンピュータには人間的な感情がない、そこへ35秒のタイミングを加味すると                    どうなるのか? ひとがコンピュータを信じてはいけないという結果が出る。                    自分の身に災いが降りかかりコンピュータ診断され犯人にされたら疑わなければ                     ならない。                                             そういう意味の映画でもあった。                                   BSプレミアム


共通テーマ:映画

2018.12.31(月)カレンダーを楽しむ

CIMG7284.JPG                                               2018年が終わるので新しいカレンダーと交換した                                  細君はお気に入りのカレンダーを2つ購入した。               CIMG7285.JPGCIMG7289.JPG                                  わたしは白いカレンダーを購入した。                CIMG7288.JPG                                   細君は画を楽しむために、わたしはお楽しみを書き込むために。                           今年も無事に大晦日を迎えた。                                           無理をしないことが要因かもしれない。                                  ・・・・・・・・・・                                              いつもとおりに起きて朝食の準備をする。                                     明日から2日間は当番を免除される。おせち料理を食べなければならない。                           kohi.JPG001hhh.JPG009.JPG                            新聞を読んでからカレンダーの交換をした。                                      散歩へいつも通りに行った。                     CIMG7270.JPG         CIMG7268.JPG             CIMG7246.JPG                                 家に戻り、買い物へ出た。                           ono.jpg                                         昼食用に弁当を購入した。BSで映画を観ながら食べた。       CIMG7290.JPG hadosonn.jpg                            レンタルDVDも観た。                           CIMG7291.JPGmanma.jpg                       15時過ぎにお茶した。                               031.JPG024.JPG                             紅白がはじまるまで海外ドラマを観た。                           h5o5.jpg                                             晩酌して、夕食は簡単に食べて、年越しそばはにしんそばを食べた。                   TVは紅白歌合戦を観ながら過ごした。                         kouhaku.jpg DSC04497.JPG                             よいお年を。 


共通テーマ:日記・雑感

読書を楽しむ「エリザベス・ストラウト 何があってもおかしくない」

CIMG7259.JPG                               アメリカ中西部にある町アムギャッシュ                                          さびれたこの町を出た者もいれば                                          そこで暮らしている者もいる                                   トミーは酪農場をイリノイ州アムギャッシュから2マイルのところに持っていたが                            ある夜に畜舎から火が出て住んでいた家屋も焼け落ちた。一家は何もかも失った。                            土地を処分しアムギャッシュに家を見つけた。                                            彼は火事の夜、この世で大事なものは妻と子だと実感した。                                      それを火事で神が伝えようとしていたと思っていた。                                      トミーは公立校で用務員の職を得た。35歳だった。                                  時が流れ妻の82回目の誕生日がやってきた。                                    車を走らせながらバートン家のことを看板を見て思い出した。                                   バートン家はアムギャッシュの町では下層の人間と見られていた。                                   今も自宅にはピートという息子がひとりで住んでいる。                                  すぐ下の妹は三っ先の町にいる。                                             末っ子のルーシー・バートンはN.Y.に住みついて作家になった。                                    酪農場でバートン家の父親を臨時で雇っていたことも思い出した。                                  トミーはルーシーのことを一番よく覚えていた。                                         無口な子で、放課後も学校から帰りたがらないことが何年も続いて。                       中学生になったルーシーが教室でチョークをわざと折っているのを目撃し                一緒に折ったことがあった。                                       駐車場で保険屋のグリフに声をかけられた。この男はトミーには親身に                  なってくれる男だった。グリフにはドラッグに手を出している孫がいた。                       衣料品店ではマリリンに出会い妻用に花柄のスカーフを選び出してもらった。                             帰りに彼はバートン家のピートを訪問した。ピートから父親が火事のあった                           晩に搾乳機の電源を入れにいったという話を聞いた。                         (「標識」という短編から抜粋)                                                何気に世間のひとは世間のひとのことを知っていて、歳を重ねるとともに                 何があってもおかしくないと思うようになる。


共通テーマ:

散歩を楽しむ「2018.12.31 今年最後の散歩」

CIMG7267.JPG                                         公園近くの神社は初詣の準備が整っていました                                   今日も歩いてきました。                      CIMG7265.JPG        CIMG7273.JPG        CIMG7275.JPG       CIMG7279.JPG          CIMG7283.JPG        CIMG7272.JPG                                         散歩の成果                                       CIMG7287.JPG                                                 散歩のおかげかどうかわからないが1年を無病で過ごせた。


共通テーマ:趣味・カルチャー