So-net無料ブログ作成

レンタルDVDで映画を楽しむ「海賊とよばれた男」

034.JPG                               日本人がおる限り、この国は必ず再び立ち上がるという物語                                  主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の                                     国岡鐡造は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の                                    販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が                                     立ち塞がり、行く手を阻んだ。
しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を                                       覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を                                           大切にするその愛情で、新たな道を切り拓いていった。
その鐡造の姿は、敗戦後の日本において、さらなる逆風にさらされても変わる                                    ことはなかった。
そしてついに、敗戦の悲嘆にくれる日本人に大きな衝撃を与える “事件”が                                    発生する。
石油メジャーから敵視され、圧倒的な包囲網により全ての石油輸入ルートを                                   封鎖された国岡鐡造が、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を、                                         秘密裏にイランに派遣するという“狂気”の行動に打って出たのだった。
イランの石油を直接輸入することは、イランを牛耳るイギリスを完全に敵に                                  回すこと。                                                                しかし、イギリスの圧力により貧困にあえぐイランの現状と自らを重ね合わせた                               鐡造は、店員の反対を押し切り、石油メジャーとの最大の戦いに臨む。
果たして、日承丸は英国艦隊の目をかいくぐり、無事に日本に帰還することが                                      できるのか?
そして、国岡鐡造は、なぜ“海賊”とよばれたのか?
その答えが、明らかになる―。                                                 (チラシより抜粋)                                                 本屋大賞受賞作の映画化。                                                     すでに本では読んでいるので映像化された作品が観たかった。                                   太っ腹な経営者と彼を信じた社員たちの物語は日本人に生まれてよかったと言わせる。                         現在は利益優先で内部留保に走る経営者ばかりで海賊とよばれるような男は出てこない。                          大胆な発想で困難を克服し、仲間は家族と考え見捨てないで、ライバルの挑発には                                屈せず、必ずやり返す。こういう気概も今は薄れてきた。                        ツタヤレンタルDVD


共通テーマ:映画

2017.8.8 台風の後に、高校野球

20708000_1577134325682091_6196277646387918346_n.jpg                                               台風が去ると空は海の青さと同じ色になる                                         暑い夏の過ごし方のひとつ高校野球がはじまった                                           毎日毎日の景色は違う。                                                                  台風で被害が出たところもあれば、運よく被害を免れたところもある。                                               また、新しい1日がはじまる。                                                                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                     朝食はレタスに千きりキャベツにゆで卵にベーコンプラスバナナとコーヒー。                       mo-ningu.JPG                                                              朝ドラは細君しか観られなかった。                                                          新聞を読んでから高校野球をTV観戦することにした。                                  natukou.png                                                                              空模様は10時過ぎまで曇り空で降水確率も高かったので細君は洗濯物を室内で                                        乾燥機で乾かすようにしてアルバイトへ行った。                                                            11時にカフェへ昼食のパンを買いに行ったら空は真夏の空になっていた。                                      家に戻り、洗濯物を外に出した。                                                            カエルも顔を出した。                                         kaeru.jpg                                                        細君が帰ってきてアイスコーヒーでパンを食べた。                              003.JPG                                                         第一試合から9回裏に逆転劇があり野球は最後まで終わってみなければわからない。                              第二試合は雨で中断しホームランが勝負の行方を決めた。                                                  第三試合は初出場同士で今日一番のお楽しみです。                                               期待通りの点の取り合いで延長サヨナラで楽しかった。                                         孫から遊びに行くよとはがきが能登から届いた。                     DSC02520.JPG                                            晩酌して、鳥釜めしを食べた。                                           016.JPG                                              食後は読書で過ごし、風呂に入り、水を飲んで、ブログの更新をして、                                 ごきげんようおやすみなさい。                                  toiki (2).jpg                                        寝苦しい夜になりそうです。                                            明日は映画館へ行こうを計画していますが猛暑でなければありがたい。


共通テーマ:日記・雑感

読書を楽しむ「柴田よしき 朝顔はまだ咲かない 小夏と秋の絵日記」

DSC02514.JPG                                                       高校一年のときから、ひきこもりとなったあたし、鏡田小夏                                                         あたしを訪ねてくるのは、親友の秋だけ                                                                   秋は、奔放なイマドキの女の子                                                                        今日も、恋の一部始終を報告にやってくる                                                                そう、ひきこもりのあたしにだって、恋にも将来についても悩みはある                                              そんな二人の女の子が遭遇した出来事                                                 (書籍紹介文より抜粋)                                                                               秋にボーイフレンドの俊雄ちゃんから電話があり、朝顔は夏に咲く花なのに、                                                 俊雄の姪っ子の小学校1年生の女の子ミカが咲かないってワンワン泣いていると                                  いっていた。夏休みに観察日記をつけるために学校から持ち帰ったものだった。                                        秋は会いに行って写真を撮影して戻ってきた。                                                         画面に映し出されていたのは朝顔ではなく、観賞植物のアイビーだった。                                                   家に持ち帰った後で誰かがミカちゃんが知らない間に朝顔の代わりにアイビーを                                        植えておいたのではとふたりは推理した。                                                       ミカちゃんは母親とふたり暮らしだったので母親がするはずはないと考えた。                                    秋は携帯で花言葉を調べた。                                                                             朝顔ははかない恋でアイビーは永遠の愛だった。                            gao.jpg ib.png                                                          このことから秋はミカちゃんのママを好きなストーカーがいて花言葉に気づいて                                   植え替えたのではと言った。                                                                          小夏は、ミカちゃんが学校から持ち帰った朝顔でないことにどうして                                                気づかなかったんだろうと考えた。                                                             咲かない朝顔の謎は奥が深く、その真相の先には離婚した父の存在があった。                                          夫婦は離婚してお互いがすっきりするがこどもがどう考えているかまでは                                              考えが及ばない。                                                                         こどもの気持ちを考えるときのひとつの参考になりました。


共通テーマ: