So-net無料ブログ作成

読書を楽しむ「須賀ケイ わるもん」

CIMG8183.JPG                                     わるもんって父親のことだった                                         簑島家では娘の純子と鏡子と祐子にとっては父、母の涼子には夫。                                 しかし家族にとってはいつも、悪者。                                            父は自宅の納屋を改装して、そこに硝子品をつくる小さな工場を設けた。                           母は厠だといい、鏡子は準ゴミ屋敷、祐子は豚小屋、純子には秘密基地だった。                              高校生の祐子が煙草を隠れて吸ったのも工場だった。                                      煙草をぷかぷか吸う父の影響だった。                                           涼子が夫に文句を言ったらでかい屁をこいた。                                       簑島家には広い庭がある。                                                 父はそこで横になると母が跨ごうが、掃き掃除をしようが動じない。                               パンのカスを庭に投げ入れるものがいた。                                         父は、秋桜に引っかかった食べカスを拾い集めた。                                    涼子はそれを見て青筋を立てた。                                   玄関に見知らむ靴があっても泥棒ではなく、父が銭湯で誰かの者と履き違えて帰って                    きたためだった。父にとっては日常茶飯事だった。                            裁縫をしているとき、絵本を読んでいる時、マニキュアを塗っている時、トイレで用を           足しているとき急に電気が消えたら父の仕業だった。                          父には家族の姿が見えていない。                                   母と鏡子と祐子も父の姿が見えていない。                                      3人がいないのと同じようにふるまうから。                                   5人家族のうちで4人が女であれば男は悪者かも知れない。                       男というモノは、時としておかしな行動を取る。                             浜辺に流れ着いた漂流物を拾ってきて庭や工場にためていく。                      家族から見れば辞めてと思うが、世間から見れば浜辺の清掃活動に尽力した                ということになる。                                           女の中に男がひとりということは、居場所がなくて無駄なことや馬鹿なことを                 してしまうということを女は理解できない。


共通テーマ: