So-net無料ブログ作成

読書を楽しむ「ダン・ブラウン オリジン 上」

CIMG0627.JPG

オリジン=起源 人類の起源の謎に対する 宗教VS科学

コンピューター科学者で未来学者のエドモンド・カーシュは人類の起源の謎を科学を用いて発表しようと考えていた。彼は事前に3人の宗教指導者にその内容を話した。ハーヴァード大の宗教象徴教授のロバート・ラングドンは元教え子のエドモンド・カーシュから招待状を受け取り、マドリードのグッゲンハイム美術館を訪問した。受付でAI搭載のヘッドセットを受け取り、それは会話ができる代物だった。AIは自らをウィンストンと名乗った。ラングドンはカーシュからカトリック教会の司教が危険な人物であるかどかの質問を受けたが彼が知り得る限り聖職者であって暗殺者ではないと答えた。カーシュが発表するプレゼンテーションは宗教への対決姿勢をとっていた。人類の起源と人類の運命こそが人類が答えを求めてきた謎だと言い、カーシュはその両方の問いに対する答えを発見した。カーシュが壇上に登場した瞬間、炸裂音が響き渡り、彼の額が後ろへのけぞり絶命した。会場は騒然となり、ラングドンは美術館の館長でありスペイン国王の息子フリアン王子の婚約者アンブラとAIのウィンストンともにカーシュの自宅があるバルセロナへ向かった。事件は大きく報道されネット上でも情報が飛び交った。招待客の中に不審な人物がいた。その人物はスペイン王宮から依頼された人物だった。3人の宗教指導者と事前に会合したことやそのうちの2人が死亡したことなども伝えられた。カーシュの自宅にはゴーギャンの「われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか」が飾られていた。カーシュの新発見を世界に公表するためには、文字数が47文字の詩を探してパスワードとしてスマホに入力することが必要だった。カーシュを暗殺した首謀者は誰か?パスワードは見つかるのか?カーシュの新発見とは?

予約して1年掛りで借りることができた本作は2日で読み終わり下巻へつづくこととなった。続きは図書館に予約を入れてあるが1年後でないと読めそうにない。上巻は思った通りの一気読みできるおもしろさだった。


共通テーマ: