So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

信じる者は外れる「18フェブラリーステークス」

 fs.jpg                                            

★結果     馬単:12-14-6(枠連:6-7-3)馬人気:4-1-6

★結論     馬単:2-16  4-16  14-16

■ 2/17の考察                                                                  ①土曜日10R枠連出目からのヒント(偶数年)

2012年10R枠連:3-8でフェブラリー:8-2/ 

2014年10R枠連:7-5でフェブラリー:7-8/

2016年10R枠連:5-7でフェブラリー:7-4/                                                  2018年10R枠連:1-8                                                            ②日曜日9Rからのヒント

2014年9R7枠マドリードカフェフェブラリー)

2015年9R2枠プレシャ(砂)スリージュ

2016年9R7枠スマートシャ(砂)レード

2017年9R5枠ルベアバブーン(フェラリー)

2018年9R1枠フェルヴール(フェブラリー)

■ 2/16の考察                                                                  ①土曜日のダート1600mからのヒント                                                 レース名や砂(シャ・ジャ)や月を含む馬名や騎手                                                  2014年10R8枠ニシノデンジャ(砂)ラス→フェブラリーS:7-8                                              2015年12R7枠カフェ(フェ)ラビリンス→フェブラリーS:2-7                                                  2016年3R4枠トモジャ(砂)カストル→フェブラリーS:7-4                                                    2017年3R2枠と5枠に月を含む騎手:田中勝春・勝浦正樹→フェブラリーS:2-5                                      2018年10R2枠イーグルフェ(フェ)ザー/7枠タイセイプレシャ(砂)ス

■ 2/15の考察                                                                  ①3走前のレースで1番人気だった馬が2014年から2017年まで優勝している                                                 2018年:該当馬:サンライズノヴァ/ニシケンモノノフ                                           ②GⅠヘッドライン「豪快に蹴散らせ、逞しき猛者が砂に魂を刻む

2008年「揺るがぬ決意で挑め、速さという夢を一瞬に刻む。」高松宮記念2-5/

2014年」憧憬の菊冠に専心、若き実力者の覇道にその名を刻む。」菊花賞1-2

■ 2/14の考察                                                                  ①冬季オリンピックのときの馬人気は・・・・・・・・・・                                                  2002年:1番人気ー4番人気/2006年1番人気ー2番人気/                                              2010年1番人気ー5番人気/2014年16番人気ー2番人気で決着

■ 2/13の考察                                                                  ①GⅠヘッドラインより

2010年「砂の王位に君臨し、世界へ扉を今開く」・・枠連:2-2
世界=外国=2枠外国産馬 開く=明ける=2枠調教師:村山明
2011年「砂の王道に刻む豪脚、強靭な魂が時代を切り拓く」・・枠連:6-7
時代=時橙=橙=7枠
2012年「信念を砂にむ勇者、激闘の頂点は世界への道標だ」・・枠連:8-2
頂点=8枠 =黒=2枠
2013年「強者は豪快であれ、誇り高き砂の王者が降臨する」枠連:1-3
=申=干支の9番目で1枠 強者=香車=将棋の両脇=1枠8枠
2014年「過酷な砂の王道その頂点、不屈の闘志が驚異を生む」・・枠連7-8
驚異=驚=馬=干支7番目  頂点=8枠
2015年「者の軌跡は世界への自信、砂の偉才が歴史を変える」・・枠連2-7
=月を含む=2枠の調教師:村山 明 7枠の調教師:羽月友彦
2016年「熱き魂に捧げる二月伝説、時代を創る砂の王が降臨する」・・枠連7-4
時代=時橙=橙=7枠
2017年「砂に刻め、譲れぬ頂点へ渾身なる想い」
=コク=黒=2枠
渾身=渾辰=渾申=こんしん=辰=5枠・・枠連2-5


                                                                                                        


共通テーマ:競馬