So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ケーブルTVで映画を楽しむ「ある天文学者の恋文」

kamiza.jpg                          天文学者のエド教授と教え子のエイミーはホテルで密会していた                       ふたりはiphoneで連絡を取り合った                               ふたりの関係は6年間続いていた                                     教授はエイミーを”カミカゼ”と呼び                                  エイミーは教授を”魔法使いさん”と呼んでいた                                      エイミーが講義に出た時、教授の訃報を聞いた                              著名な天文学者エドと彼の教え子エイミーは、皆には秘密の恋を謳歌していた。                                       しかし、そんなエイミーの元に突然届いたエドの訃報。                                                      現実を受け入れられないエイミーだが、彼女の元にはその後もエドからの優しさと                                  ユーモアにあふれた手紙やメールや贈り物が届き続ける。                                                       エドの遺した謎を解き明かそうと、エイミーは彼が暮らしていたエディンバラや、                                       かつて二人で時間を過ごしたイタリア湖水地方のサン・ジュリオ島などを辿りはじめ、                                     そこで彼女が誰にも言えずに封印していた過去を、                                          エドが密かに調べていたことを知るが―。                                       (公式サイト ストーリーより抜粋)                                          教授からエイミー宛に手紙や贈り物が届いた。                                               ある日、エイミー宛に小包が届き、絵葉書と無くしたキーが入っていた。                                                                    2015年1/18エドから花束とCDがエイミーに届いた。                                      エドは2015年1/15に死去していた。                                                                  2015年1/20付けで手紙が届き、エディンバラの弁護士事務所へ行った。                                          事務所で受け取った書類の中にCDが入っていた。                                                         CDには僕たちの関係は変わらないし、魔法使いは見捨てないと                                                      メッセージを残していた。                                                         エイミーがホテルへいけばメイドがエドからの贈り物を渡し、                                              大学の試験がうまくいったときは郵便が届きプレゼントと島の別荘のキーが入っていた。                                               別荘へ行くと部屋に小包があった。エイミーがいく先々で教授が                                         あらかじめ手紙やメールや贈り物を日付指定で用意していた。                                                     なんとも素晴らしい恋文で彼女の大学卒業のプレゼントは別荘だった。                                          そして、教授は僕の過ちはもっと早く君に出会わなかったことだと言い、                                     別れの言葉は「愛している」だった。

ひとが永遠に生きようとすると映画のような方法も                                       あるのかも知れないが素晴らしい方法だと思った。                                    シネフィルWOWOW                                      


共通テーマ:映画

2018.5.9(水)早い母の日プレゼント

CIMG3576.JPG                               兄弟が都合の良い日が今日でした                                     みんなで集まって母の日のプレゼントをしました haha.jpg                                母の日が近づいていますが日曜日に兄弟全員の都合がつかず、本日母の日                                         プレゼントと実家の墓参りと兄弟の懇親会をやりました。                                        全員が元気な時には年に何回か集まり母を囲んでおしゃべりし、                                 兄弟で懇親したりしています。                                           兄弟がまとまっているということが大事です。                               ・・・・・・・・・・・・・                                        朝は6時起きで6時半には雨の中ゴミ出しをして朝食をつくり7時過ぎ                                      には細君と食べて、8時半には家を出て実家へ電車で向かいました。                                 朝からあいにくの雨でかなり寒く多少厚着をして出かけました。CIMG3571.JPG                                       JRから私鉄に乗り変えて霊園へ向かいました。                                     私鉄の電車も派手になっていました。          CIMG3573.JPG CIMG3574.JPG CIMG3575.JPG                                      最寄りの駅には兄弟が車で迎えに来ていて、そのまま霊園へ向い、                                      墓参りをして、食事処で昼食を食べながら懇談をした。             yumean.jpg                                     近況をお互いに話したりして食事を楽しんだ。                              この後、花屋へ寄って母の日用に依頼していた花を受け取り介護施設を                   訪問し母の日プレゼントをした。上に着るものもプレゼントをした。                   多少早いが喜んでくれた。                                      1時間くらいおしゃべりした後、実家でお茶した。                              夕方までおしゃべりして次はお袋の誕生日に来ると言って駅まで送って                  もらった。                                               いつもは駅のホームから富士山が見えるが今日は雲に隠れていた。CIMG3580.JPG CIMG3581.JPG CIMG3582.JPG                             私鉄からJRへの乗換駅に着いたらJRで人身事故があり、                             寒さの中30分待たされ特急電車に乗車した。                                             JRを降りた駅で19時半を過ぎていたので紹興酒で身体を温めレバニラで                    スタミナをつけて、タンメンを食べた。                   itupinn.jpg                                    食後は、バナナがなかったので買い物して帰宅した。                            家の近所のアジサイが咲いていた。                 CIMG3583.JPG                                           家に戻りお茶して、ニュースを観て過ごし、風呂に入り、白湯を飲んで、                      ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。


共通テーマ:日記・雑感