So-net無料ブログ作成

レンタルDVDで映画を楽しむ「無限の住人」

mugen.jpg                                 顔に大きな傷を持ち異形の武器を携えた独眼の男                                  男の名は万次                                   妹を失って半世紀、生きる糧を失いただ生きていた              DSC04433.JPG                                両親を殺され復讐を誓う少女・凛はある日、謎の老婆から”不死身の侍”の                              存在を耳にする。江戸中を探し回り、ようやく見つけたその男の名は万次。                                どこか妹の面影を残す凛の願いを受け、万次は敵討ちを手伝うことになる。                              二人の狙いは、逸刀流統主・天津影久。幕府も手を焼く、ならず者が集う                               最強の剣客集団の首領でもある。                                     立ちはだかる刺客との激戦で不死身のはずの身体に異変を感じ始める万次。                                 しかし、凛と出会い生きる目的を見出した彼は全てを懸けて凜を守ると決意する。                               ようや天津のもとにたどり着いた二人。                                       しかし、そこには彼らと同じく天津を追っていた300人の幕府軍の姿が。                             天津もろとも二人に襲いかかる幕府軍。                                      そして、物語は意外な結末へー。                                          (公式サイトストーリーより抜粋)                                  ストーリーとしては単純で斬って斬って斬りまくるという内容だった。                            同じような映画が過去にもあったので、まぁこんなものかということです。                  ツタヤレンタルDVD


共通テーマ:映画

2017.12.4 年賀状の裏面を考える

001.JPG 004.JPG                              夫婦共々風邪みたいでだるい                                                           無理をしないで過ごすことにした。                                                         予定していた鎌倉山「らん亭」での紅葉見物も中止にした。                                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                             また、のどが痛い。細君は鼻がバカになっていた。                                              月曜日は新聞と雑誌のごみ捨てから始めた。                                              朝食をつくり朝ドラを観ながら食べて、新聞を読んだ。                               001hhh.JPGkohi.JPGwarote.jpg                             リビングで年賀状の裏面を考えた。                                                      市松模様の背景、戌は立体的にしたいと思っている。                                            1枚は、市松模様の戌を発泡スチロールでつくった。                                                 背景も戌にした。                                                                   もう1枚は市松模様の背景で戌をどう立体的にしようか考えて作業を終了した。                                           こんな日はスグに昼食の時間になってしまう。塩ラーメンを食べた。                         sio.JPG                                                          午後は、夫婦で昼寝。風邪薬も飲んだ。                                           hirune2.jpg

15時過ぎにアマゾンからの届け物で目覚め、細君とお茶にした。                                        お茶の後は読書で過ごした。                                                            冬子という女性の数奇な運命の物語。                                         huyuko.jpg                                                            ホットウィスキーで晩酌し、夕食はハリハリ鍋を食べた。                               DSC03576.JPGDSC03577.JPG                                  NHKの番組モニターに応募した。                  CIMG0643.JPG                                         家族に乾杯を観て、ニュースを観て、風呂に入り、白湯を飲んで、                    ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。


共通テーマ:日記・雑感

読書を楽しむ「川村元気 世界から猫が消えたなら」

CIMG0676.JPG                                  30歳の郵便配達員の僕は風邪をこじらせ                                       病院へ行ったら脳腫瘍と言われた                                    余命は長くて半年                                         愛猫のキャベツと2人暮らし                                         アパートに帰り目覚めた後で突然自分と同じ姿をした悪魔が現れた。                                      悪魔が言いました「あなたの寿命を延ばすことができます」と。                                     「世界からひとつだけ何かを消す。                                        その代わりに1日の命を得ることができるんです」と。                    
月曜日に悪魔がやってきて、火曜日に電話を消し、水曜日に映画を消し、                                木曜日に時計を消し、金曜日に猫を消し、土曜日に自分を消す。                                     ところが何かを消すと、大切な人たちとの思い出も一緒に消えて                                    しまうことになり・・・。                                          僕は途方に暮れる?                                             死に向き合った本というのも物事を考える上では必要なものです。                            


共通テーマ: