So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ケーブルTVで映画を楽しむ「亡国のイージス」

003.JPG                               イージスーそれはギリシャ神話に登場する無敵の楯                               海上自衛隊のイージス艦「いそかぜ」副艦長の宮津弘隆二等海佐は、                                   東京湾沖で訓練航海中に某国対日工作員のヨンファと共謀の上、                                 艦長を殺害し「いそかぜ」を乗っ取った。                                      彼らは乗組員を強制的に退艦させ、日本政府に宣言する。                                  「現在、本艦の全ミサイルの照準は東京・首都圏に設定されている。                                  その弾頭は通常にあらず」彼らの手にはわずか1リットルで東京を壊滅させる                             特殊兵器「グソー」があった。                                                防衛庁情報局の渥美大輔・内事本部長らが辞退解決に当るが、最新鋭の                                防空システムを持つ「いそかぜ」を前に、政府になす術はない。                                   そんな中、艦の構造をだれよりも知る先任伍長の仙石剛恒史は、「いそかぜ」                              を取り戻すべく、たった一人で艦へ引き返す。                                             謎めいた乗組員、如月行一等海士はテロリストの一味なのかそれとも・・・。                                温厚で部下の信頼も厚かった宮津副長が反乱を起こした理由とは?                                  政府が特殊爆弾による「いそかぜ」の爆撃を決めタイムリミットが迫る中、                                  仙石はヨンファたちと死闘を繰り広げながら意外な真相へとたどり着く・・・。                   (チラシより抜粋)                                          海上自衛隊の最新鋭護衛艦をめぐり、クーデターを企てる軍人とそれを阻止する                    男の攻防戦。危機管理の勉強になります。                                   日本映画専門チャンネル


共通テーマ:映画

2018.6.30(土)熱い、決勝トーナメントはじまる

CIMG4396.JPG                                         サッカーワールドカップも熱いが                                                                    我が家の外も暑い                                                       昨日は梅雨明けが宣言され、夜はサッカーもなくゆっくり眠れた。                                          6月も今日で終わり。                                                            ・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                    よく眠れた。                                                                      朝は6時に目が覚めたので「家族信託」と「生活困窮者」についてネットで調べた。                                        家族信託は夫婦の夫が認知症になったときに妻が勝手に自宅を売却できないので、                                   それを解消する為に設けられた制度。                                                    生活困窮者は年金だけで生活できない恐れのあるひとの例で調べた。                                               役所に窓口があり相談できサポートを受けられることを知った。                                              いずれも今後起きるかもしれないことに対する予備知識を得た。                                          8時半過ぎに家を出て、近所のカフェにモーニングを食べに行った。             005.JPG                 002.JPG                                                 ズッキーニを購入して帰宅した。                                008.JPG                                                 家に戻り、新聞を読んでから散歩へ行った。                                                     日本のポーランド戦の対応についての記事が多かった。                                                    チャンピオンを目指すなら神の手もあるんだから、日本が取った手段も                                                 問題ないと考える。                                     020.JPG                    021.JPG                       022.JPG                                                       家の戻り、休憩してから細君と買い物へ出た。                                                          発泡酒や桃を購入した。                                      025.JPG                       024.JPG                                                     昼食はそばを食べた。                                                 zaru.jpg                                                                   午後、細君はサスペンスドラマを観て過ごし、私は読書をした。                    「もしかして、私、ニセモノなんじゃない?」。ある日、六年間連れ添った妻は                こう告白し、ホンモノ捜しの奇妙な日々が始まる……。                        nisemono.jpg                                                                           1/3ほど読んで昼寝をした。                                                   hirune.jpg                                                                       夜、23時からの決勝トーナメント・フランス対アルゼンチン観戦のためだ。                                           晩酌はジンを飲んで、夕食はぶりをおかずに食べた。                             016.JPG buri.jpg                                                   細君はTVを観ながら過ごし、私は読書の続きを読み、早めの風呂に入り、                                           ポカリを飲んで、ブログの更新をして、サッカーWCの決勝トーナメントを観戦した。            明日の朝がまたつらい。


共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2018.6.30 梅雨明けの次の日」

CIMG4412.JPG                               空は青く、気温は上昇中                                            外を歩くには最悪のコンディション                                             暑い日が続くので暑さに慣れる練習をしているがだんだんつらい。CIMG4405.JPG                             もうすぐ七夕だ。                    CIMG4406.JPG CIMG4407.JPG CIMG4409.JPG CIMG4410.JPG                             散歩の成果                                 CIMG4418.JPG


