So-net無料ブログ作成

ケーブルTVで映画を楽しむ「THE BOURNE LEGACY ボーン・レガシー」

015.JPG                             CIA極秘プログラム<トレッドストーン計画>が                                  生み出した史上最強の暗殺者=アーロン・クロス                               暗殺者養成のCIA極秘プログラム<レッドストーン計画>は白日の下に晒され                              国家の陰謀は崩壊したはずだった。                                              しかし、最高機密の漏洩をきっかけに、裏では巨大な恐ろしい陰謀が                                    進行していた。                                                         リック・バイヤーは、このジェイソン・ボーンの機密漏洩にによって生じた                                  危機的状態 が、CIA長官の身に及ぶ事態を回避するため、プログラムの存在                               そのものを「抹消」 することを決定。                                                  生み出された最高の暗殺者たちと、関わってきた全ての人物を恐るべき手段で                               次々と 抹殺していく・・・。                                                            高度な遺伝子操作と人格改造で、ジェイソン・ボーンを遥かに凌ぐ能力を身に                                  着けた 暗殺者アーロン・スミスは、執拗に命を狙う追撃者と対峙しながら、                                    同じ境遇となった 医師・マルタの情報を頼りに打開策を模索していく。                                      しかしその戦いは、自らの身体に仕組まれた秘密と、驚愕の過去の真実を                                    明らかに するものであった。                                                         果たして、ジェイソン・ボーンの死闘の裏側で一体何が繰り広げられて                                   いたのか? CIA最高機密となっていた巨大な陰謀のすべてが遂に明かされる。                       (チラシより抜粋)                                               男はアラスカで訓練をしていた。
男は国家のためになんどもやるといい2種類の染色体を
身体に打ち込んでいた。
染色体は、身体に活力と精神的安定を与えていた。
染色体は男を最強の暗殺者へと能力を向上させていた。
同じ頃、CIAの内部調査局長が極秘計画を告発しようと
していた。
これを知ったCIA長官は、告発される計画に関係した
ひとたちを抹消しようとしていた。
男は、CIAではNo.5という名だった。
そして、CIAから命を狙われる。
男は、染色体を求めマニラへ、そして男を抹殺すべく
No.3が暗殺者としてマニラへ送られる。
極秘計画をレガシーにしようとするCIAとそれに立ち向かう
最強の暗殺者との対決はカーシーンの連続でハラハラ
ドキドキでかなり楽しめます。
いずれにしても国家とは、勝手なもので国益にならないものは
すべて抹消しようとする。                                          ムービープラス


共通テーマ:映画

2017.12.23 めがね店を11年振りに訪問

027.JPG                                            細君のめがねが眼に合わなくなった                                                                11年前に購入しためがね店に出かけ                                                      視力検査などを行い新しいめがねを2本注文した                                            細君のデータが残っていて視力が落ちていることが検査で判明した。                                              めがねは作ったら毎日かけていなければいけないと店主に言われた。                                         細君は家の中で新聞を読んだりするめがねと外で仕事をするめがねを                                            分けて使っていたが仕事をしないときは外していたので毎日かけていなさいと                                         指導された。                                                                   ・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                    今日は祝日のため、近所のカフェはお休みでモーニングは食べられない。                                      朝食をつくった。                                               031.JPG002.JPGkohi.JPG                                    新聞を読んでから散歩へ出た。時間は9時半を過ぎていた。              003.JPG009.JPG 016.JPG021.JPG                                 コンビニで肉まんを購入し、細君とお茶した。時間は昼近くだった。                025.JPG                                                 昼食を食べずにめがね店へ出かけた。                                                         細君に最適なめがねを作ってもらう検査が完了するまでに1時間くらい                               時間がかかった。                                               5年するとまた合わなくなるというようなことを専門家の意見として教えてもらった。                                 買い物をして帰宅した。                                                                          15時過ぎに超遅めの昼食を食べた。                          028.JPG029.JPG                                有馬記念の予想をして過ごした。                                    026.JPG                                                           若い男が指を1本出して、女の子が白い上着を着てバンザイしている。                                            1着は白の2番だと言っているようだ。                                                                指を立てた男のフアッションは2番の騎手の勝負服に色が似ている。                                      ki2.jpg                                                                           晩酌して夕食は軽めにそばを食べた。                                                            食後は読書です。                                                  maha.jpg                                                                21時からは大河ファンタジーを観た。                                    seirei.jpg                                   風呂に入り、ホットレモンを飲んで、ブログの更新をして、                       ごきげんようおやすみなさい。                                    ひとの体は知らぬ間に衰えていることを視力検査で知った。


共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2017.12.23 歩く楽しみ」

013.JPG                                                  歩くことで五感が刺激される                                                外出して五感の感度を確認した                                                         カワセミに出会える気がした。そして、その通りになった。冴えている。010.JPG                  017.JPG002.JPG     006.JPG001.JPG 004.JPG020.JPG                          散歩の成果                                                                                                 CIMG1107.JPG


共通テーマ:趣味・カルチャー

読書を楽しむ「相場英雄 クランクイン」

DSC04494.JPG                                   準大手規模の広告代理店に勤務する根本崇は社長に呼び出され                                     大ベストセラー「永久の大地」の映画化の担当をすることになるが・・・                          映画がどのように製作されていくのかをリアルに描いた作品で                                         映画製作の裏側の厳しくもやりがいのある世界を学ぶことになる。      DSC04495.JPG                                     映画好きが読むには最適な本でした。                                        根元の会社・京楽エージェンシーの社長・丹波が大学の同級生で                                  出版社・四葉社に勤める友人から映画製作の話を持ちかけられる。                                         四葉社は中堅だが最近ヒットを連発していた。                                             原作は大ベストセラーの「永久の大地」だった。                                           京楽は映画製作でアニメは手掛けていたが実写経験がなかった。                                  作品の舞台は北海道。                                                       地元の有力企業を製作委員会に招致し京楽が幹事会社になり、                                      作品全体を牽引するすることになった。                                          配給は日本の大手映画会社の一角・帝国映画に決まった。                                             ところが映画製作というのは大枠が決まっても簡単に先に進まなかった。                               原作者が変人、原作のイメージにあった役者探し、製作費は当初の金額を                   大幅にオーバーするという現実、カメラマンの負傷など問題続出の                       スタートとなった。                                                目次の構成は「シーン1準備稿」「シーン2座組み」「シーン3決定稿」                  「シーン4ロケハン」「シーン5クランクイン」となっているが                     シーン5のラスト7ページで読者はあれれれと騙されたことに気づく                              というお楽しみが待っている。


共通テーマ: