So-net無料ブログ作成

レンタルDVDで映画を楽しむ「イラン映画 セールスマン」

serusuman.jpg                         夫が不在の時に妻が勘違いしてドアを開けたばかりに事件は起こった                    教師のエマッドは妻ラナとともに小さな劇団に所属し、                           上演を間近に控えたアーサー・ミラー原作の舞台「セールスマンの死」                      の稽古に忙しい。                                                 思いがけないことで住む家を失った夫婦は、劇団仲間が紹介してくれたアパートに                              移り住むことにする。                                                   慌ただしく引っ越し作業を終え、「セールスマンの死」の初日を迎えた夜、                                事件が起こった。                                                           ひと足早く劇場から帰宅したラナが侵入者に襲われたのだ。                                        この事件以来、夫婦の生活は一変した。                                              包帯を巻いた痛々しい姿で帰宅したラナは精神的にもダメージを負い、                                めっきり口数が少なくなった。                                                   一方、エマッドは犯人を捕まえるために「警察に行こう」とラナを説得するが、                              表沙汰にしたくない彼女は頑なに拒み続ける。                                           立ち直れないラナと、やり場のない苛立ちを募らせるエマッドの感情はすれ違い、                              夫婦仲は険悪になっていった。                                                      そして犯人は前の住人だった女性と関係がある人物だと確証をつかんだエマッドは、                         自力で捜し出すことを決意するのだが・・・。                                  (公式サイトストーリーより抜粋)               et021.JPG                                 夫婦が借りたアパートの前の住人はふしだらな女だった。                             そのことで女の客が引越したことを知らずに訪問した。                                妻はそんな前の住人のことを知らずシャワーを浴びようとしたときにベルが鳴り、                  夫と勘違いしてドア開けたままシャワーを浴びた。                             そして事件は起きた。                                        夫は犯人捜しをするが見つかった犯人も意外な人物でやりきれない。                     事件に対する夫婦の考え方も違いお国柄なのかなと考えてしまう。                    イランの映画をはじめて観ましたが内容的にはいい映画でした。                      ツタヤレンタルDVD


共通テーマ:映画

2018.2.6 (火) 神経というものは心にも直結している

youtuu.png                                                  突然、左腰に痛みが走った                                            身体の神経の一部がおかしくなったんだと思う                                   腰バンドとシップ薬で痛みを抑えているが                                        時々チクチクして心に響く                                                         神経というモノは困ったものだ。                                                       心にも直結しているので気が散り、物事に集中できない。                                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                 いつも通りに7時過ぎに起きた。                                      身体を動かすと腰が痛い。                                                         シップと腰バンドをつけて朝食の準備を始めた。            015.JPG                                       いつもの食材で準備しました。                                         001retasu.JPGkohi.JPG001hhh.JPG                               今日の予定は、図書館へ本を返却する日。                                               新聞を読んでから散歩をしながら図書館へ向かった。                  005.JPG006.JPG 094.JPG                                                 本を返却し、新しく借りた。                                  009.JPG                                 010.JPG011.JPG                                       コンビニに寄って、昼食を購入し、おやつも買った。                                              細君はアルバイトの日だった。                                                        12時過ぎに帰ってきたので味噌汁と一緒に食べた。                     013.JPG                                              ニュースを観て過ごしてから読書をした。                                 akakoku.jpg                                                           シングルマザー刑事が未解決事件に挑む。                                                短編を読み終わり昼寝をした。                                   16時頃にお茶してTVを観て過ごし、晩酌の時間になり一杯飲んで、                  夕食は親子丼を食べた。                           DSC04325.JPG                                      食後は家庭の医学番組を観ていたが途中から転寝して22時前に目が覚めた。                  細君は今日借りてきたかくれんぼ絵本で苦戦していた。                                 風呂に入り、白湯を飲んで、シップを取り換えて、ブログの更新をして、                    ごきげんようおやすみなさい。 


共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2018.2.6 飛んで、飛んで、飛んで」

007.JPG                                        上を向いて歩くと飛行機を何機も観た                      091.JPG092.JPG                 冬の時期は鑑賞できる花が少ないのでついつい空を見上げる。          004.JPG                                                 霜柱ができるような朝の寒さでした。                         001.JPG                     003.JPG                      089.JPG                    090.JPG                                               散歩の成果                                                           014.JPG



共通テーマ:趣味・カルチャー

読書を楽しむ「今村夏子 こちらあみ子」

CIMG2016.JPG                                     あみ子は田中家の長女として育てられた                                      父と母、そして不良の兄がいた                                  母は自宅で書道教室を開いていた。教室の生徒にのり君がいた。                                     のり君はあみ子の兄・孝太に妹が学校の行き帰りに悪さをしないように見張って                                      くれと頼まれた。                                                    あみ子の10歳の誕生日プレゼントはトランシーバーだった。                                      あみ子には今度生まれてくる予定の赤ちゃんが母のお腹の中にいた。                             トランシーバーで生まれてくる赤ちゃんとスパイごっこをするんだと                                      あみ子は考えていた。                                                      トランシーバーの1台を兄に渡して、あみ子は「おーとーせよ。こちらあみ子」                                                      とトランシーバーを使った会話の練習をした。母の赤ちゃんは死産だった。                      3ケ月間、書道教室は臨時の休みになった。                                      やがて、母が書道教室を再開するので祝いの品をあげると兄が木彫りの人形を見せた。                  あみ子は、お祝いの品として木の立て札に弟のおはかとのり君に書いてもらった。

母にお祝いの品を渡した日以降、兄が突然不良になった。                                                母も突然やる気をなくし書道教室も閉めて、寝てばかりいた。                                 父はこころの病気のせいだと言った。                                           そして、あみ子は祖母の家に引っ越すことになった。                                 あみ子に悪気はないが家族にとってはあみ子のやることは世間の常識を                   逸脱している。                                                だからと言って病気とも決めつけられず物事をストレートに表現している                   だけとも受け取れる。だから周囲は見守るしかないのかも知れない。                   読書をすると様々な人生に出会える。


共通テーマ: