So-net無料ブログ作成
検索選択

映画を楽しむ「ジヌよさらば~かむろば村へ~」

017.JPG                                        お金恐怖症の男の物語                                                携帯は捨てました                                                   電気も水道もガスも使いません                                           限界集落の村に来た男は1円も使わないで生きていくと宣言する                               そんな生活ができるのか?                                                   現金に触るだけで失神してしまう、前代未聞の深刻な“お金恐怖症”に                                 なってしまった元銀行マン・タケは、一円も使わずに生きていくために、                                       過疎化が進む小さな寒村“かむろば村”へやってきた。                                       お金を使わない生活を闇雲に実行しようとするタケを、奇妙な生き物を                               見るように眺める村人たちは濃い顔ぶればかり。                                            異常に世話焼きな村長・与三郎、与三郎の美人妻・亜希子、高齢化率40%の                                村では希少だけどどこかアヤシイ女子高生・青葉、自他ともに認める村の                                 “神様”で、写真が趣味のなかぬっさん。
彼らに助けられながら、危なっかしいながらも奇蹟的に一円も使わない                                     生活を続け、村に慣れ始めた頃、見るからに怪しい風体の男・多治見                                 が現れる。                                                                与三郎に露骨な嫌がらせをしかける多治見だが、実は与三郎には不穏な                                      過去があるようで…!?                                                          一方で、迫りくる村長選挙を巡る陰謀が発覚し、タケの生活は思わぬ                                       方向へ向かいだす…!                                                                        (チラシより抜粋)                                                                        ジヌとは東北地方の言葉で「銭」(お金)のこと。                                               欲しいものはいつでも手に入るという時代が永遠に続く訳ではないので                                                          このような考え方をする若者がいることは喜ばしい。                                              チャンネルNECO


共通テーマ:映画

2017.6.21 昼の長さが一番長い日

DSC01712.JPG                         夏至の日                                                          リフォーム中の我が家はシートに覆われ                                               外は朝から雨で殺風景                                       外で遊ぶこともできず                                      1日中家の中で過ごした                       DSC01714.JPG                              窓を開けてもこんな感じで灰色の世界                                      ・・・・・・・・                                                  水曜日は玄関にゴミが置いてある。                                           ゴミ出しの日で起きたら捨てに行っている。                                                     レタスも玉子もなくサラダは玉ねぎとわかめとキャベツでつくり朝食を食べた。               kohi.JPG001hhh.JPGhiyoko.jpg                                      朝ドラを観てから新聞を読んで読書をした。                                                ママが夫を殺して家族を呼び寄せどうしょうかというお話。                  mama.jpg                                                    10時からはケーブルTVで海外ドラマを2本観た。                                             なんにもないときケーブルTVは便利だ。                     ship.jpgspo.png                            昼食は、一番近いカフェで昨日と同じにパンを傘をさして買ってきた。                       強い雨が降っていた。                       DSC01713.JPG                               パンで昼食をコーヒーで戴いた。                                                   午後は、愛川欽也の産婦人科医のサスペンスドラマを観た後、                                       細君とお昼寝タイムに突入。                                      hirune2.jpg                                                  16時過ぎに起きて台湾の作家の原発の本を読みはじめる。                  zero.jpg                                          夕食はどうするという話になり、弁当を買いに出かけた。                                        1日家の中にいたせいかダルイので夕食は手抜きで弁当にした。DSC01717.JPGDSC01716.JPG                         読書をして過ごし、風呂に入り、水を飲んで、ブログの更新をして、                                 ごきげんようおやすみなさい。


共通テーマ:日記・雑感

読書を楽しむ「金井美恵子 カストロの尻」

022.JPG                                           困難を困灘と書く男がいる                                                           節目をセツメと書く男がいる                                                     魂を塊と書く男がいる                                             同じように「カストロの尼」が「カストロの尻」となったらしい             ama.jpg                                                   金粉ショーは、映画007ゴールドフィンガーのおかげで一時期はやった。                                金粉ダンサーに夢中になって、会社や家族を捨てた衣類問屋の番頭は、                                   金粉ダンサーのマネージャー兼愛人になり、地方のキャバレーやクラブを回った。                               そのうち地方の仕事もめっきり減って東京にいる時間が圧倒的に長くなった。                             元番頭から手紙をもらい金粉ダンサーが何も言わずにいなくなってしまい、                                   どこにいるかご存じないかと書いてあった。                                       彼の書いた手紙は字の書き間違いが多かった。                                              私の塊を切りとった女と、金粉ダンサーのことを書いていた。                                        恋が盲目であれば誤字も許されるであろう。                                           元番頭が塊と書いたのには理由があったがなかなか感想がまとめられない。


共通テーマ:

映画を楽しむ「THE BLACK MADONNAトランス・ミッション」

tran.jpg                                 昼は学生、夜はストリッパーヒロイン                                    女子大生マリアの元に疎遠だった父から小包が届く。                                       中味は強盗団に盗まれた名画“黒い聖母”。                                                強盗一味だった父は、仲間を裏切って絵画を娘に送ったことがバレてしまい、                                                マフィアに監禁されていた。                                                   警察と共にポーランドまで絵画を運ぶハメになったマリアは、任務を遂行し、                                     父を救出できるのか?                                                      (ムービープラスストーリーより抜粋)                                                 デンマーク映画                                                      親父がおとぼけ親父で、娘は自分が手に入れたお宝は返さないというし
そんなこんなで話がグチャグチャになり楽しい映画でした。観るのは2度目。                                       ムービープラス
 


共通テーマ:映画

2017.6.20 わたし待つわ

025.JPG                                        今日は待つ日だった                                                                                     リフォームの雨樋業者                                                                                          熱源機の修理業者                                                                                   混んでてなかなか買えないパン屋                                                     散歩にも行かず、待って待って1日を過ごした。                                                      ・・・・・・・・・・・                                                                               朝は静かにやってくる。                                                    012.JPG                                                                朝食をつくり、朝ドラを観ながら食べる。                                                                新聞を読んでから、孫の誕生日プレゼント一式を送るための準備をした。                                           プレゼント以外にメッセージカードを作成したりした。                             001.JPG                                                             朝食が済んでスグにリフォーム業者がきた。                                                          車2台できたので1台を裏の家にお願いして駐車場を借りた。                                                    雨樋の撤去と板金作業にきた。                                 0011.JPG                                                        NHKに往復はがきで講談大会の観覧申し込みをした。                    003.JPG002.JPG                                                     熱源機の業者から電話があり、午後部品が届き次第修理に行くと言われた。                                        細君は10時前にアルバイトへ行った。                                                                    10時半に近所のカフェにパンを買いに行ったら満員でトレーもなくパンもなく                                            一度家に戻り11時過ぎて再度行った。                                                                 大半が売り切れていてあるパンを買って帰った。                          004.JPG                                                                 細君が戻り、アイスコーヒーでパンを食べた。                                                              14時に熱源機の修理業者がきた。熱源機の中和器の交換をした。                                                  エコジョーズを使用していると起きる現象だと説明を受けた。                     tiyuwa.gif                                               エコジョーズでガス代は安くなっているが部品で取り換えが必要に                                      なるということを知り、なんとも思い通りにはいかないものです。                            読書をした。大阪の心斎橋から東京の表参道へショートカットする話。                    tikamiti.jpg                                               リフォーム業者は18時近くまで作業して帰った。                                            買い物へ行かなかったので晩酌して、たらこスパを夕食として食べた。                                   今日は銭湯にいかなくてもいいので転寝した。22時過ぎに目覚めて、                                     フロに入り、ポカリを飲んで、ブログの更新をしてごきげんようおやすみなさい。


共通テーマ:日記・雑感

映画を楽しむ「ハイネケン誘拐の代償」

haine.jpg                                    誘拐されたビール会社の経営者と                                 誘拐した幼なじみの5人                                  人質は老獪で、誘拐犯は素人                                      これが問題だ!

1983年、オランダ・アムステルダム。大ビール企業「ハイネケン」の経営者、                             フレディ・ハイネケンが何者かに誘拐された。                                          世界屈指の大富豪の誘拐は世間を驚かせ、警察も巨大組織による犯行を疑う。                                しかし誘拐したのは、犯罪経験のない幼なじみの5人の若者だった・・・。

大胆不敵な計画を実行し、史上最高額(当時)の身代金を要求する犯人グループ。                              すべては上手くいくはずだった。                                                 ところが、人質であるハイネケンの傲慢な言動に、5人は翻弄され、                                     歯車が狂いだしてゆく。                                                       駆け引き、誤算、落とし穴。                                               誘拐された大富豪と、誘拐した若者たち。                                            追い詰め、追い詰められる男たちが支払う“誘拐の代償”とは――?!                            (チラシより抜粋)                                                   年寄りを舐めちゃいけないということ。そして、最高の警備会社がつくられた。                                                          ムービープラス



