So-net無料ブログ作成
検索選択

ケーブルTVで映画を楽しむ「フランス映画 アデル ファラオと復活の秘薬」

007.JPG                                   インディジョーンズの女性版でフランス映画
主人公はアデル 職業はジャーナリスト
妹とテニスをしていたときに妹が髪止めにしていたピンが外れ、
妹が倒れた瞬間にピンが頭の後ろから額に向けて突き刺さり
アデルは、この妹の命を復活させるためにエジプトへ行き
王家の谷のファラオの医者のミイラを探しに行き、見つけます。
しかし、アデルの宿敵の科学者デュールヴーが現れてアデルは掴まりますが
機転を利かせてミイラの棺と一緒に脱出します。
棺は、パリのアデルの家に運ばれます。
同じ頃、パリではひとりの教授エスペランデューが死者を甦らせる
儀式をしていて博物館に展示していた古代翼鳥(怪鳥)のたまごを
甦らせてしまいます。
この怪鳥に車に乗った3人が襲われセーヌ河に車が落ちて亡くなります。
アデルは、教授エスペランデューにミイラを甦らせてもらい妹を救おうと考えますが
博物館から逃げた怪鳥が教授の家に匿われていたことが警察に知られ
教授は逮捕され死刑の判決を受けます。                                                         アデルは教授を刑務所から救い出そうと試みますが失敗ばかりします。
アデルは、怪鳥が隠れている場所を探し出し怪鳥の背に乗り、死刑が
執行される場所へ空から乗り込み教授を救い出します。
しかし、教授は政府に雇われたハンターによって怪鳥が撃たれると
連動して自分も撃たれたことになり瀕死の重傷状態になります。
アデルは教授を自宅に運び死者が復活する儀式を行います。
なんとか教授の死と引き換えにミイラを甦らせることができましたが
甦ったミイラは医者ではありませんでした。
このあと、すべてのカギはルーヴル美術館にあることに気づき、                                         アデルは駆けつけますが、そこでアデルを待っていたのはー。                                                    アデルは妹を救えるのか、こういう冒険もの映画は楽しい。                                                                           イマジカBS


共通テーマ:映画

2017.9.2 やってきた孫たち

k01.jpg                                            次男坊一家がお泊りにやってきた                                                  こどもがひとりでも小学生になると親も自由に動くことができない。                                   学校がはじまったがやっと土日を利用してやってきた。                                     ・・・・・・・                                                                               今朝も外は弱い雨が降っています。気温もかなり低い。                                                     上着は長袖を着るようにしました。                                                                    土曜日は近所のカフェで8時半よりモーニングがあるので朝食当番はお休みです。                              朝ドラを観てからカフェへ。                                               hiyoko.jpg                                                                        いつ行ってもオープンした時以外はひとがいません。                005.JPG                                                      150円を支払うとモーニングが出てきます。                      006.JPG                                                           食事の後は、読書で過ごし、昼近くに買い物へ出た。                                         hinan.jpg                                                                         震災の避難所というところは、ないよりましだがいろいろ課題が                                                 あることを知りました。我慢を強いられることが多いと言うことです。                                     ono.jpg                                                                        久々に次男坊家族が来るので細君は食べさせたいものをいろいろ購入した。                                            青空が顔を出した。                                          DSC02920.JPG                                                        昼食は先日の残り物のパスタとおにぎりを食べた。                                     DSC02918.JPGDSC02919.JPG                                                                  15時半過ぎに家族で孫たちがタクシーでやってきた。                         010.JPG                                                       今日は兄貴が多少体調不良で熱があるみたいだ。                                              アイスを食べさせたり、おやつを上げたりして寿司の出前が届く                                    18時半まで過ごした。                                                                            18時くらいから宴会がはじまり、孫たちは別テーブルを用意して                                  夕食を食べさせた。                                                                             家族が実家を訪問すれば女親はいろいろな世話をする。                                         好きなだけ食べるものを用意し、飲ませ、満足させる。                                                           孫たちは20時には床についた。                                                                       孫たちのパパも先に子どもたちと一緒に風呂に入ったのでそのまま寝に入った。                              家族が会って大切なことは笑顔であること。これがあればそれで良しとする。                                                嫁さんと細君でTVを観て過ごし、嫁さんが風呂に入り、次に私が入り、最後に                                            細君が入り、冷たいお茶を飲んで、ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。


共通テーマ:日記・雑感