共通テーマ:趣味・カルチャー

読書を楽しむ「湊かなえ リバース」

CIMG4395.JPG                                        自分こそが広沢の親友だと思っていたのに                                               なさけないほど広沢のことを知らなかった                                            その広沢は3年前の夏、車の転落事故で亡くなった                                   リバースとは「戻す」という意味があるらしい。                                            深瀬和久はニシダ事務機器に勤務する営業マン。                                            入社3年目で深瀬が先輩社員に期待されていることはコーヒーを                                 コーヒーメーカーで淹れることだった。                                                 深瀬はコーヒー豆を持参して淹れていた。                                              雨に降られ足を止めた路地に<クローバー・コーヒー>という                                       コーヒー豆専門店を見つけた。                                             店の奥に喫茶専用の部屋があった。                                           以後、深瀬はこの店に通うようになった。                                        越智美穂子をこの店で初めて見かけたのは4ケ月前だった。                                        仕事帰りに店を訪れてときに彼女は深瀬の定位置の場所に座っていた。                  これがきっかけでふたりは週に三度は店で一緒になった。                             彼女は<グリムパン>という店で働いていた。                                   付き合って3ケ月を経過した時に彼女が彼のアパートを訪れ彼女宛に                       来た封書を深瀬に見せた。                                      そこには「深瀬和久は人殺しだ」と書かれていた。                             深瀬は手紙の差出人はあいつではないかと考えたが、死者が手紙など                        書けるはずがないと思い、警察に話したことと同じことを美穂子に                          話そうと決めた。                                                        深瀬は人生初の親友・広沢の事故の話を打ち明けた。                                           深瀬は3年前の夏、大学のゼミ仲間と新潟県と長野県の境に位置する                           斑丘高原の友人の叔父の別荘に友人の車で行くことになった。                      メンバーは深瀬、村井、谷原、浅見、広沢の5人だったが村井が当日車の                 追突事故に遭い後から来ることになった。                                 別荘に着いてTVをつけたら台風が今夜関東に上陸と言っていた。                         バーベキューは無理そうなので台所にあったホットプレートで                       焼肉の準備をはじめた。缶ビールで乾杯した。                              焼肉パーティーがはじまり、外から雨音が聞こえ始めた。                            村井から電話があり、無人駅にいるのでと車の迎えを頼まれた。                               酒を飲んだので迎えは無理だと一度は断ったが広沢が量を飲んで                          いなかったので俺が行くといい出かけた。                                   1時間を経過した頃、村井から電話があり迎えがまだこないと言った。                  浅見と谷原はガレージにあったマウンテンバイクで広沢を探しにいった。                 浅見から電話があり自動車がガードレールを突き破って転落したような痕を                 見つけたと連絡があった。                                           美穂子は深瀬に言った。                                               「全員がお酒を飲んでいたこと、広沢は免許を取って日が浅かったこと、                        天気が悪く走りにくい道だったこと、そんなことを全員が知っていて広沢を                       送り出したことは無罪と言わない」。                                      深瀬は手紙のことを考えた。                                              いったい誰が何の目的でー。                                           美穂子に気のある奴が深瀬と美穂子を別れさせるために調べて、事故のことを                       知ったのでは。                                                      同様の手紙が、大学のゼミ仲間にも送りつけられていたことが発覚する。                     ”あの事件”を誰かが蒸し返そうとしているのか。                                    真相を探るべく、深瀬は動き出すがいざ調べ始めると広沢のことについて                       知らないことが多すぎた。                                             親友・広沢がどんな人生を送ってきたのか遡って知りたかった。                       新聞には毎日いろいろな事件が掲載されているが結果報告だけで終わっている。                                事件の裏には加害者と被害者がいて、被害者は事件を忘れることができないが                加害者はいつしか事件のことは忘れていく。                                   リバースはそんな被害者の心情を書いたような気がする。                             また、現代の希薄な人間関係にも警鐘を鳴らしたかったのかも知れない。 


共通テーマ:

地上波で映画を楽しむ「そして父になる」

021.JPG                           6年間育てた息子は 病院で取り違えられた 他人の子だった 020.JPG                                        大手建設会社に勤め、都心の高級マンションで妻と息子と暮らす野々宮良多。                             ある日、病院からの電話で、6歳になる息子が取り違えられた他人の子だと                                  判明する。                                                           妻のみどりは気づかなかった自分を責め、一方良多は、優しすぎる息子を                                   抱いて いた不満の意味を知る。                                                    良多は、相手の家族と戸惑いながらも交流を始めるが、群馬で小さな電気店を                                営む 斉木雄大とゆかり夫婦の粗野な言動が気に入らない。                                    過去の取り違え事件で100%血のつながりをとるというのが、息子に一心な愛情を                              注いできたみどりと、温かでにぎやかな家族を築いてきた斉木夫婦は、                                育てた子を 手放すことに苦しむ。                                                  早いほうがいいという良多の意見で、ついに”交換”が決まるが、そこから、                                 良多の 本当の”父”としての葛藤が始める---。                                        (チラシより抜粋)                                          選択値が考え方でたくさんあり生まれた時から選ばれて現在の環境に                                 なっている。                                            運命に任せるのか、こどもに選択権を与えるのか、法律に従うのか                          当事者同士で決めるしかない。                                        いずれにしてもこどもが成人するまではこどもの自由にさせてあげたい。                 フジTV


共通テーマ:映画

2018.6.29(金) 寝不足の日は静かに過ごす

005.JPG                                                   サッカーWCは決勝トーナメントに進出できたが                                                                 他力本願でイマイチすっきりしない                                                        勝ちにいって欲しい気持ちもあったが監督の采配を否定はできない。                              ・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                 1時過ぎに寝て、7時に起きる。                                                         2日も続いたので多少お疲れ気味。                                                     それでも朝食担当はサボれない。                                                       まずは朝食をつくる。                                               001.JPG033.JPG001hhh.JPG                                二人しかいないのでお互いに助け合わなければいけない。                                               ひとりがわがまま言ったらうまくいかなくなる。                                                     新聞を読んだ。                                                                   決勝トーナメントの相手はベルギーになった。                                                ベルギーに勝っても次はブラジルになりそうで前途多難。                                          エアコンを入れてリビングで横になる。気持ちよく眠れる。                            hirune.jpg                                                             午前中は途中で近所のカフェにパンを買いにいった以外は寝ていた。                      hirune2.jpg                                                                       昼食はパンを食べた。                                       panf.jpg002.JPG                                        午後は読書をして過ごした。                                                      riba-su.jpg                                                                     深瀬和久は事務機器会社の営業マン。                                                            雨宿りに立ち寄ったところが<クローバー・コーヒー>だった。                                       深瀬はそこで、越智美穂子と出会い付き合うようになる。                                             そんなある日、美穂子にある告発文が届く。                                                  そこには「深瀬和久は人殺しだ」と書かれていた・・・。                                               読み始めると先を読みたくなりストーリー展開でおもしろかった。                                               17時からBSでサッカーWCのセネガル対コロンビア戦を観た。                                              コロンビア様様である。                                        晩酌して、チャーハンを食べて、TVを観ながらごろごろ過ごす。           CIMG4290.JPG yakimesi.jpg                        風呂に入り、水を飲んで、ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。                 今日はサッカーの試合がないので普通に眠れる。


共通テーマ:日記・雑感

読書を楽しむ「村上春樹 パン屋を襲う」

004.JPG                                     二人ともまる二日水しか飲んでいない                                          一度だけ葉っぱを食べてみたが、また食べたい気になれなかった                            そんなわけで二人は包丁を持って                                        商店街のなかにあるパン屋にでかけた                                  ふたりは客のオバさんがクロワッサンを購入して店を出た後、                               腹が減っているとうちあけ、一文無しと告げた。                                店主は腹が減っているんならパンを食べればいいと勧めたが他人の                                   恵みを受けるわけにはいかないと答えた。                                店の主人が交換条件を出した。                                        ふたりは条件を受け入れた。                                            単なるよく意味のわからない変な話だがおかしい。                                    後日談の「再びパン屋を襲う」もまたおかしな面白さがあった。


共通テーマ:

地上波で映画を楽しむ「GOAL!」

                                            あきらめなければ、夢はきっとかなう
少年がリフティングをしているシーンから始まります
少年の家族がメキシコからアメリカへ密入国します。
10年後、この少年はアマチュアチームのフォワードで活躍します。
しかし家は貧しく親父の庭仕事を昼間は手伝い、夜は中華料理屋の雑用係を                                     やっていてお金を貯めていました。                                                              少年は、サンティアゴという名でした。                                                              ある日元イギリスのサッカーのスカウトがサンティアゴの試合を見て、                                               クラブチームの代理人に試合を観戦するように依頼をします。
しかし代理人はきませんでした。
このイギリス人はイギリスの名門チームの監督にアメリカから深夜電話をして                                           サンティアゴにテストを受けさせて欲しいと依頼します。
そして彼はイギリスに帰って行きます。                                                                   サンティアゴは、この言葉を信じて一生懸命に働いてお金を貯めますが、                                              親父さんは認めません。
そして親父はサンティアゴのお金の一部をトラックの購入費に使ってしまいます。
サンティアゴは落ち込みますが、おばあちゃんが夢を叶えてあげるといって                                                イギリスまでのチケットを用意します。                                                                    イギリスに渡り、サンティアゴは元スカウトの家に泊まり、テストを受けますが                                           身体が動かずテスト練習では実力を発揮できませんでした。
しかし元スカウトが監督に直談判して1ケ月間練習生としてチームに残ることが                                            できました。このあと看護師の彼女ができたり、持病の喘息で選手としての仕事が                                          試合でできなかったり、親父さんが酒場で息子の試合を密かに見てくれたり、                                            親父さんが心臓発作で亡くなったりいろいろな試練を経験します。                                                   
サッカーボーイに夢を与える映画です。
競技場でサッカーを観戦しているような雰囲気が漂い、たいへん楽しかったです。                              tvk



共通テーマ:映画

2018.6.28(木) 一喜一憂しても勝利を我らに!

002.JPG                                                      昨夜ドイツが韓国に負けた                                                                   1次リーグ敗退                                                                    ありえないことが起きる                                                              それがサッカー                                                                       勝利を日本に!                                                    ・・・・・・・・・・・・・・・                                                                   昨夜のドイツは悲惨だった。                                                           スウェーデンがメキシコ戦で得点しドイツは韓国に勝つしかなかったが                                         ことごとくゴールポストに嫌われ、焦りもあり、2点献上した。                                            昨夜もブログを更新した後、サッカーを観てしまった。                                              どのチームも勝たなければ決勝トーナメントにいけないことから凄い                                            プレッシャーを感じながら戦っている。                                                         今朝も眠い。                                                                    朝食をつくり細君と食べた。                                                             TVをつけたら渋谷は雨が降っていた。                                            003.JPG001hhh.JPG033.JPG                                朝食中にこちらも一雨来た。                                                           夜サッカー観戦があるので今日は散歩は中止。                                                                                     のんびりすることにした。                                                                             細君とニュースを観ながら過ごす。                                                         10時過ぎにふたりで買い物へ出た。                                   supa.png                                                         夕食は冷やし中華にしたので、その食材を購入した。                                            家に戻り、またニュースを観ながら昼まで過ごした。                                               タイの洞窟で少年が10人以上行方不明になっていた。                                               昼食はそうめんを食べた。しょうがとミョウガが薬味でうまい。                                          ibo.png                                                         細君は食後に予約していた美容院へ出かけた。                                                    私は読書をした。                                                                         空腹に耐えかねた「僕」と相棒が、包丁を忍ばせ商店街へと向かう「パン屋襲撃」。                                                004.JPG                                                                 読書の後、サッカーのために昼寝をした。                                        hirune.jpg                                                               細君はいつの間にか戻ってきた。                                                             紅茶味のチョコパイでお茶した。                                               031.JPG                                                               16時過ぎからサッカーWCのメキシコ対スウェーデンの試合を録画観戦。                   g6.jpg                                                                    晩酌して、冷やし中華を食べて、読書をして、先に風呂に入り、ポカリを飲んで、                                           ブログの更新をして、23時からサッカーWC日本対ポーランド戦を観戦の                                                      スタンバイを整える。                                 003.JPG                                                          西野ジャパンを信じるしかない。                                                          負けられない日本と、連敗のまま終われないポーランド。                                                          決勝トーナメントの相手と想定し戦うしかない。                                                          お楽しみはまだ続く。                                                         


共通テーマ:日記・雑感

読書を楽しむ「稲葉真弓 砂の肖像」

CIMG4391.JPG                                   雑誌の「掲示板」に私が掲載したのは                                                            「石や砂を集めています。あなたのお持ちのものを                                   わけてください」だった                                                             三週間後、マレーシアにあるリゾートの島の                                    ビーチの砂が送られてきた                                                                        こうして私は、M氏と知り合った                                                               M氏の住所は山梨県内の富士山の麓の町だった。                                                           手紙には「老境」と書かれてあるだけで年齢も不明だった。                                                     私は勝手に裕福な老人なのだろうと思った。                                                               一週間後、またM氏からインドネシアと南米ガラパゴス諸島の島の                                      砂が送られてきた。                                                                            M氏へお礼の手紙を書くのが私の楽しみになった。                                                         手紙には他愛のない日常の報告も書いた。                                                              M氏に猫の本を送ったら猫のことが話題になり、猫のグッズが送られてきた。                                             M氏は、ほろびゆく老人で自分の思い出を引き受けてくれるひとと時間を                                           過ごそうとしていた。                                                                  歳を取るとこういう関係を築こうと考えるひともいるかも知れない。


共通テーマ: