So-net無料ブログ作成
検索選択

チラシで観るロードショー映画「メアリと魔女の花」

014.JPG                                                  公開日 2107.7.8(土)                   015.JPG


共通テーマ:映画

チラシで観る映画「パイレーツ・オブ・カリビアンー生命の泉ー」

017.JPG018.JPG                          放映日 2017.7.8 フジテレビ 土曜プレミアム


共通テーマ:映画

2017.7.7 七夕と飲み会

004.JPGkanpai.png                         今日は元会社のOBとの飲み会を計画した                                        9人が参加することになった                                                            3月以来だから久々だ                                                            店が開店すればそこからスタートで精算は割り勘                                        ・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                              今日もいい天気だ。エアコンは室温が28度を越えるまで入れないことにしている。                                その間は、窓を開けて対応している。                                                            目玉焼きとベーコンとキャベツとロールパンの朝食を用意し、細君と食べる。                                      プラスコーヒーにバナナがつく。                                   007.JPG                                              月曜日に映画を観に行くことになった。                                      001.JPG013.JPG                                                    細君は体操に行かないで医者に行くと言った。腰が痛いらしい。                                                新聞を読んでから散歩へ行った。                                  016.JPG018.JPG011.JPG                                                              家に戻り、エアコンを入れて、近所のカフェに昼食のパンを買いに行って午前は終了。022.JPG                                                 ケーブルTVで映画を観ながら細君が戻るのを待った。                                end.jpg                                                              細君が買い物をして戻ってきた。                                                          アイスコーヒーでパンをレンタルDVDを観ながら食べた。                                                雪山を舞台にした話でおもしろかった。                           023.JPG                                             この後は、飲み会があるので昼寝をした。                                            16時半に家を出て4時間メンバーと過ごした。                                          1名急な用事で欠席となったが好きなだけ飲んで、食べて、しゃべって、                                      4時間楽しんだ。2013年からはじめて16回目の飲み会となった。                                 みんな元気でうれしい。                      DSC02035.JPG                               次回は10月にOB会が福島であるのでそれに便乗する予定だ。                                よさそうなホテルが用意されている。                           DSC02037.JPG                                               天の川は見られないが満月を見た。                      DSC02036.JPG                                           家に戻り、休憩してから風呂に入り、ポカリを飲んで、ブログの更新をして、                              ごきげんようおやすみなさい。


共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2017.7.7 日陰を歩いてくる」

020.JPG                                          公園には日陰の場所がたくさんある                                        そんな場所を歩いていれば散歩も楽しい                005.JPG                                       散歩するかしないかは本人の選択であり、強制ではない。                                             家にいれば足は弱ってくる、弱れば外に出られなくなる。                                          歩けることが一番と考える所以である。                           008.JPG009.JPG010.JPG017.JPG                          散歩の成果                                                             021.JPG


共通テーマ:趣味・カルチャー

読書を楽しむ「小路幸也 風とにわか雨と花」

003.JPG                                 お父さんお母さん離婚した                                                 お父さんは自分のわがままで作家になりたいから会社を辞めて離婚した                          そして、こどもたちとも離れて暮らすことにした                            こどもと別れなくても小説は書けるはずだが                              お父さんはわがままを貫き通すために何もかも自分で責任を取ると言った                            その代わりに、お父さんはわがまま以外の心は全部お母さんや                            こどもたちにあげると言った                                        岬家は4人家族だった。お父さんはカーディラーで営業の仕事をしていた。                            お母さんは岬えりかだったが津田えりかになった。                                       12歳の姉・風花と9歳の弟・天水も苗字が津田になった。                                  お母さんは別れた後、結婚する前にしていた設計の仕事を始めた。                                       風花と天水がお母さんに夏休みにお父さんの家に行って様子を見てきたいと                                言ったらお母さんはいいわよと言った。お父さんの家の前は海だった。                                  お父さんの家では3人でご飯をつくった。                                                   お父さんはこどもたちに「離婚したことを、わかんないことばかりだから、                                   やってみるかみないかを、自分で決めなきゃならないんだ」と言った。                            離婚した家族のひとりひとりの気持ちが前向きに描かれ、                                       家族がお互いを嫌いにならないで理解するという物語になっている。                          家族を持っているひとが読んだら出来すぎというかも知れない。                                  この作者はこういう家族を描きたかったんでと思えば済むことだ。                                        天水は、お母さんのところに戻る時にぜんぜん寂しくないと思った。                                    お父さんは家にいないだけでいつでも会える存在だから平気だと。                                     お母さんは離婚が憎み合ったり、喧嘩やDVで別れた訳じゃないので                                          不幸な家族じゃないと思っていた。                                                             むしろ自分ひとりで頑張らないでお父さんみたいに正直に寂しいときは                                       寂しいとこどもたちに言おうと考えていた。                                           遠く離れていてもお互いにお互いを思い合っている家族の物語はジンときます。


共通テーマ: