So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

読書を楽しむ「宮沢賢治コレクション7 春と修羅第二集 詩Ⅱ」

003.JPG                                                                    花巻農学校教員時代の4年のうちの終わりの                         2年(1924年 - 1926年3月)の手記を集めた詩集                                         詩というものになじみがなく読んでは見たがその情景がうすぼんやりと                                      浮かぶものとなんにも浮かばないものがありました。                               五輪峠/晴天恣意/薤露青/産業組合青年会/夜の湿気と風がさびしくいりまじり/                  告別/葱嶺先生の散歩を読んだ。                                              宮沢賢治という作家のことをある程度知らないとどうにも難しい。