So-net無料ブログ作成

地上波で映画を楽しむ「セルラー」

seru.jpg                                           ある日突然、携帯電話に見知らぬ人からSOSがー                                          あなたなら、どうする?                                    区画ごとにエリアを分割し、そこに基地局を配置して無線通信を行う方式の                                  ことをセルラーという。                                                いつもの朝、学校へ行く息子を見送るジェシカ・マーティン。                                      高校の生物教師をしている彼女の平穏な朝。                                         ジェシカの家のガラス戸を破って、5人の男が乱入、メイドを撃ち殺し、ジェシカを                               連れ去る。                                                             見知らぬ家の屋根裏に閉じ込められたジェシカは、叩き壊された電話機の線を必死で                              つなごうとする。                                                         着信先は、軽いノリの今どきの若者、ライアンの携帯電話。                                         悪戯だと笑う彼に、携帯を警官に渡して欲しいと懇願するジェシカ。                                      ライアンは警察へ。                                                          巡査部長ムーニーの指示で4階の強盗殺人課へ。                                 その時、電話口から息子を誘拐すると脅す男の声が!事件は本当だった!                     しかし、4階には電波が届かない。                                                   ライアンは息子の誘拐を阻止するために学校へ。                                                 しかし、一足遅く、息子は男が運転する母親の車に乗ってしまう。                                            男たちはジェシカの夫を探していた。夫は危険を察知していた。                                          自宅の宇番電話に待ち合わせ場所を教えるメッセージを残していたのだ。                  しかし、それを聞いたのは一味の女だった。                                              夫の待つ空港へ先回りするライアン。男たちを罠にはめようとして失敗。                    なんと奴らは刑事だったのだ!夫はあっさり捕まってしまう。                              ”例の物”は銀行の貸金庫に預けたと白状する夫。                            ライアンも銀行へ駆けつけ、体当たりで”例の物”が入ったバッグを奪って逃げる。                      (チラシより抜粋)                                                            いつもの朝、事件は始まり、誘拐され監禁され、夫や息子にも魔の手が伸び、               犯人の目的は分からずじまい。                                       そして、誘拐された女性が、偶然繋がった携帯電話の青年に助けを求めた。                      ハラハラドキドキ結果は映画を観てのお楽しみ。例の物が問題です。                                 TV東京


共通テーマ:映画