So-net無料ブログ作成

地上波で映画を楽しむ「千と千尋の神隠し」

sentihi.jpg

10歳の少女の冒険物語

不思議な町に迷い混んだ家族

豚になった両親両親を人間に戻し

不思議な町から戻ろうとする少女

ンネルのむこうは不思議の町だった。ありえない場所があった。ありえないことが起こった。10歳の少女千尋が迷い込んだのは人間の入っていけない世界。驚きと不思議の町で千尋が知るのは大きな無力感と・・・小さな希望。働かせてください。眠っていた千尋の”生きる力”がしだいに呼び醒まされてゆく。(チラシより抜粋)

千尋は両親と郊外へ引越の途中で休憩し、トンネルを抜けたら無人の町に迷い込んだ。両親は無人の飲食店で食べ物を勝手に食べて豚にされてしまった。千尋は迷い混んだ町で少年ハクに助けられ、元来た道へ戻ったが道は水の中に沈んいた。ハクの指示で湯屋「油屋」で働く、釜爺を訪ね「働かせてください」とお願いする。油屋は魔女の湯婆婆が支配していた。ハクも湯婆婆に使われていた。千尋は湯婆婆に名を「千」と変えられるが働くことができるようになった。湯屋を訪れる客は神さまやお化けで疲れと傷を癒しにやってきていた。千の最初の客はオクサレ様で二番目はカオナシだった。大人が観ても楽しめる内容で登場人物も奇想天外で宮崎アニメにバンザイです。日本TV


共通テーマ:映画