共通テーマ:映画

2017.6.19 銭湯へいくことになった理由

021.JPG                                                 ガス給湯暖房用熱源機の部品が故障し交換が必要になった                                お湯が昨日出なくなりエラーメッセージが出たので                                  業者に電話を入れた                                                     今日電話があり部品が手許になく取り寄せとなり                                     昨日に引き続き風呂に入れなくなった                                           そこで銭湯へ行こうといくことになった                                                ・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                     熱源機を導入して4年半が過ぎた、部品も壊れることがあるらしい。                                                 床暖房まで熱源機を使用しているので消耗が激しいのかも知れない。                                               故障は予告なくやってくるので風呂に入れないのが一番困る。                                            新しい週がはじまった。                                                            いつも通り7時に起きて朝食をつくった。朝ドラを観ながら食べた。                             kohi.JPG001hhh.JPGhiyoko.jpg                                          新聞を読んでから散歩へ出た。                                   007.JPG013.JPG018.JPG                                                         家に戻り、休憩して、買い物へ。                                                                 不足しているものだけ購入し、昼食は家で焼きそばを食べた。                                               リフォーム業者はお休みだった。                                                                         熱源機の業者の電話は細君が受け今日修理ができないことがわかった。                                                午後は、暑いのでリビングでサスペンスドラマを観て過ごした。                                                 17時近くに銭湯へ細君と出かけた。                                                                 4年半前にも風呂場のリフォームで銭湯へ通っていたので違和感はなかった。                                          大人470円を支払い風呂に入った。                                        kiku.jpg                                                             家に戻り、ふたりで缶ビールを1缶飲んだ。                                                             晩酌して、そうめんを食べ、ケーブルTVで映画を観ながら過ごした。                         jinu.jpg                                                      水を飲んで、ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。                                       久々の銭湯はいいお湯でした。



共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2017.6.19 蒸し暑い日のはじまり」

001.JPG015.JPG                         梅雨の晴れ間で蒸し暑い。                                                                  若い人は走り元気だ。                                         002.JPG008.JPG009.JPG011.JPG016.JPG019.JPG                                                                        散歩の成果                                                           021.JPG


共通テーマ:趣味・カルチャー

読書を楽しむ「町田康 ゴランノスポン」

002.JPG                                   ご覧のようにスポンと落ちる                                                       ベッドから抜け出すとワンルームの部屋は散らかっているが人間なんて、                           そもそもがとっ散らかった存在だ。                                       今日の僕は、バイトを休むということを確実にやっている。                              今晩、ライブをみにいく。ドクさんのProfound Numberをみるたびに、                                      僕は僕が昨日の僕に確実になにかが加わった僕がそこにいるのを感じる。                                  ライブ会場で友だちと会って、ライブが終わってみんなで居酒屋に転がっていった。                          みんなの話を聞いて僕はうれしくなってしまった。                                         僕の精神はいい感じで、このいい感じを感じながら過ごしていたら電話が鳴って、                              友人のひとりが亡くなったという知らせだった。                                    告別式に出て読経の代わりに友人が好きだった音楽が流れた。                              それは友人の遺作のデモテープだった。                                    僕らは最高だった友人の思い出話をしながらバスに乗った。                                      商店街を抜けて、スラム街のようなところを通り、遮断機の下りた踏切で停まった。                           火葬場に着いたのではなかった。30分経っても踏切は開かなかった。                                 バスの中はぎゅぎゅう詰めで、待つうちに社内の空気は耐え難いものになった。                                  金さえあれば誰がこんな思いをするかと思い、                                  誰がこんな奴らとぎゅうぎゅう詰めになるか思い僕は絶叫した。                                         いっせいに罵り合いがはじまり、殴り合い、ゲロを吐くものまででたが                                踏切は開かない。                                                   ライブ好きな仲間がいてサイコーサイコーって生きているがみんな貧乏で                                 なりたかった自分になれず、ライブ好きだけじゃどうしょもないという現実が                          一気に噴き出した。そんな感じのタイトルかなぁ。                                   


共通テーマ:

映画を楽しむ「海よりもまだ深く」

DSC01380.JPG                        なりたかった大人になれなかった大人たちの物語                           台風の夜に、偶然ひとつ屋根の下に集まった元家族                                     嵐が去れば、またそれぞれの日常に戻ると分かっている                               彼らの想いが交錯する                                                笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多。                                        15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、                               周囲にも自分にも「小説の取材」だと言い訳している。                                         元妻の響子には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、                               彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。                                         そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子だ。                                      ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、                                     台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、                                     一夜かぎりの家族の時間が始まるがー。                                          (チラシより抜粋)                                                                                   みんないいひとだが元には戻れない。それでも母の淑子が海よりもまだ深いと口ずさむ。                         日本映画専門チャンネル


共通テーマ:映画