So-net無料ブログ作成

ケーブルTVで映画を楽しむ「92歳のパリジェンヌ」

pari.jpg                                        92歳の誕生祝の席でおばあちゃんは尊厳死宣言をした                   出生の自由は選べないが                                         自分の死に方は自分で決めたい                                                高齢化社会と言われているが自分で自分の身体がコントロール                                                                              できなくなったら死んでもいいと思っている。                                                           フランスでも同じような考えを持った実在の人物がいて映画化された。                                 「2ケ月後の10月17日に私は逝きますー」92歳の誕生日に突然母が告げた。                                          身体の自由が利かなくなったら、自ら人生を終わらせたい。                                        そんなマドレーヌの計画を理解して応援してくれるのは、身の回りの世話を                            してくれるヴイクトリアだ。                                                              優しさとユーモアに溢れた彼女は、残された家族に迷惑を掛けないようにと                             黙々と荷物を整理するマドレーヌを「棺桶も自分で閉めるつもり?」と笑わせる。                            娘ディアーヌからの同居の申し込みをキッパリと断り、1人暮らしを続けるマドレーヌ。                                    しかし、腰を痛めてボヤ騒ぎを起こし救急車で運ばれ入院することに。                                         ベッドの上で「点滴の管をつけたまま死ぬのはごめんだわ」と抵抗する                                     マドレーヌに息子ピエールが怒り出すが、ディアーヌの心は揺れ始めていた。                                         (公式サイトストーリーより抜粋)                                                                     病院で身体の自由が利かない高齢者や患者を見舞いの度に見てきた。                                         生きている楽しみがない人生などいらない。                                                                                個人的には80歳で亡くなりたいと細君には話している。                                                      当然、身体の自由が利かなくなれば映画と同じ考えをする。                                                                身体の自由が利かないリスト(ひとりでできなくなったこと)をノートに                                書いておけば、いつが宣言する日か決められる。                                             家族に話して理解されればそれでいい。                                                              シネフィルWOWOW

2018.6.13(水)旅行の予約に行ってきました

014.JPG                                   生きていて楽しいことのひとつに                                            みんなで旅行に行くということがあります                                              旅へ出れば日頃の疲れや嫌なことも忘れられます                                          こんな旅行を10年以上続けています                                    今年も行先が決まり予約を入れに行ってきました。                                         歳と共に問題があるのが洋室でないと腰痛等で寝られないという                                 ひとが増えてきました。                                              そういう意味では日本の宿泊施設は洋室が少なく争奪戦の状態です。                                                                          今年の旅行は10年前に行った鳴子温泉と4年前に行った平泉の2ケ所へ                                旅することになりました。                                             目的は紅葉見物がメインで舟下りとかビール工場見学なども入れました。              ・・・・・・・・・・・・・                                       今日はゴミ出しの日で7時半に起きてリサイクルステーションに捨ててから、                               朝食の準備をしました。                                 001retasu.JPGkohi.JPG001hhh.JPG                            新聞を読んだら米朝首脳会談のことばかりで外野がああだこうだと書いていますが                               様子を見ればわかることです。                                         サッカーの親善試合はTVで前半だけしか観なかったが勝利していました。                 結局のところ結論を決めつけないで様子をみるということが大事なことです。                               JTBへ11時に訪問する予約を入れていましたので、細君の洗濯が終了と                       同時に買い物もあったので出かけました。                  003b.JPG                                   バースデイカードや扇子、靴、スリッパなどの買い物を済ませてJTBを                  訪問しました。                                              行程表を持参したのでその通りに宿の予約や新幹線の手配などを依頼して                    内金を支払い予約が完了しました。                                      肝心な洋室は3部屋が1部屋しか確保できませんでした。                            秋の紅葉シーズンの旅行のため日程を変更しても洋室の3部屋確保は無理でした。maturube.jpg                                      それでも最低限1部屋確保できたので2泊3日の旅行はできることが確定しました。                      観光用にタクシーの予約も入れました。                                     高齢者夫婦3組いつまで続けられるかわかりませんが毎年のお楽しみです。                                 来年は山口県の絶景を予定しているので寝台特急の話を聞いたらまたしても                                   洋室の確保が簡単でないことがわかりました。                                 昼食は、寿司屋で外食しました。                   F1000018.JPG                                  家に戻り、細君は昼寝をはじめ、わたしはTVで映画を観ました。           xm.jpg                                        旅行の予約が完了したのでメールと郵便でメンバーに連絡しました。                   晩酌して、イカピーマンをおかずに夕食を食べ、キィウィフルーツが                      デザートでした。                              ikapi-.jpg                                         ガッテンと9係を観て、風呂に入り、ポカリを飲んで、ブログの更新をして、                  ごきげんようおやすみなさい。