So-net無料ブログ作成

BSで映画を楽しむ「ハドソン川の奇跡」

006.JPG                                   航空機のエンジンが鳥の集団と遭遇し                                                左右のエンジンが停止                                               管制塔からの指示は近くの空港への着陸                                    しかし、パイロットは間に合わないと判断し                                      ハドソン川へ不時着水                                                   事故調査委員会は墜落と判断し                                                  乗客の命を危険にさらしたことで公聴会を開く                                     2009年1月15日、極寒のニューヨーク上空850mで155名を乗せた航空機を                                                突如襲った全エンジン停止事故。                                            160万人が住む大都会の真上で、制御不能の70トンの機体は高速で墜落していく。                                    近くの空港に着陸するよう管制塔から指示がある中、機長サリーはそれを不可と                                 判断し、ハドソン川へ不時着を決断。                                               事故発生からわずか208秒の事だった。                                                      航空史上誰も予想しえない絶望的な状況の中で、技術的に難易度の高い水面への                                                 不時着を見事に成功させ、”全員生存”の偉業を成し遂げる。                            その偉業は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、                                       サリーは一躍英雄として称賛される ーはずだった。                           ところが機長の”究極の決断”に思わぬ疑惑が掛けられてしまう。                          本当に不時着以外の選択肢はなかったのか?                                        それは乗客たちを命の危機に晒す無謀な判断ではなかったのか?                                       事故調査委員会による度重なる追及は、サリーを極限まで追い詰める・・・                      「救ったのに、なぜ?」 待ち受ける試練。                                             突然孤立した彼を支えてくれるのは、数少ない仲間と、心から 愛する家族                               だけだった・・・。                                                 (チラシより抜粋)                                                事故が起きるとコンピュータによる事故機の飛行シミュレーションが行われる。                         近くの空港に着陸できたという結果出る。                                           事故調査委員会はシュミレーション結果から機長を追い詰める。                                     機長は、はじめて経験する事故に遭遇した人間がコンピュータ通りの行動                           はできないと発言し、そこには35秒のタイミングあると主張する。                    コンピュータには人間的な感情がない、そこへ35秒のタイミングを加味すると                    どうなるのか? ひとがコンピュータを信じてはいけないという結果が出る。                    自分の身に災いが降りかかりコンピュータ診断され犯人にされたら疑わなければ                     ならない。                                             そういう意味の映画でもあった。                                   BSプレミアム


共通テーマ:映画