So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

読書を楽しむ「原田マハ ロマンシェ」

001v.JPG                                                  ロマンシエとは小説家の意                                                                    有名政治家を父に持つ遠明寺美智之輔は                                                 子どもの頃から絵を描くことが好きな乙女な男の子                                                    恋愛対象が同性の美智之輔は、同級生の高瀬君に憧れていたが                                                  思いを告げることもないまま、日本の美大を卒業後                                                         憧れのパリへ留学していた                                            (小学館 書籍の内容より抜粋)                                                             美智之輔のパパは国会議員で息子の政界入りを                                          疑っていなかったが本人は美大に入りアーティストを目指していた。                                       愛読書は羽生美晴先生の「暴れ鮫シリーズ」。                                                           幹事長のお嬢さんとの見合いを卒業制作で作成した作品が最優秀作品に                                        選ばれパリの美術学校へ留学する権利と奨学金を得たことで避けることができた。                                       美智之輔の恋の相手は同級生の男子学生高瀬。パリへ留学した美智之輔は                                         フランス国立高等美術学校留学できると思っていたが留学先は民間の                                           美術専門学校だった。                                                                 賃貸アパートを借りてカフェでアルバイトしながらフランス国立高等美術学校への                                        受験を目指した。アルバイトはフランス語の語学学校へいくための学費稼ぎ。                                      アルバイト先のカフェで美智之輔は、40歳くらいのハルと呼ばれる女性と知り合う。                                        ハルにはムギという夫がワイン専門店を経営する友達がいた。                                                 ムギはフリーランスのアートライターだった。                                                         そして、ムギさんに連れられてリトグラフ(石版画)工房「idem」を訪問した。                                                  そこにハルさんがいた。                                                                            ハルは、美智之輔が愛読している超人気ハードボイルド小説の作者だった。                                      訳あってリトグラフ工房「idem」に匿われていた。                                                        ハルを追っていたのはふたりの出版社のプロデューサー。                                        ハルさんは作家になって25年間「暴れ鮫」だけを書いていた。                                                   リトグラフの世界のお話しに小説家とアーティストになりたい乙女な男子を                                  絡ませた物語は片思いあり、逃避行あり、ビザ切れの問題ありでどうなること                                 やらと思っていたら天下一品のラブコメで楽しく終わった。


共通テーマ: