So-net無料ブログ作成

BSで映画を楽しむ「東京家族」

tk.jpg                                       親を持つ、子を持つ、すべての人々へ                                 2012年の家族を描いた作品です。                                             瀬戸内海の小島に住む両親が東京で暮らす子供達を訪問。                                     長男は、開業医。息子の部屋を両親のために提供した。                                       次の日東京見物を計画したが急患が入りドライブを断念した。                                長女は、美容院を経営している。両親は狭い部屋に泊まった。                              また、町内会の集まりにその部屋を使用するため1泊した あとホテルに部屋を                             2泊3日で取ったが両親は1泊で戻ってきた。                                             両親が戻ってきた日にその部屋は集会に使われるため父親は 友人を訪ね友人宅                               に1泊すると家を出た。                                                  母親は、次男のアパートを訪ね1泊すると言って家を出た。                                           のんびり暮らしてきた両親と都会で生きる子供達の暮らしの リズムが違いすぎて                                 両親は戸惑いを隠せない。                                            つれない子供達。みんな忙しすぎる。                                               映画を観たら子供達の世話にはなれないと感じる。                                       そんな映画でした。 家族と言っても都会へ出てしまうと他人になってしまう。                           両親がのんびりする居場所はないということを知ることになる。                                 これが現代の家族かもしれない。                                           BSプレミアム


共通テーマ:映画