So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

地上波で映画を楽しむ 「ハッピー・フライト」

 CIMG2082.JPGCIMG2081.JPG                       ドキドキわくわくがいっぱい詰まったハッピー・ヒコーキ・ムービー                         飛行機の裏側では多くの人々が働き、毎日、面白くて大変なことが                              起きている                                                      舞台は、空港と飛行機。                                                   でも、映画で出てくる話は、乗客を不安にさせるような内容で                                      結果 よければ終わり良しというようなことで終了している。                                 本当に 大丈夫と思ってします。                                                副操縦士が機長になるための昇格訓練を受けているが、言動も 性格も気も弱く                              機長候補らしくない。                                                      そして、副操縦士・鈴木の昇格はホノルル行きのフライトで決まる。                                      このとき、同乗するする機長が風邪をひいて厳格と噂の原田機長に 交代になる。                             これで副操縦士は緊張する。                                                      客室乗務員も新人が入り、この新人斉藤がお調子者で指示を受けないと                                    自分では自信を持ってなにもできないでいた。                                              それを叱るのは、チーフパーサー山崎。                                                   映画では、このほかに整備士やグランドスタッフ、管制官、バードパトロール、                                オペレーションコントロールセンターの職員など普段みかけない関係者が                                   登場してきます。                                                         これらの人々によって飛行機は乗客の安全を守っていると言うことを伝える。                              客室乗務員の失敗や乗客とのトラブル、グランドスタッフの地上での手荷物の                                  トラブルなど様々なアクシデントを織り交ぜて展開する。                                                 最大の見所は、チーフパーサーが翼について血を見つけ機長に報告します。                                  そして、羽田付近には台風が接近、安全を第一に考え羽田に戻ることを選択                                          するが飛行機が着陸する条件が台風の影響で妨げられる。                                         ANAの協力で撮影されたようで全てにANAの飛行機と制服やロゴがついたもの                               が出てきます。                                           空の安全を守るということに、たくさんのスタッフが関わっています。                       凡ミスが許されない世界です。                                           映画の中でも整備士がスパナを紛失し、それが飛行機のエンジン部分に忘れた                         きたのではと緊張する場面があります。                                 副操縦士が機長になるにも経験がモノを言います。                                              おどおどした副操縦士に厳格な機長がついていなければイヤな気持ちになります。                      映画としては、ANAの業務紹介みたいでした。                                    フジテレビ