So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ケーブルTVで映画を楽しむ「エヴェレスト 神々の山嶺」

012.JPG013.JPG                                                   山岳史上最大の謎に魅せられた野心家のカメラマン・深町                                        史上初の挑戦に取り憑かれた孤高のクライマー・羽生                                           羽生に人生を翻弄されながらも愛し続ける女性・涼子                                     山岳カメラマンの深町は、カトマンドゥでエヴェレスト史上最大の謎を解く                                     可能性を秘めた、ある古いカメラを発見する。                                                 失われたフィルムを追ううちに辿り着いた、孤高の天才クライマー、羽生。                                    「山をやらないなら死んだも同じ」だと語り、他人を寄せつけない人生を                                  送ってきた彼が取り憑かれた、史上初の挑戦とは何なのか?                                               羽生の目的に興味を持ち、その過去を調べるうち、深町は彼の壮絶な                                         生き様にのみ込まれていく。                                                                      そして、羽生に人生を翻弄されながらも愛し続ける女性・涼子と出会う・・・。                                                標高8848M、氷点下50℃、呼吸すら困難な極限の世界。                                         その中で垂直の壁が待ち受ける、これまで誰も成し得なかった過酷な登攀に                          独り挑む羽生。                                                                                その挑戦を見届けるため、彼の後を追う深町。                                                           男たちは自然の驚異の前に命をさらしながらも、人類の限界を超えて、                                             ただひたすら世界最高峰の頂を目指す。                                                             彼らは生きて帰ることが出来るのか?その先には果たして、何があるのかー。                                        (チラシより抜粋)                                                                 山の日に山の映画。                                                                      日本映画専門チャンネル


共通テーマ:映画

2018.8.13(月)勢揃いした孫たちと会食

eno.jpg                                                                       夏休みのお楽しみは孫たちとの会食                                                     人生を普通に歩んでいるひとは結婚し、子育てをする。                                               その親の愛情で育った孫たちはすくすく育つ。                                                                自分でリックを背負って4人の孫がお泊りにやってきた。                                                とても食事を計9人分用意できないので外で会食することにした。                                    ・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                    昨夜泊まったふたりの孫の朝は早い。                                                        7時前には着替えてリビングに顔を出した。                                                       ケーブルTVのスイッチを入れてディズニー作品を見せた。                                           今日はカンフーパンダ特集をしていた。                                                                  孫からプレゼントを戴いた。                                  003.JPG                                                  細君が朝食をつくりみんなで食べた。                                                      テーブルも予備のものを出して使用した。                                                    食後に孫たちはゲームがやりたいと言ったがパパとママにダメと言われた。                                  細君とママは洗濯をした。                                                           わたしとパパはレンタルDVDを観た。                             CIMG4872.JPG                                                    孫たちはゲームのお許しが出てゲームを始めた。                            CIMG4874.JPG                                                             映画は途中から細君とママも一緒に観た。                                                                 高校生がゲームの世界へ吸い込まれて、ゲームの世界のキャラになって冒険                                 するというもので意外と楽しめた。                                                                  11時過ぎに孫たちは車で買い物へ出て17時近くまで遊んできた。                                               わたしと細君がおもてなしで疲れたのではとお昼寝をしてと言って                                               出かけたが、昼食をふたりで食べた後は、空模様があやしくなり雷も                                           鳴り始めた。                                              CIMG4875.JPG                                                           洗濯ものを慌てて入れて終わった後で雨が降ってきた。                                                         ニュースを見たら関東でゲリラ豪雨が発生していた。                                               夕食は孫4人と大人5人で会食。                                                              ファミリーで食事ができる最近できた店舗を探して予約を昨日した。                                            18時で予約をしていたので我が家からはタクシーを2台手配して                                              会場へ出かけた。長男坊一家とはお店で合流した。                          kago.jpg                                                               全員で9名が合流した。                                                                           それぞれが好きなものを食べて、飲んで2時間ばかり楽しんだ。帰りは                                                           タクシーを3台頼んで自宅まで帰った。                                                          二家族が一堂にお泊りにくると夫婦二人の家では対応が大変で雑魚寝を                               することにした。家に戻りこどもは風呂に入り、三部屋に別れてそれなりに寝た。                                      大人たちは親子で一杯飲んでから寝た。                                                                来年は、細君の提案で箱根にお泊りで集まろうということにした。                                   人生を長く生きるとおもてなしは大変負担になる。                                                 お金ではなく体力とこの暑さで料理は極力つくりたくない。                                          つくれば片付けもあり70近い人間には負担だ。                                                    高齢化が進み体力は落ちるのでお盆休みの帰省も理解されるだろう。


共通テーマ:日記・雑感

ケーブルTVで映画を楽しむ 「クライマーズ・ハイ」

ma.jpg                                      1985年の日航機墜落事故をモデルに                                                                    特ダネをものにしようと奔走する地方紙の記者たちの苦闘                                                         群馬県にある地方新聞社・北関東新聞社を舞台にした 日航ジャンボ機                                          墜落事故にまつわる映画。                                                                      期待はしていなかったが見始めると画面に吸いつけられる内容で 勉強になった                                          映画でした。                                                                             地方新聞社は社長が全てであり、社長の一言で新聞の一面が決まり 社長の                                            一言で日航全権デスクを任された悠木という男が主人公。                                                   男というものは全てを任されると気持ちも大きくなり思い通リに行くと 思い込んで                                          しまうが現実は、思い通りに行かないことがたくさん映画の シーンで出てくる。                                          地方新聞社とはこういうものだということを知るには良い映画だと思って います。                                          お仕事としては、かなり大変な仕事です。                                                                     クライマーズ・ハイとは、登山者の興奮状態が極限まで達し 恐怖感が麻痺してしまう                                        状態をいうらしい。                                                                              時間と暇があるひとにはお勧めです。                                                                    シネフィルWOWOW


共通テーマ:映画

2018.8.12(日) ウェルカム我が家

miyako.jpg                                              生まれ育った家に息子一家4人がやってきた                                 ・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                        本日は久々のおもてなしの日です。                                                           午前中に買い物を済ませ来るのを待ちました。                                                    日曜日は朝、落語をTVで聴くために早く起きます。                                                    ケーブルTVで落語を聴きながら朝食をつくります。                           otiken.jpg                                                        落語を聴きながら朝食を食べることができた。               004.JPG002.JPG                             新聞を読んでから、来客用の駐車場を用意し、自治会の広報委員の仕事をした。                                      今月自治会のイベントがあり、記事の特集を書かなければならないので                                    レイアウトの検討をした。天気予報は雨予報なので細君と早めに買い物へ出た。            supa.png                                     洋菓子店でお菓子を購入し、スーパーで唐揚げや酒のつまみを購入し帰宅した。                                        昼食は保存食の賞味期限が近づいているものを食べ、ケーブルTVで映画を                                   観ながら過ごした。                                  hi.jpg                                          16時頃にチャイムが鳴って、次男坊一家4人が到着した。                             息子にビール券を渡し、近くの酒店でビールの購入を頼んだ。                                 孫たちはケーブルTVのディズニーチャンネルでアニメを観ながら過ごし、                  大人は乾杯を始めた。缶ビールからはじめてジンライムで締めくくった。                      夕食は、トンカツを細君が揚げて、唐揚げやお惣菜を出してみんなで食べた。                    ディズニーアニメを観ながら食べた。                                                       a-ro.png                                      この後、パンパシ水泳を観て、子どもたちは風呂に入った。                            明日は長男坊一家が合流するので夕食場所を探して外食することにした。                                70近い夫婦の家にひとが集まるとうれしいが対応が若くないので難しい。                    来年は、早めに集まる日を決めて温泉宿泊でやろうと考えた。                                   こどもたちはお休みをして、孫のパパはジンライムが効いて風呂上りに                          眠りに入り、奥さんは風呂に入った後、細君とサスペンスドラマを観ている。               のんびり寛ぐことが一番いい。                                        風呂に入り、水を飲んで、ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。


共通テーマ:日記・雑感

2018年 ★「メインレース予想のヒント」

CIMG0517.JPG                                    1年の計は金杯にありという言葉通り                                                              2008年から2017年まで 東西金杯の枠連の出目を見ていると                                         迷ったときに金杯の 出目を軸にして馬券を購入すると                                                 その年の「重賞レース」「重賞以外の11R」で連対                                                         することが多いと判りました
(年度) (中山) (京都) ( 連 数 )
2008 7-8 5-8 5枠60回 7枠64回 8枠82回  
2009 1-5 1-4 1枠59回 4枠73回 5枠66回  
2010 2-6 4-3 2枠53回 3枠69回 4枠80回 6枠60回
2011 2-2 1-3 1枠52回 2枠75回 3枠66回  
2012 6-6 2-4 6枠73回 2枠72回 4枠71回  
2013 3-6 1-2 3枠74回 6枠67回 1枠64回 2枠64回
2014 2-2 1-3 2枠62回 1枠60回 3枠79回  
2015 1-2 2-1 2枠66回 1枠54回    
2016 4-5 4-7 4枠77回 5枠65回 7枠84回  
2017 3-2 3-1 1枠46回 2枠74回 3枠63回  
2018 3-1 6-8 1枠31回 3枠40回 6枠45回 8枠62回

 ■2018年8/12現在実績  180R中137R的中 

日付 レース名 枠連 配当
8/12 関屋記念 7-6 ¥1490
8/12 小倉競馬11R 7-3 ¥5380
8/11 新潟競馬11R 2-8
¥1270
8/11 小倉競馬11R 8-6 ¥1640
8/11 札幌競馬11R 8-6 ¥380
8/5 レパードS 4-8 ¥1290
8/5 小倉記念 8-7 ¥450
8/5 札幌競馬11R 1-8 ¥600
8/4 新潟競馬11R 8-3 ¥310
8/4
小倉競馬11R
6-4 ¥2490
8/4 札幌競馬11R 6-3 ¥1470
7/29 アイビーSD 8-4 ¥400
7/29 小倉競馬11R 8-5 ¥1590
7/28
新潟競馬11R
4-8 ¥300
7/28 札幌競馬11R 8-7 ¥440
7/22 中京記念 8-6 ¥990
7/22 函館2歳S 3-5 ¥2040
7/21 中京競馬11R 4-3 ¥350
7/15 福島競馬11R 7-1 ¥750
7/15 中京競馬11R 8-5 ¥2010
7/14 福島競馬11R 8-8 ¥2370
7/14 中京競馬11R 2-3 ¥300
7/14 函館競馬11R 1-6 ¥740
7/8 プロキオンS 8-4 ¥1910
7/8 函館競馬11R 6-7 ¥470
7/7 函館競馬11R 8-4 ¥410
7/7 中京競馬11R 7-8 ¥860
7/7 福島競馬11R 3-1 ¥820
7/1 函館競馬11R 5-6 ¥1540
6/30 中京競馬11R 2-3 ¥430
6/30 函館競馬11R 3-5 ¥570
6/24 東京競馬11R 5-3 ¥2110
6/24 函館競馬11R 1-6 ¥4030
6/23 東京ジャンプ 3-1 ¥33030
6/23 東京競馬11R 6-5 ¥1320
6/23 函館競馬11R 6-8 ¥390
6/17 ユニコーンS 7-3 ¥620
6/17 阪神競馬11R 6-2 ¥1230
6/17 函館競馬11R 1-5 ¥4170
6/16 函館競馬11R 8-6 ¥630
6/10 エプソムC 8-3 ¥1030
6/10 マーメイドS 2-1 ¥5000
6/3 阪神競馬11R 4-1 ¥1790
5/27 日本ダービー 8-6 ¥3190
5/27 京都競馬11R 6-7 ¥600
5/26 東京競馬11R 3-2 ¥1860
5/26 京都競馬11R 2-1 ¥770
5/20 オークス 7-1 ¥260
5/20 京都競馬11R 1-2 ¥4650
5/20 新潟競馬1!R 6-7 ¥2960
5/19 東京競馬11R 6-3 ¥1200
5/19 新潟競馬11R 1-2 ¥1370
5/13 ヴィクトリアM 2-8 ¥2780
5/13 京都競馬11R 3-6 ¥2190
5/13 新潟競馬11R 6-6 ¥370
5/12 京王杯スプリングC 3-8 ¥1700
5/12 京都ハイJ 3-5 ¥350
5/12
京都競馬11R
2-1 ¥5990
5/12 新潟競馬11R 8-6 ¥960
5/6 NHKマイル 6-5 ¥1890
5/6 京都競馬11R 6-8 ¥1260
5/6 新潟大賞典 1-7 ¥1710
5/5 東京競馬11R 4-8 ¥610
5/5 新潟競馬11R 5-6 ¥1070
4/29 天皇賞:春 6-6 ¥1020
4/29 東京競馬11R 8-3 ¥510
4/29 新潟競馬11R 1-2 ¥590
4/28 京都競馬11R 3-7 ¥1080
4/28 新潟競馬11R 7-1 ¥930
4/22 フローラS 2-8 ¥890
4/22 マイラーズC 4-6 ¥1010
4/22 福島競馬11R 8-7 ¥620
4/21 東京競馬11R 8-2 ¥1120
4/21 京都競馬11R 5-3 ¥1350
4/21 福島牝馬S 6-4 ¥2950
4/15 アンタレスS 1-8 ¥660
4/14 アーリントンC 5-1 ¥1080
4/8 桜花賞 7-1 ¥380
4/8 中山競馬11R 2-8 ¥840
4/8 福島競馬11R 3-5 ¥800
4/7 ニュージーランドT 3-8 ¥540
4/1 大阪杯 8-3 ¥2410
4/1 中山競馬11R 8-4 ¥4340
3/31 阪神競馬11R 6-3 ¥2170
3/25 阪神競馬11R 4-8 ¥350
3/24 毎日杯 1-5 ¥620
3/24 中京競馬11R 3-3 ¥16160
3/18 スプリングS 6-4 ¥570
3/18 阪神大賞典 6-6 ¥1300
3/18 中京競馬11R 1-3 ¥3370
3/17 フラワーC 7-6 ¥1070
3/17 阪神競馬11R 6-6 ¥31770
3/11 中山競馬11R 4-1 ¥540
3/11 金鯱賞 8-4 ¥5360
3/10 中山牝馬S 8-4 ¥1740
3/10 阪神競馬11R 8-5 ¥6550
3/10 中京競馬11R 3-1 ¥5080
3/4 弥生賞 8-7 ¥270
3/4 阪神競馬11R 2-3 ¥2420
3/4 小倉競馬11R 7-6 ¥1580
3/3 小倉競馬11R 8-2 ¥4600
2/25 中山記念 5-8 ¥1880
2/25 阪急杯 7-8 ¥560
2/25 小倉競馬11R 7-8 ¥550
2/24 中山競馬11R 8-4 ¥7400
2/24 阪神競馬11R 1-1 ¥640
2/24 小倉競馬11R 5-8 ¥850
2/18 フェブラリーS 6-7 ¥870
2/18 京都競馬11R 5-8 ¥440
2/18 小倉大賞典 7-8 ¥3370
2/17 ダイヤモンドS 8-1 ¥1360
2/17 京都牝馬S 6-7 ¥820
2/17 小倉競馬11R 3-5 ¥1140
2/13 小倉競馬11R 7-8 ¥1550
2/12  クィーンC 3-1 ¥2150
2/11  共同通信杯 5-1 ¥4010
2/11 京都記念 4-8 ¥2510
2/10 京都競馬11R 3-7 ¥550
2/10 小倉競馬11R 8-7 ¥4580
2/4  きさらぎ賞  3-7 ¥1250 
2/3 東京競馬11R 3-7 ¥1520 
2/3 京都競11R  1-4 ¥3610 
1/28 根岸S  8-5 ¥1520 
1/28 シルクロード 1-4 ¥490
1/28 中京競馬11R 8-2 ¥1370
1/27 京都競馬11R 8-8 ¥770
1/21 AJCC 6-3 ¥450
1/21 京都競馬11R 2-3 ¥5890
1/21 中京競馬11R 4-3 ¥2970
1/20 中山競馬11R 8-6 ¥800
1/20 京都競馬11R 5-8 ¥560
1/20 中京競馬11R 3-8 ¥1460
1/14  京成杯 8-3 ¥640
1/14 日経新春杯  6-2 ¥760
1/14 中京競馬11R  8-8  ¥3120 
1/13 京都競馬11R 8-7 ¥620
1/8 中山競馬11R 6-2 ¥470
1/8 シンザン記念 3-6 ¥1680
1/7 京都競馬11R 6-7 ¥4150
       


共通テーマ:競馬

ケーブルTVで映画を楽しむ「スノーホワイト」

018a.JPG                    アクション・アドベンチャー白雪姫                                           姫の名は、スノーホワイト                                                 ドレスを脱ぎ捨て、甲冑を身にまとう戦う白雪姫                                 雪の降る日に王妃は雪のように肌が白く、血のように赤い唇の女の                                     赤ん坊が生まれることを祈っていました。                                                王妃の願いは叶い女の子が生まれました。                                               そして名をスノーホワイトと名づけられました。                                       しかし王妃が亡くなると王国を狙う闇の軍団が現れます。                                         国王の軍隊が闇の軍団を打ち破ります。                                                そのとき軍団に人質にされていた女性ラヴェンナは、王の一目目惚れで                                    王妃になります。                                                              ところが結婚式が終わるとラヴェンナ妃はベットで王を殺して闇の軍団を                                  手引きし国を乗っ取ってしまいます。                                                  スノーホワイトは牢に繋がれ7年間幽閉生活を送ります。                                            この後スノーホワイトが牢を抜け出して悪魔の森に逃げて昔の父の部下や                                      7人の小人に助けられドレスを脱いで甲冑を身に着けて抵抗軍を組織し                                      ラヴェンナ妃と闇の軍団を倒すべく進軍を開始する。                                    狩りや剣の腕を身につけ凛々しく変貌を遂げていく戦う白雪姫を観たいひとに                               お勧めです。                                                                  ムービープラス


共通テーマ:映画

ケーブルTVで映画を楽しむ「ターミネーター4」

 014ll.JPG                              人類か機械か 決着をつける時がきた                                                         2018年。                                                                                     機械軍(スカイネット)に支配された世界で、人類滅亡までのカウントダウンが                                はじまった。                                                                              わずかに生き残った人間たちのリーダーとなったジョン・コナーは、最後の 闘いに挑む。                                 亡き母のため、最愛の妻のため。                                                                 愛する者を亡くし悲しみを抱える人々の、生きる希望となるために・・・。                                              抵抗軍の指導者であるジョン・コナーは、一人の少年を探していた。                                                    将来、過去に送り込まれて、ジョンの父親になるという重大な宿命を 担う少年、                                          カイル・リースだ。                                                                       ある日突然、マーカスという謎の男が現れる。                                                       彼は偶然出会ったカイルと行動を共にするが、<スカイネット>に襲われ                                               カイルを拉致される。                                                                     抵抗軍に助けられたマーカスは、自分の正体を知って激しい衝撃を受ける。                                            彼の体は、脳と心臓以外、すべて機械だったのだ。                                                             果たしてマーカスは、敵か味方かー? 記憶を失くした彼自身にも、それは分からない。                                     しかし、自分を殺しに来たと疑うジョンに、マーカスは<スカイネット>への 侵入を                                        手引きする。                                                                              そこで二人が遭遇する、ターミネーター誕生の秘密とは?                                                         ジョンはカイルを保護することができるのか?                                                             遂に、人間と機械の最後の戦いが始まるー。                                                        (チラシより抜粋)                                                                  人類と機械との激闘を観ているとAIがこれからどう進化して行くのか一抹の                                        不安がよぎる。                                                                           ムービープラス


共通テーマ:映画

2018.8.11(土) 寛容から不寛容

kaya.JPG                         寛容の世界で生きていたはずが                                        最近は不寛容へと毒されている                               不寛容、対象となるものを許せないという心理                                今日は山の日であり、孫の誕生日でもある。                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  ひとは本来寛容であるべきだ思うが、最近はなにがなんでも相手を                                       攻撃する傾向にある。いいことではない。                                         13日にも孫がお泊りにくることになり12日から14日は非日常の生活が始まる。                         今日も近所のカフェがお盆休みで朝食は自分でつくった。                       004.JPG002.JPG                       朝ドラを観ながら食べた。                                              hanao.jpg                                         読書で過ごし上巻を完読した。下巻は予約中。                                mire5-1.jpg                                          昼食はざるそばを食べた。                               CIMG4800.JPGCIMG4799.JPG                        午後は昼寝で過ごし、目覚めた時に細君が買い物から帰ってきた。                    高校野球を観てからケーブルTVで映画を観た。                                         hirune2.jpg natukou.png                            dorabure.jpg                                              紀元前50年、シルクロードでは36の部族が紛争を続けていた。
西域警備隊の隊長は、陰謀によって反逆者の汚名を着せられ、                            辺境の地に送られてしまう。
一方、ローマ帝国の将軍は、暗殺された執政官の末息子を                                         守るため軍勢を引き連れてシルクロードに逃れてくるが 
そこにローマ帝国最強の大軍勢が攻め込んで来た。                            晩酌してから金目の焼き魚をおかずに夕食を食べた。              jinraimu.JPG                                       デザートは甘い桃を食べた。                                CIMG4419.JPG                                               パンパシ水泳を観て、ケーブルTVで映画を観て、風呂に入り、水を飲んで、                      ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。          sunohowa.jpg
                         


共通テーマ:日記・雑感

ケーブルTVで映画を楽しむ「BASTILLE DAY フレンチ・ラン」

hureran.jpg                               白人の男はベガス生まれのスリの天才・マイケル                                       黒人の男はCIA捜査官でアウトロー・ブライアー                               女はテロ組織に利用されたゾーエ                                                   パリの革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。                                                         容疑者として浮上したのはスリの若者マイケル。                                                      捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーはイラクで命令を無視し、                            テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。                                                 いちはやくマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。                                  ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明する                                     ために、捜査に協力することを持ちかける。                                                                誕生した”CIAとスリ”による前代未聞のコンビは真犯人を探すためパリの街を                               疾走する。                                                                                    (チラシより抜粋)                                                                                                       マイケルのスリの腕前が映画のスタートで紹介される。                                         教会の前の階段を全裸の美女に歩かせ、ひとびとの目が美女にくぎ付けになって                                                   いるときにスリを働く。                                                                              ゾーエは男たちにぬいぐるみの入ったバックをある場所に置いて来いと依頼される。                                   その場所に着いた時にひとがたくさんいてゾーエはその場所にバックを置かずに                                 その場を去り、途方に暮れているのをマイケルが見つけ、バックを盗む。                                  バックからスマホを盗んでゴミ箱に捨てた後、バックが爆発し4人が亡くなり、                                       監視カメラにマイケルが映っていた。爆弾テロ事件としてCIAが捜査に当たる。                                 盗んだばっかりにとばっちりで爆弾魔と勘違いされ、CIAに追われ、                                                        ひどい目に遭ったスリの男の話。                                                                    この手の作品たくさんあるが映画ファンとしてはどれもおもしろい。                                          ムービープラス


共通テーマ:映画

ケーブルTVで映画を楽しむ「セブンス・サン 魔使いの弟子」

sebun.jpg                                老魔使いと弟子が、悪しき魔女の率いる闇の勢力と戦う                                   特殊な力を持つといわれるある一族の七番目の息子トム                                不思議な予知夢を見る農民の若者トムのもとに、老いた“魔使い”が現れ、                          彼はその弟子として連れて行かれる。                                           実はトムは滅んだ聖騎士団の末裔なのだ。                                           老魔使いと因縁浅からぬ邪悪な魔女を、100年に一度の“赤き月”が満ちる                              前に倒さねば、世界は混沌に陥る。                                           対決に備え老師のもと短期集中の厳しい特訓を積むトム。                                  そんな折、魔女狩りで殺されそうになっていた娘を助け、                                   やがて2人は恋仲に。だがその娘、実は魔女の手先だった。                                  (ザ・シネマ ストーリーより抜粋)                                        ファンタジー・アクション映画が好きなひとなら楽しめます。                             魔女にも善と悪がいて、母は強しというシーンが出てきます。                                  ザ・シネマ


共通テーマ:映画
前の10件 | -