So-net無料ブログ作成

ケーブルTVで映画を楽しむ「婚約者の友人」

konyaku.jpg                                         1919年、戦後のドイツ                                             愛する人の墓の前で泣いていた見知らぬ男                                           彼の正体が明かされたとき                                                 新たな謎の扉が開く                                                   戦争の傷跡に苦しむドイツ。                                                    婚約者のフランツをフランスの戦いで亡くしたアンナも、哀しみの日々を送っていた。                             ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。                               戦前にパリでフランツと知り合いだったと語る男の名はアドリアン。                                   アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。                                     だが、アンナがアドリアンに”婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、                                       アドリアンが自らの”正体”を告白する。                                                   しかしそれは次々と現れる謎の幕開けに過ぎなかったー。                                             (チラシより抜粋)                                               見知らぬ男が訪ねるとはどういうことなのか?                                訳アリであることに違いないが理由が分からない。                                  男は何を告白したのか?                                        最後まで観ないと謎は解けない。                                        シネフィルWOWOW


共通テーマ:映画