So-net無料ブログ作成

ケーブルTVで映画を楽しむ「プリデスティネーション」

unmei.jpg                                   1970年。                                                ニューヨークの酒場に現れた青年ジョンがバーテンダーに奇妙な身の上を語り始める。                           女の子ジェーンとして生まれ、孤児院で育ったジョンは18歳の時に恋に落ちた流れ者                               との子を妊娠する。                                                         その男はある日忽然と姿を消し、赤ん坊も何者かに誘拐されていた。                                       そして出産時の危機から命を救うため自分は男になったと話すー。                                   青年の哀れな境遇に同情したバーテンダーは、自らの驚くべき素性を明かす。                                   なんと彼は未来からやってきた時空警察のエージェントだったのだー。                                    (チラシより抜粋)                                               エージェントのバーテンダーはジョンに自分の人生を狂わせた者への復讐のチャンスを                       与えるため1963年にタイムスリップし、さらにジョンをエージェントにスカウトする。               エージェントの引退を決意しているバーテンダーの真の目的は連続爆弾魔の犯行を阻止                すること。                                                    バーテンダーは爆弾魔を発見できるのか?                                           彼は何故ジョンをリクルートしたのか?                                そして、背後に隠された衝撃的な”宿命(プリデスティネーション)とはー。                過去の自分、未来の自分を見ることができると、                            そこには「自分の尾を永遠に食い続けるヘビがいた」。                                時空を超えて連続爆弾魔を追う主人公の運命はなんとも哀れ。                     ムービープラス


共通テーマ:映画