So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

地上波で映画を楽しむ「22年目の告白 ―私が殺人犯です―」

027.JPG                           1995年、残忍な手口で5人の命を奪い                                            世の中を震撼させた連続殺人事件                                          未解決のまま事件は時効を迎え                                       完璧に逃げ切ったはずの犯人は                                               22年後、突然現れた                                                                未解決事件の犯人を捕らえるためには                                 誰かが「私が殺人犯です」と名乗り出て                          事件の告白本を発表し                                    真犯人を嵌めるしかない                                     かって5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。                                  その犯人が、事件から22年後、突然みずから名乗り出た。                                     会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曽根崎雅人と                              いう男だった。                                                顔をさらし、肉声で殺人を告白する曽根崎の登場にネットは熱狂!                                     賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。                                  それだけでは終わらない。                                              マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで。                              そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。                                それは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった・・・。                             (チラシより抜粋)                                                   父親を殺された娘、妻を殺された医師、最愛の女を殺された暴力団組長、                                  犯人を追い詰めて殺された刑事の上司、事件後、行方不明になった刑事の妹。                            やがて殺人犯・曽根崎はTVの人気報道番組に出演することになった。                                        そこには真相を追求するジャーナリストでメインキャスターの仙堂がいた。                              仙堂は、曽根崎と刑事の牧村と真犯人を名乗る男を出演させた。                        未解決事件をどう解決すべきかと考えたときのひとつの手段として、                                     こんな方法もあるよというストーリーでした。                                             日本TV


共通テーマ:映画