So-net無料ブログ作成
2017年09月| 2017年10月 |- ブログトップ
前の10件 | -

チラシで観るロードショー映画「アトミック・ブロンド」

009.JPG                                             公開日2017.10.20(金)                 010.JPG 011.JPG


共通テーマ:映画

2017.10.19 疲れは目に見えないから休息は必要

025.JPG                                                   目に見えない疲れがある                                                              見た目元気でも身体がだるかったりする                                                          そんなときは無理せず休息する                                                             暑かったり、寒かったり、1日の気温差が10度以上あったり、このところの                                             気温も極端だ。                                                                     昨日からホットカーペットを出して使用しているがエアコンも入れないと                                               部屋が暖まらない。                                                             ・・・・・・・・・・・・・・・                                                               昨日はお天道様を拝めたが、今日はまた朝から雨で日光は雪だった。             003a.JPG                                                        朝食は温野菜サラダにした。朝ドラを観ながら食べた。                               kohi.JPG warote.jpg                                                   新聞を読んでからメジャーリーグヤンキースの試合を観た。                                           細君はアルバイトへ出かけた。                                                              ヤンキースは田中が投げて勝った。                                                     今日は、テレビで過ごすことにした。                                                     レンタルDVDを新しいTVで観た。                                  001.JPG                                                                    誘拐された3人の女子高生と誘拐した23人格の男。新しい視点での映画は                                            予測不可能で楽しく観ました。                                                               昼食は、けんちんうどんのつくりかたをネットで調べてつくった。                                                 細君は買い物をして雨の中を帰ってきた。                                                  けんちんうどんをふたりで食べた。                               001.JPG                                                          サスペンスドラマ「金沢能登殺人周遊」をBSで観て、地上波で「科捜研の女」                                            「ドクターX」「ニュース」を観た。                                                                14時半頃、細君がカタログハウスに頼んでいた衣類乾燥除湿機が届いた。                                          雨の日の部屋干しには必要です。                              002.JPG                                                 15時にはポテトチップスでお茶した。                                                       晩酌はホットウィスキーを飲んだ。                                                         夜もTVで過ごした。「科捜研の女」と「ドクターX」を観た。                                                   ときには、自分からなにもしないという過ごし方も必要だ。                               ぐうたらともいうが休息ともいう。                                                   今日は5歳の孫の誕生日でもありプレゼントへのお礼の電話があった。                                     22時過ぎに風呂に入り、ポカリを飲んで、ブログの更新をして、                                      ごきげんようおやすみなさい。                                           年齢とともにいろいろなことが分かって来る。                                         見た目が若くても疲れているときは休息だ。


共通テーマ:日記・雑感

信じる者は外れる「17菊花賞」

kiku17.jpg                                                                                                                                                        ■10/19の考察                                                                     ①GⅠヘッドライン「咲き誇る菊に誓う、屈強なる世代の夢を語り継ぐ」                                         ※「屈強」=屈香=香車=将棋の端と端で1枠8枠/「世代」=世橙=橙=7枠                                           ②菊花賞の連対馬                                                                        2011年から2016年の連対馬は、前3走のレースが神戸新聞またはセントライトー日本ダービーー皐月賞                                                                        ※該当馬⑯アルアイン/⑮ダンビュライト/⑱マイスタイル/④クリンチャー                   ③開催日が10/22の2000年以降の菊花賞2000年枠連:7-7-1/2006年枠連:8-7-3              ④開催日が10/22の2000年以降の菊花賞2000年馬人気:2-3-8/2006年馬人気:8-2-3                              ■10/18の考察
①GⅠヘッドラインより連対枠を探す
2010年「選ばれし世代の勇者として、栄光の頂へと今登りつめる」
勇者=雄=馬主:谷水雄三=3枠  菊花賞:枠連:3-5
2011年「若き実力者の真価、菊咲く王道にこそ偉業は語られる」
王道=王=キング=13=7枠  菊花賞:枠連:7-7
2012年「長距離に刻む矜持、菊一冠に世代の頂点が決する」
一冠=馬主:小林栄一=1枠 菊花賞:枠連:1-8
2013年「歴代に誓う信念、揺るがぬ実力だけが菊を咲かす」
歴代=歴泰=7枠⑭池江泰寿 菊花賞:枠連:2-7
2014年「憧憬の菊冠に専心、若き実力者の覇道にその名を刻む
刻む=刻=こく=黒=2枠 菊花賞:枠連:1-2
2015年「菊咲く夢の王道、若者のすべての想いを古都にみ込む」
=こく=黒=2枠 菊花賞:枠連:2-6                                               2016年「信念が咲かせる菊舞、夢に続く坂を逞しく越えて行け」
=台=池江泰寿(2枠)=泰=台 菊花賞:枠連:2-6 

②皐月賞・日本ダービーとのつながり?
2016年 皐月賞:枠連:8-2-6 日本ダービー:枠連:2-4-1 ※2枠が連対                                    2017年 皐月賞:枠連:6-4-5 日本ダービー:枠連:6-2-8 ※6枠が連対か?


共通テーマ:競馬

BSで映画を楽しむ「ブラッド・ダイヤモンド」

BSpu.jpg                                                             1つのダイヤ、3つの願い、そして100カラットのピンクダイヤモンド                               ひとりの男がそれを隠したことから、衝撃の物語の幕は開けた・・・                      地中から掘り起こされ,人の手に触れたとたん、そこに群がる人間のあらゆる                             感情を吸い込むかのようにうごめきだすダイヤモンドという貴石。                                            3人の男女を引き寄せたのは、めったに産出されることはないという                                 巨大なピンク・ダイヤモンド。                                    彼らはそのダイヤに、それぞれの別の輝きを見たー。                                 3人のひとりはダイヤの密売人。                                           彼にとって、ダイヤは荒れた大陸から抜け出すためのチケット。                         もうひとりは闇ダイヤの採掘場に強制的に連れてこられた愚直な漁師。                                          偶然見つけ、人知れず地中に隠した巨大ダイヤは、彼にとって、                                       引き離された家族を奪還するためのなけなしの切り札。                                  そして、最後のひとりはアメリカからやってきた女性ジャーナリスト。                                  彼女にとってそれは、どうしても暴かなければならない、ダイヤの裏に                    広がる果てしない”闇”の動かぬ証拠。                                    1つのダイヤに託された、まったく違う3つの望み。                                      舞台は、狂気と混乱が支配する内戦下のアフリカ。                                           隠されたダイヤにたどり着くためには、一寸先もわからない地獄のような                                  行程を突き進まなければならない。                                     ダイヤが約束する未来を、最後に手にすることができるのは誰なのか?                         (チラシより抜粋)                                                  時代背景は、1990年代の後半。
内戦シーンからはじまり虐殺シーンが延々と続きます。
逃げ惑うひとたちを容赦なく撃つ反乱軍の兵士。                                                ダイヤ巡る争いと漁師の家族が離れ離れになり、息子は反乱軍の兵士に
されて親も殺そうとするような人間にならざるを得ない狂気と混乱の世界                                  が描かれています。                                          BSプレミアム


共通テーマ:映画

2017.10.18 晴れた日は忙しい

005.JPG                                               家の中に閉じこもっていたような1週間だったので                                                    青空が見えたことはなんともうれしい                                               細君は洗濯や布団干しに精を出し、わたしは散歩がやっとできるようになった。                                              エアコンは必要なく、過ごすには丁度良い1日になりました。                                        ・・・・・・・・・・・・・・                                                                お天道様が出るとうれしくなる。                            002.JPG                                                     朝食をつくり、朝ドラを見て、新聞を読んで、選挙公報に目を通して、                                          散歩へ行きました。                                                                                                                                              朝食の一品は細君から借りた本の中のサラダをつくった。                                          001.JPG 031.JPG warote.jpg            007.JPG015.JPG021.JPG                                            コンビニに寄ったら肉マンがあったので購入した。                                                 家に戻ったら、細君は窓を開け放して掃除の最中だった。                                                終わった後でお茶した。                                         032.JPG                                                         お茶した後で、買い物へ出た。                                                  ono.jpg                                                                    昼食は、カツ丼を購入し細君と食べました。                                029.JPG                                                      昨日の読書の続きを読んで完読。                                                             期待した老後資金がなくなったらどうするか、解決策は書かれていませんでした。                rougo.jpg                                                                 昼寝をして、17時から自冶会の打ち合わせに出た。                                       hirune2.jpg                                                                    晩酌はワインを飲んだ。                                               006.JPG                                                              夕食は、大根、ごぼう、里芋などでトン汁を細君がつくり食べた。                     030.JPG034.JPG033.JPG                                     デザートはみかんを食べて、ガッテンでほこりの仕組みを知り、ホットカーペットを                                     出してリビングに設置し、相棒を観て、白湯を飲んで、風呂に入り、                                    ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。                                       明日はかなり寒くなりそうで雨も降る。風邪をひかないようにしなければならない。


共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2017.10.18 お天道様を浴びて」

020.JPG                                         ずっと散歩をしていなかった                                            やっと、つかの間のお天道様を浴びることができた  018.JPG                                           長雨が一休みしたおかげで歩くことができました。                                            ここ1週間は散歩をしていませんでしたのでうれしい限りです。               008.JPG 016.JPG 017.JPG 022.JPG 023.JPG 027.JPG                          散歩の成果                                                       028.JPG


共通テーマ:趣味・カルチャー

地上波で映画を楽しむ「信長協奏曲」

016.JPG

織田信長が実は現代から
タイムスリップした高校生だったら?
歴史音痴の高校生・サブローが、タイムスリップ
したのは、戦国の世!
そこで出会ったのは、自分と同じ顔をした織田信長!?
裏切り、陰謀、暗殺が渦巻く戦国時代。
はじめは逃げ腰だったサブローだが、妻・妻帰蝶や家臣たちとの交流を通じて
平和な時代を築きたいという思いが彼の中に芽生えていく。
そんな中、帰蝶、家臣、池田恒興、羽柴秀吉は、サブローが本物の信長と入れ替
わっていて、サブロー信長に仕える明智光秀こそが本物の信長であることを知り
動揺する。
一方、家臣や友を戦で亡くし悲しみに暮れるサブローは、信長であることをやめ
城を出ようとするが、そこには恒興の姿が、本物の信長でなくても、サブローと
共に平和な世を作りたいと願う仲間たちと共にサブローは再び信長として天下統一
を目指すことを決意するのだった。
果たしてサブローは織田信長の歴史を変え、彼の望む平和な国を築くことができる
のか!?
(チラシより抜粋)
歴史を知っているとこのサブローという男は本能寺の変までは生きているだろうと
予想できるが秀吉が光秀を倒したときのポジションが不明で最後まで観た。
そして、納得した。
歴史という物は、見方を変えるとそれはそれでおもしろい。
フジTV


共通テーマ:映画

2017.10.17 老後の資金がありません

DSC03793.JPG                                                                       読書の秋を思い出した                                                                外は、今日も雨だし                                                                    午前に来客があるし                                                                            買い物は雨が上る午後しかない                                                          ということで読書をはじめた                                                       夫が57歳の家族の老後の心配の物語です。                                                                    夫は中堅の建設会社に勤めていた。                                                       現在57歳。定年まで残り3年。妻はパートで働いている。                                                        長男は大学4年生で、長女は28歳でアルバイトをしていた。                                                住宅ローンは残り2年で、貯金は1200万円あった。                                             夫の両親への仕送りを月9万円していた。                                                               この家族が娘の結婚費用500万や夫の父親の葬儀で400万を使ってしまった。                                        更に夫が会社の不景気で解雇され、退職金もでず、妻も雇用契約を打ち切られ、                                        今後の人生を考えなければならなくなった。                                           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                 選挙の話も秋の長雨のせいで身近では感じられない。                                             朝、TVをつけたときに政見放送を見ているくらい。                                                            本日の朝食は、食パンとレタスとベーコンとゆでたまごとコーヒーとバナナを用意した。                001hhh.JPG kohi.JPG                                          朝ドラを観ることもできた。                                             warote.jpg                                                            新聞を読んでから読書をはじめた。                                                      老後の資金がない夫婦がどう生きていくのかという興味から読み始めた。                    rougo.jpg                                                                             11時近くにケーブルTVの業者がチューナーの交換に来るはずだったが                                          チューナーを持参せずにやってきた。                                                                    担当者は、チューナーの交換という指示を受けていなかったことが電話連絡で判明し、                                   再度会社まで取りに出かけた。業者が戻るまで、読書をお休みして海外ドラマを観た。           5.jpg                                                             1時間後、業者が戻ってきてケーブルTVのチューナー交換を行なった。            DSC03789.JPG                                               リモコンも新しくなった。                                         DSC03790.JPG                                                               チューナーを交換したこととTVを新しくしたことで画像がすばらしくきれいになった。                                         昼食は、近所のカフェでパンを購入し食べた。                          pan.jpg                                                     細君と買い物へ出た。                                          ono.jpg                                                       家の戻り、読書の続きをはじめた。                                                         晩酌はワインを飲んだ。夕食はキーマカレーを食べた。                       ki-ma.JPG                                                           食後は、デザートでみかんを食べ読書を続けた。                        DSC03791.JPG                                           21時からケーブルTVで映画を観た。                                       おなじみのワイルドスピードシリーズ。何回観ても楽しい。              max.jpg                                         風呂に入り、白湯を飲んで、ブログの更新をして、                                           ごきげんようおやすみなさい。                                         老後は資金のないひとにとってはお先真っ暗な世界だ。                                    


共通テーマ:日記・雑感

読書を楽しむ「海堂 尊 ガンコロリン」

002.JPG                                      飲むだけでガンを抑制できる夢の予防薬ができた                                       開発したのは北海道にある極北大学薬学部・倉田研                                   極北大学の倉田教授が飲むだけでガンを抑制できる新薬を発見した。                                     ガンの特効薬だから「ガンコロリン」と名前がつけられた。                                       サンザシ薬品の創薬開発部では木下部長が悩んでいた。                                 彼は営業上がりにも関わらず開発部門のトップに祭り上げられた。                                          新薬を作り出す研究部門だが画期的な新薬などできるはずもなく、                                       これまでも独創的な新薬が出たらコピーし売り出していた。                                                   社長が変わり、画期的な薬を開発せよとの命令が出た。                                  木下は新薬を開発している大学の研究室とタイアップすることにした。                                    そして、3ケ所の研究協力大学が選定された。                                          1年が過ぎ、極北大学倉田教授から画期的な薬を開発したとの報告を受けた。                                  これまでの抗がん剤はガンにかかったひとしか買わなかったが、                                 ガンコロリンはガンにかかってないひとの予防薬にもなる大衆薬だった。                                 年が明け、サンザシ薬品は独立行政法人国際薬事審議会へ新薬「ガンコロリン」                           の薬事申請をした。                                                                日本医師会薬事検討委員会では「ガンコロリン対策委員会」を設け、                                      薬が発売されると外科手術が激減となり、医療費の削減がされることに                                  懸念を示していた。                                                        しかし、ガンコロリンは認可されサンザシ薬品はガンコロリン本舗へ                                          社名変更するほどの売上となった。                                             発売から7年後に倉田教授はノーベル生理学・医学賞を受賞した。                      日本の医療構造も変化した。外科医が医療の王様から脱落した。                                       20世紀後半、死因の1位だったガンはガンコロリンの登場で死因順位が下位になった。                                             これでめでたしめでたしと思いきや物語には続きがあった。                                ひとはなぜ病気になるのか?と考えるひとがいた。                                              それは、ひとが死ぬべき生き物だからと考えた。                                   そうするとどうなるのか?                                      ガンコロリンが効かないガンが出現するということになる。                                              出現したときには20年の歳月が過ぎているので外科医は絶滅して皆無に近く、                      患者は爆発的に増えるため、やがて人類は滅亡する。                          ウィルスでも同じように、いつかは新種が現れて、これまでのワクチンが                                          効かなくなるというイタチゴッコをしている。                                                     長寿社会になりつつあるが、このような物語を読むと薬は効き目が切れると                              いう弱点があり、長生きはしたいがひとは死ぬという運命にあり、                           強力な病原菌がこれから出現しないとも言えず、考えさせられる短編でした。


共通テーマ:

地上波で映画を楽しむ「デイ・アフター・トゥモロー」

 DSC03788.JPG                      それは突然やってきた                                               動物たちが異常な行動をとりはじめた                                       地球温暖化で南極の氷が解け出した                                              そして、地球に氷河期がやってくる                                            二酸化炭素の大量排出に伴う地球温暖化が深刻化するなか、地球は確実に                                    崩壊へのシナリオをたどっていた。                                                    古代気象学者のエイドリアン・ホール教授は、自らの調査結果をもとに                                     いち早く地球規模での危機を察知していた。                                                 その4ケ月後、東京、LAなど世界各地で予想しえなかった異常気象が発生。                              彼の仮説が確信へと変わった。                                                    ニューヨークは暴風により街が水没し始め、ロサンゼルスでは巨大な竜巻が                                 街を襲う。                                                               東京はすでに壊滅状態にあり、世界経済も崩壊。                                             地球全体が温度を下げ始め、地表においても生命あるものが瞬時に凍りつく                                    絶対零度の世界になりつつあった・・・。                                              (チラシより抜粋)                                             地球の温暖化が進むと各地で異常気象が発生し、巨大な寒冷低気圧を発生 させ、                                氷河期が訪れる。                                                               南極の氷が解け始め、東京に大きなヒョウが降り、イギリスでは気温が氷点下                                180℃になり空軍のヘリがエンジンとオイルの凍結で墜落し、LAでは竜巻が                                       発生し、NYは豪雨と高潮で大洪水になり高層ビルを巨大なタンカーが                        横切って いった。                                                        そして、NYも異常な気温の低下に見舞われて上から下へと氷が張っていった。                                  人知を超えた災害に立ち向かう愛と勇気と感動の物語は秋の長雨の季節にぴったりです。                 日本テレビ


共通テーマ:映画
前の10件 | -
2017年09月|2017年10月 |- ブログトップ