So-net無料ブログ作成
2017年10月| 2017年11月 |- ブログトップ
前の10件 | -

チラシで観るロードショー映画「覆面系ノイズ/かいけつゾロリ」

016.JPG                                               公開日2017.11.25(土)       017.JPG 020.JPG 021.JPG 029.JPG 018.JPG 019.JPG

2017.11.24 競馬ジャパンカップの検討をする

JC17.png                                                                        日曜日の競馬観戦をするためにじっくり検討をはじめました                                 競馬は推理ドラマと同じで謎解きの考え方は各人各様。                                                             競馬新聞を購入し検討する人もいれば、自分の目で馬の調子をパドックで                                        観察する人もいる。                                                                             会社を退職したら年に数回は競馬場へ足を運んで勝馬を推理するのも                                     頭の体操になります。                                                           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                              明日は孫の七五三で朝から出かけなければならない。                                            そして日曜日は競馬がある。                                                            朝は千きりキャベツと目玉焼きやベーコンなどの食材で朝食をつくり細君と食べた。             001hhh.JPG002.JPG                                                 朝ドラは観られなかった。                                                                  細君は今日はアルバイトの日で出かけるので私は新聞を読んでから散歩へ出た。009.JPG008.JPG 011.JPG015.JPG                            家に戻り、日曜日の競馬ジャパンカップの出馬表を見ながら検討をスタートさせた。                                         昼食は、近所のカフェでパンを購入した。                            labo.jpg                                             細君が戻ってきたので一緒にパンを食べた。                          034.JPG                                                     食後は、読書をした。                                                                    古美術でひと儲けをたくらむ男たちの騙しあいに容赦はない。                         bunbuku.jpg                                                                細君は美容院へ出かけた。                                                               読書後に競馬の検討をした。                                     016.JPG                                      晩酌の時間になり、ハリハリ鍋と一緒に日本酒を呑んだ。                      DSC04322.JPGDSC04417.JPGDSC04414.JPG              DSC04416.JPGDSC04412.JPGDSC04413.JPGDSC04415.JPG                              21時から日本映画を観て、風呂に入り、白湯を飲んで、ブログの更新をして、                                     ごきげんようおやすみなさい。                                 3tiyo.jpg

散歩を楽しむ「2017.11.24 紅葉日和」

012.JPG                                             寒気が離れ、絶好の紅葉日和です                      006.JPG                                          大混雑している紅葉の名所より、ひとがまばらな公園で紅葉を                                                 楽しむことが風流です。                               002.JPG004.JPG 005.JPG007.JPG 015.JPGkawa.JPG                            散歩の成果                                                                 032.JPG

旅行を楽しむ「2017.11.21-22 女城主直虎ゆかりの地と東海の名城巡り」②

CIMG0292.JPG CIMG0354.JPG                               本年度の結婚記念日旅行は昨年同様NHKの                                            大河ドラマの地を巡ることになった                                  1日目は浜松市気賀へ、2日目は掛川へ                                   旅の2日目は、朝風呂からはじまり、缶ビールを飲んでいい夫婦の日のスタートです。CIMG0333.JPG                                          朝食後に浜まで散歩。宿周辺は東急のリゾート地でした。CIMG0334.JPG CIMG0338.JPG                            宿の車で最寄りの駅まで送ってもらいました。                CIMG0342.JPG                                 車窓から鳥を見つけました。              CIMG0343.JPG CIMG0344.JPG   CIMG0347.JPGCIMG0350.JPG                       天竜川。                                 CIMG0348.JPG                                        約100分で掛川駅に到着です。                                            弱い雨が降っていたので散歩しながら掛川城へ。             CIMG0351.JPG                       DSC04399.JPG                                         石段がたくさんありしんどい。                         CIMG0352.JPGCIMG0356.JPG                           当時は難攻不落の城という感じです。                CIMG0360.JPG                             掛川城御殿へ。                             CIMG0366.JPGCIMG0358.JPG                     CIMG0361.JPG CIMG0365.JPG                              昼食は、お城の近くの釜めし屋で食べました。               nanohana.jpg                                     釜めしができるまで20分かかり熱燗を飲んで待ちました。                               食後にタクシーを呼んでもらい掛川花鳥園へ。             CIMG0422.JPG             CIMG0424.JPG DSC04400.JPG             CIMG0367.JPGCIMG0370.JPG CIMG0373.JPGCIMG0374.JPG   CIMG0387.JPGCIMG0388.JPG  CIMG0393.JPGCIMG0418.JPG CIMG0398.JPGCIMG0401.JPG  CIMG0406.JPGCIMG0369.JPG                                    タクシーで掛川駅に戻り、掛川茶を購入し15時半のこだまで小田原へ。CIMG0425.JPG 007.JPG                                     結婚記念日といい夫婦の日は今年も楽しく終了しました。DSC04395.JPG            

信じる者は外れる「17ジャパンカップ」

JC.jpg                                         

■11/24の考察                                             ①GⅠヘッドライン                                        「りという名の軌跡が世界の頂点まで輝いている」                                ※軌跡=黄赤=5枠3枠                                        ※りから始まるGⅠヘッドライン2009年フェブラリーS「誇りを刻む信念の一路、砂塵の彼方から王者が突き抜ける」/2010年天皇賞(春)「誇り高き勇姿を示せ、伝統の物語に新たな1ページが刻まれる」/2009年は枠連8-7、2010年は枠連6-8で「8枠」連対か?                               ②レーシングプログラム「名馬の肖像」から                                 11月のGⅠレースは名馬の肖像で紹介された馬のレースの中止馬や                                      取消馬の枠が連対している。                                                エリザベス女王杯はリトルアマポーラが勝ったレースの中止馬が3枠で枠連:3-2                      マイルチャンピオンSはハットトリックが勝ったレースの取消馬が8枠で枠連:8-6               2017-17.jpg2017-18.jpg

■11/23の考察                                             ①11月のGⅠレーシングプログラムよりエリザベス女王杯は帽子の色「黒」で枠連:3-2 / マイルCSは帽子の色「桃」で枠連:8-6  /ジャパンカップは?                                CIMG0237.JPG  CIMG0238.JPG                            ②17頭立てのジャパンカップは1番人気が連対中                               2008年1番人気2着/2012年1番人気2着 /                                       2013年1番人気1着/2016年1番人気1着                                                                             

■11/22の考察                                             ①レーシングプログラムより                016.JPG                        3つの3年分のレーシングプログラムに共通もの「ワン」                           2014年京都競馬11R1枠「ナリタスーパーワン」                                                   2015年京都競馬9R7枠「ワントウワン」                                     2016年京都競馬4R1枠「エースワン」                                            3つの「ワン」に共通していることは、同日のジャパンカップで                                 「ワン」の枠が連対している。

■11/20の考察                                             ①GⅠヘッドラインより
2010年「他を寄せつけぬ天の才、英雄が世界にその名を轟かす」
※天=賦の中に武の文字=1着 武騎乗 ローズキングダム
2011年「最高の興奮と感動、日本から世界へ届ける夢がある」
日本=旗の色=赤と白 ジャパンカップ枠連:1-8
2012年「世界へ届けたい驚異強の称号は東京で授けられる」
驚異=香異 最強=最香 東京=東香 香車=将棋の順番の
端と端=8枠 ジャパンカップ枠連:8-8
2013年「世界の頂点に喝采、最強を決するの軌跡を追え」
=4の字含む=4枠  ジャパンカップ枠連:4-5 
2014年「頂点をめた勇者の夢舞台、今こそ世界に威厳を示せ」
=ごく=黒=2枠 ジャパンカップ枠連:2-1
2015年「威風堂々たる君臨、屈強な王者が世界の頂点に立つ」
王者=王=13=7枠 ジャパンカップ枠連:7-3                                                2016年「東京から世界へ衝撃、最強の覇者が時代を告げる」
東京/最強=香車=将棋の駒=盤の両端に置かれる=1枠/8枠
=辰(しん)/申(しん)=5枠/1枠
時代=時橙=橙=7枠
告=こく=黒=2枠 ジャパンカップ枠連:1-6

チラシで観るロードショー映画「ジャスティス・リーグ/火花」

CIMG0428.JPG                        公開日 2017.11.23(木)      CIMG0432.JPG CIMG0426.JPG CIMG0427.JPG CIMG0430.JPG CIMG0431.JPG

ケーブルTVで映画を楽しむ「The Cobbler 靴職人と魔法のミシン」

kutu.jpg                      ニューヨークの片隅で靴修理店を営む サエない男に                                 訪れた奇跡                                                        それは、恋も冒険もすっかりあきらめていた                                     平凡な靴職人が”魔法のミシン”の力を借りて                                              新しい自分を再発見!?                                           ニューヨークの下町で代々続く小さな靴修理店を営むマックスは、                                単調な毎日をはてしなくリピートするように生きてきた中年男。                                       ある日、愛用のミシンが故障し、先祖伝来の旧式ミシンで仕上げた                                       靴を試し履きした彼は、鏡を覗き込んでびっくり仰天。                                               何と自分とは似ても似つかぬその靴の持主に変身していたのだ!                                          かくして”魔法のミシン”を手に入れたマックスは、世代も人種も異なる                                                              他人の人生を疑似体験し、かってない刺激的で痛快な日々を満喫 していく。                                  やがて、ちょっとした親孝行をきっかけに相次ぐトラブルに見舞われた                                         マックスの行く手には、本当に人生が一変するほどの大事件が                                                            待っていた・・・・・。                                                     (チラシより抜粋)                                                 楽しい映画で、父親の有難みが分かる映画でした。                                                我が家にも”魔法のXX”があればいいなと思います。                                    ムービープラス

2017.11.23 勤労感謝はお疲れ休み

CIMG0321.JPG                                     若くないので長い時間電車に乗ったりすると翌日は疲れがでます                            本日は勤労感謝の日で無理せずに1日を過ごしました

今週はまだ七五三とジャパンカップがあり、土日にお出かけしなければなりません。                              朝、外は雨が降っていました。いつも通りに朝食をつくりました。                                          002.JPG kohi.JPG                                     朝ドラがはじまっても細君は起きてきませんでした。                                                  昨日の掛川城の石段が響いたのかも知れません。                                    warote.jpg                                                            新聞を読んでから旅行のブログの下書きを午前中しました。                                                写真も整理したので時間を要しました。                                         CIMG0285.JPGCIMG0359.JPGCIMG0375.JPG                                   旅行カバンが宅急便で届いた。                                        001.JPG002.JPG003.JPG                      昼食は細君がナポリタンをつくりふたりで食べた。                                                午後は青空も見えた。                                                            わたしはお疲れで昼寝をした。                                          hirune2.jpg                                                          目が覚めたら細君から買い物に行くと言われ出かけた。                                ono.jpg                                                            ツタヤからレンタルDVDが届いた。                                004.JPG                                                    晩酌して、鉄火丼を食べた。                                 006.JPG                                      1日はあっという間に過ぎて、ドクターXを観て、風呂に入り、                                      白湯を飲んで、ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。

                                              

旅行を楽しむ「2017.11.21-22 女城主直虎ゆかりの地と東海の名城巡り」①

CIMG0292.JPG CIMG0354.JPG                               本年度の結婚記念日旅行は昨年同様NHKの                                            大河ドラマの地を巡ることになった                                  1日目は浜松市気賀へ、2日目は掛川へ                                   旅の出発点は小田原駅。8:36発のこだま自由席に乗車し掛川駅へ。                                  ここから天竜浜名湖鉄道に揺られること約90分弱乗車し気賀駅へ。CIMG0286.JPG              CIMG0315.JPGCIMG0318.JPG                         気賀駅は無人駅で駅からタクシーを呼んで井伊家の菩提寺・龍潭寺へ。         CIMG0314.JPGCIMG0310.JPG            DSC04398.JPG           DSC04394.JPG                         山門から順路に従って散策です。                    CIMG0308.JPGCIMG0304.JPG                      本堂の中へ。                              CIMG0287.JPGCIMG0288.JPG CIMG0289.JPGCIMG0290.JPG  CIMG0293.JPGCIMG0291.JPG                        庭園は放送が流れ説明を聴くことができました。            CIMG0294.JPGCIMG0297.JPG CIMG0302.JPGCIMG0300.JPG CIMG0303.JPGCIMG0305.JPG                   紅葉を最後に鑑賞。                                                                 CIMG0307.JPG                                    昼食の時間になったので駐車場の前にあった食事処へ。          CIMG0309.JPGDSC04401.JPG                              食後は、井伊氏祖出生井戸を見学した。                      CIMG0311.JPGCIMG0313.JPG                                   また、タクシーを呼んで気賀駅へ。                                          駅前の大河ドラマ館へ。                    DSC04396.JPGDSC04397.JPG CIMG0316.JPG                                 気賀駅から天浜鉄道で東都築駅へ。                    CIMG0322.JPG                                          宿からの送迎バスがお出迎え。                      CIMG0340.JPG                               部屋から浜名湖が見えました。               CIMG0323.JPG                            風呂に入り、のんびりしてから夕食です。夕食は直虎会席で結婚記念祝い。               DSC04402.JPGCIMG0330.JPG                          部屋では三ケ日みかんを食べたりして過ごした。             CIMG0328.JPG                                    龍潭寺の名物みそまんや宿の茶菓子。                              CIMG0329.JPGCIMG0324.JPG                            やがて陽が沈み1日が終了。                         CIMG0326.JPG                                   44回目の結婚記念日は晴天にも恵まれ無事終了。

レンタルDVDで映画を楽しむ「LION/ライオン 25年目のただいま」

lion.jpg                 2012年、驚愕のニュースが世界を駆け回った                                        5歳の時にインドで迷子になり                                          養子としてオーストラリアで育った青年サルーが                                    GoogleEarthと出会い                                    25年ぶりに家を見つけだしたという実話                 014.JPG                                 オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。                                  しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。                                          インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来家族と行き別れたまま                                  オーストラリアへ養子に出されたのだ。                                            成人し自分が幸せな生活を送れば送るほど募るインドの家族への想い。                                    人生を取り戻し未来への一歩を踏み出すため、そして母と兄に、                                       あの日言えなかった”ただいま”を伝えるため、彼は遂に決意する。                                               「家を探し出すー」と。                                                (公式サイトストーリーより抜粋)                                       舞台は1986年のインドからはじまる。                                     兄弟が貨物列車から石炭を盗みその金で牛乳を買う。                          母親はこども3人を養うために夜も働いている。                                       サルーは兄と仕事を探しに行って駅で迷子になる。                                         ライオンの意味が解らなかったが映画の終わりで説明がある。                           ツタヤレンタルDVD

前の10件 | -
2017年10月|2017年11月 |- ブログトップ