So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

レンタルDVDで映画を楽しむ「TheMummy ザ・マミー」

CIMG0960.JPG                            5000年の時を経て復活した悪しき王女アマネット                                 古代エジプト。強く美しい王女アマネットは次期女王の座が約束されていた。                               しかし、ファラオ王に息子が生まれ、その約束が裏切られ、絶望した彼女は                               力を手に入れるために”死者の書”に記された魔術を使い、死の神”セト”と                              契約を交わす。                                                        邪悪な存在として生まれ変わったが、セト神と甦らせる儀式の途中に                                  捕らえられる。                                                         そしてアマネットは生きながらミイラにされる極刑を受けて棺に封印され、                              都から遠く離れた中東の地で地下深くに埋められた。CIMG0959.JPG                                 灼熱の太陽が降り注ぐ現代の中東。                                                 米軍関係者のニックと考古学者のジェニーは謎の地下空洞に隠された                                巨大な棺を発見。                                                      調査のため棺をイギリスに輸送するが、想定外の事態により飛行機は                                   ロンドン郊外へ墜落。                                                        即死であったはずのニックはなぜか無傷のまま遺体安置所で目を覚まし、                                     脳裏に浮かぶ美しい女性の言葉に導かれるように、棺の行方を捜す。                                   その棺に眠っていたのは、5000年前にファラオから裏切られ、復讐の                               ために邪悪なモンスターと化すが、封印された古代エジプト王女アマネット                        であった。                                             そして彼女はついに永い眠りから目覚めようとしていたー。                      (チラシより抜粋)                                        ザ・マミーとはミイラの意。                                                        石棺から解き放たれ、甦ったアマネットは、死の神セトに捧げる器に                                     なるべき人間としてニックを選ぶ。                                               ニックは、導かれるようにたどり着いた修道院で、アマネットと対峙。                       そして謎の集団に捕らえられてしまい・・・。CIMG0958.JPG                    おもしろかったかといえばおもしろかった。                                    ツタヤレンタルDVD


共通テーマ:映画

2017.12.18 鎌倉長谷寺の歳の市へ

daruma.jpg                                               毎年12月18日は歳の市の日です                                                 縁起物のだるまを買いに行きました                                             長谷寺では御足参りも行なわれていました            002.JPG                                                                 だるまは縁起物で家内安全の神様でもあります。                                            毎年購入して家の中に飾っています。                                                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                               雨戸を開けると遠くに見える山々は薄っすらと雪化粧されていました。                                           今年最後の新聞紙等のゴミ出しの日でもありいつも通りに起きました。                                      朝食をつくり細君と食べました。                                          kohi.JPG001hhh.JPG                                         新聞を読んでから細君が洗濯が終わるのを待って一緒に長谷寺へ出かけた。                               江ノ電に乗車して長谷へ。車窓から海を眺めた。                     001.JPG                                                  最初に長谷観音へお参りです。                                  028.JPG003.JPG                                              展望台で休憩。甘酒を飲んだ。                             005.JPG008.JPG                                花がいろいろ咲いていた。                                                               ボケ、子福桜、ロウバイ、ミツマタ、千両、つつじ?。                     010.JPG011.JPG 015.JPG016.JPG 017.JPG021.JPG                         だるまを買いに。                                        024.JPG030.JPG                                 いつものだるま屋で2個購入。500円おまけしてもらいました。                036.JPG                                                昼食は、お寺の近くでビールを飲んでからランチを戴きました。             031.JPG                 038.JPG037.JPG                                                                  江ノ電に乗ってお帰りです。                              032.JPG035.JPG                                   買い物をして帰宅したら15時を過ぎていました。                                                   肉まんでお茶して昼寝です。19時から晩酌して、夕食は親子丼を食べました。                             ケーブルTVで映画を観て過ごしました。                misosiru.jpg                                       21時からニュースを観て、風呂に入り、白湯を飲んで、ブログの更新をして、                ごきげんようおやすみなさい。


共通テーマ:日記・雑感

読書を楽しむ「長嶋 有 問いのない答え」

003.JPG                                    地震のあった三日後、ネムオは仲間と「それはなんでしょう」という                                言葉遊びを始めた                                                                          よく分からない質問に、無理矢理回答する遊びだった                               加藤は「起きた/なんでちゃんと起きるんだろう」とつぶやいた                                 

加藤の問いに答えた者はただの一人もいなかった。

加藤はその五日後の朝、2トントラックで東京に向かい、秋葉原の歩行者天国で                            七人を殺害し十人に怪我を負わせた。                                                              加藤が犯行直前の数日間にネットの掲示板に行った書き込みがあった。                                 加藤は静岡県裾野市の自動車工場で働き、牛丼屋とコンビニと会社の                                借り上げたアパートと工場だけを行き来していた。                                           加藤は1日に1人で100-300近い書き込みをしていた。                                             多数の人が一つの問いを抱いた「どうして?」と。                                               女性がつぶやいた。                                                              「加藤は世間に何かを問うたのではなく、とにかくいきなり、                                                  なにも問われていないのに答えたんだ」と。                                                遊びに答えはない気がする。もともと遊びだから。


共通テーマ: