So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画を楽しむ「DESTINY 鎌倉ものがたり」

026.JPG                                  鎌倉で起こる不思議な事件                                          江ノ電には誰も知らない現世から黄泉の国への電車が走っていた                                  鎌倉に住むミステリー作家が新妻を娶り一緒に暮らし始めたことから                      作家の家に貧乏神が住み着いたり、妻がある日突然死んだりして・・・                             鎌倉に暮らすミステリー作家・一色のもとに嫁いだ年若い妻・亜紀子はその生活に                              驚くばかり。                                                          道を歩けば、魔物や幽霊、妖怪や仏様、死神までも現れるのだ。                                   どうやらここ鎌倉は、人と人ならざるものたちが仲良く暮らす街らしい。                                   本業の小説執筆に加え、鎌倉署の捜査にも協力する夫・正和は、その上、                                 鉄道模型収集やら熱帯魚飼育やら多趣味であり忙しい。                                         そんな一色家には、実年齢130歳?の家政婦・キン、腐れ縁の編集担当・本田、                               果ては貧乏神が居座るなど個性豊かな面々が次々に現れ忙しい日々。                       亜紀子の理想とはちょっと違うけれど、楽しい新婚生活が始まった。                                  しかし、正和には亜紀子に隠していた秘密があった。                                                その秘密が原因で正和は結婚に疑問を感じて生きてきたようだ。                                      正和はなぜ亜紀子を見初めたのだろうか?                                                  ある日、病に倒れた正和が目を覚ますと、亜紀子の姿が消えていた。                                    夫への愛に溢れた手紙を残してーー。                                                     なんと亜紀子は不慮の事故で亡くなっており、黄泉の国に旅立っていたのだった。                               失って初めて気づく妻・亜紀子への愛。                                                     正和は亜紀子の命を取り戻すため、一人黄泉の国へ向かう決意をする。                                 (公式サイト ストーリーより抜粋)                                                チラシにもストーリーの表示がなく予告編のみの知識で観たが意外や意外                      おもしろかった。                                                     これは夫婦の愛の物語であり、それを邪魔する魔物・天頭鬼(てんとうき)が                            横恋慕するというものでした。しかしひととひととの思いやりが強ければ                                   最後は愛が勝つ。                            033.JPG                                


共通テーマ:映画