So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ
前の10件 | -

映画を楽しむ「Hummingbird ハミングバード」

baado.jpg                                       どん底の路上生活を送っていた男が手に入れたチャンス                             他人になりすまし、裏社会でのし上がっていく                               しかし、愛する者を奪われたとき甦る過去の過ち                                 それは、戦場で仲間5人を殺され、報復で5人を殺した                                  そのすべてをハミングバード(無人偵察機)に監視されていた                                                     ロンドンの下町でみじめなホームレス生活を送っている男ジョセフは、                                               かつて特殊部隊を率いる軍曹だったが、ある事件をきっかけに家族や                                             社会から距離を置いて暮らしていた。                                                                    そんなある日、彼が心を通わせていた少女イザベルがギャングに                                                     さらわれてしまい、反撃するが逆に袋叩きに遭う。                                                             逃亡した高級アパートで他人のカードを手にしたジョセフは、別の男に                                                   なりすまし、裏社会で力をつけていきながら、イザベルの行方を捜しはじめる。                                            (イマジカBSあらすじより抜粋)                                           脱走兵として過去から追われ他人になりすますが、また過去と同じような                                  過ちを犯す男の物語。昔の東映の任侠映画みたいな感じがした。                            イマジカBS


共通テーマ:映画

2017.7.25 土用の丑の日は夏バテ防止や疲労回復のために「丑湯」に入る

usiyu.jpg                                                丑の日にゆっくり風呂に入れば病気をしないといわれている                             今日は土用の丑の日                                                      何事も試してみたらよろしい                                                 ・・・・・・・・・・・・・                                                                      今日も暑い。散歩したり、昼寝したりして毎日過ごしている。                                        サラリーマンでないので日中は家にいる。                                                    細君はアルバイトがあると大汗をかきながら出かける。                                         朝食を食べる時には部屋も26℃くらいで快適だ。                                                レタスやオニオンやトマトにホットドッグで朝食を食べる。                                                細君は朝ドラを観ながら食べる。                                             001hhh.JPGkohi.JPGhiyoko.jpg 005.JPG                                         新聞を読んでから散歩へ出た。                                                          最近の新聞は本当のことを書いているのか疑わしい。                                                          言った言わないを記事にしているからだ。                             009.JPG003.JPG007.JPG                                                    散歩の帰りに図書館へ足を向けた。                                013.JPG014.JPG                          館内は冷房が効いていて散歩の後には助かります。                                                 じっくり読みたい本を借りた。                                019.JPG                                                          コンビニで昼食用にカルビ弁当を購入した。                            016.JPG                                                        大汗かいて家に戻り、冷たいタオルで身体を拭いて休憩した。                                         細君から電話があり膝のリハビリをして帰ると言われた。                                                13時近くに帰ってきたのでカルビ弁当を食べた。                                             午後は、睡魔に襲われ昼寝を16時までした。細君はTVを観ていた。                          hirune2.jpg                                                             細君とアイスを食べた。                                                    aisu.png                                                                   近所の酒屋で瓶ビールを購入し、細君と飲んで、うなぎを食べた。                     017.JPG                                               読書をして過ごし、丑湯に入り、ポカリを飲んで、ブログの更新をして、                                  ごきげんようおやすみなさい。                               sio.pngDSC02308.JPG


共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2017.7.25 セミ蝉蝉」

008.JPG                                               セミが目に入るようになりました                                                    夏本番ということでしょうか                          011.JPG012.JPG               打ち水や水車が涼を呼んでいます。                                  001.JPG002.JPG                                                セミの抜け殻もあちこちで見かけます。                               006.JPG010.JPG                                                散歩の成果                                                      015.JPG


共通テーマ:趣味・カルチャー

読書を楽しむ「相場英雄 鋼の綻び」

DSC02287.JPG                                 金融ヤクザが歌舞伎町で殺され、遺留品の中にメガバンク                                     証券コードを記したメモが見つかった                                      それは金融テロのはじまりだった                                             東日本大震災で原子炉を守るために                                         住民の非難を後回しにした復讐だった                                     新宿歌舞伎町の韓国クラブで金融ヤクザ殺害事件が発生した。                                   犯人はホストで痴情のもつれからの犯行だった。                                        被害者の遺留品の中にメガバンクの証券コードを記したメモが見つかったことを                                 新聞で読んだ首相秘書官の桐野は証券コードが殺人事件の動機に絡んでいたら                               どういうことが起こり得るか考えていた。                                              そして金融庁の監督局審議官の佐橋にメガバンクの経営状態を訪ねたが磐石だと                            言っていた。                                                         我が国の金融システムは鋼も同然だと佐橋は言った。                                           事件を担当した土田警部補は三谷警視から1ケ月前も歌舞伎町で政財界のVIP                                がお忍びで通っている会員制の店バーたまみのママ愛沢珠美が首を吊ったと言った。                                事件がもう1件発生した。                                                        佐橋審議官が宮古島観光へ夫妻で出かけ、ひとりで散歩に出た後で行方不明に                                    なったと桐野宛に連絡が入った。サメがいる海域でGPS情報が確認された。                           事件はやがて、金融ヤクザと高級官僚という接点のないふたりの死から                                   「金融」「株式」というキーワードを頼りに福島出身の裏社会に通じる経営                                   コンサルタント矢吹が浮上する。

鋼(金融システム)が綻びはじめた。                                                     及川首相が出席する東京証券取引所の大納会で、日本を代表する企業の株価が                               一斉に原因不明の大暴落を始めた。                                            警察庁出身の首相秘書官・桐野は何者かによる経済テロと断定。                                    元部下の警視庁刑事・土田とともに動き出す。                                       浮かび上がった犯人は原発事故の被災地・福島県と接点があった。                                    大暴落が刻々と進む中、犯行とフクシマの関連が濃くなってゆく―。                             (Bookデータベースより)                                      東日本大震災を事件の背景にして、官邸のミスで住民が被曝した。                          そのことで福島ひとびとは生活を激変させ悲劇が生まれた。                                     話の内容がリアルで暑い夏の日に涼しい部屋で読んでいても手に汗を握る。



共通テーマ:

映画を楽しむ「HITMAN ヒットマン」

hitman.jpg                             世界で最もナゾに包まれた諜報部に忠誠を誓った男                                     その宿命は、この世にはびこる悪を消し去ること                                      ところが男は、組織にハメられ復讐をはじめる                                                   孤児を集めてスキンヘッドの後頭部にバーコードのタトゥーを彫り暗殺者へと                                                訓練する、闇の組織に育てられた“エージェント47”。                                                             あらゆる殺人術を身につけた彼は、世界各地でターゲットを仕留めていた。                                                 ロシア大統領の暗殺指令を受けた47は任務を完璧に遂行するが、射殺した                                           はずの大統領が生きていて、インターポールとロシア保安局に追われる身となる。                                               47は大統領に金で買われていた女ニカを捕らえ、事件の黒幕を捜す。                                         (ザ・シネマストーリーより抜粋)                                           一匹狼的な作品のひとつで、なんだかんだと女性にやさしい。                                        スカッとしたアクション映画は暑い夏に最適です。                              ザ・シネマ


共通テーマ:映画

2017.7.24 いろいろあるよいろいろね

DSC02274.JPG                                       1日を過ごすと言うことはいろいろある                            朝食担当、散歩、買い物旅行行程作成、演劇鑑賞日程調整、                                 読書、読書の下書きなど。気になることもあった。                                    自治会の役員が散歩中に我が家を訪問していたがそのあと連絡がなかった。                      ・・・・・・・・・                                                国会ではまだまだ国民の関心が低い問題を議論しているが場違いな気がする。                              もっとほかに議論すべきことがたくさんあるはずなのに。なんでと思っている。                           国内には一生懸命働いている労働者と年金で暮らしている高齢者と多数の                                   病人がいるし、風水害の被害を受けているひともいる解決などされていないこと多し。                        もっと考えれば国会でやることはたくさんある。                                       朝食はきちんつくり夫婦で食べることが重要だ。                            一緒に食べられなくなったら一大事だ。                              kohi.JPG                                       朝ドラは主人公の女の子が失恋した。                                 hiyoko.jpg                                                新聞を読んでから散歩へ行った。                                          今日もかなり暑いが散歩もしないと体が持たない。                DSC02275.JPGDSC02278.JPGDSC02279.JPG                                     家に戻れば、タオルで汗を拭いて、休憩。                                             昼まで読書の感想の下書きをして、昼食の前に買い物へ行った。                      yoti.jpgono.jpg                                         昼食は、寿司を買ってきたので食べた。                                        郵便ポストに友人から演劇の案内がきていた。                                     8月に新宿の紀伊国屋へ行かなければならない。                                  細君と日程調整して決めた。                                             JTBから秋の旅行の宿の予約がOKになったので行程表作成した。                                   窓口に持参して行程表通りに新幹線とタクシーを手配してもらえばOKだ。                          細君はお疲れで昼寝をしていた。                                               わたしは、明日図書館へ行くので借りていた本を完読することにした。                           金融テロの話で動機は東日本大震災。かなりリアルで面白かった。                    tagane.png                                           今日も16時頃、アイスを食べた。                                   白ワインで晩酌して、夕食はざるそばを食べた。                                 細君はTVを観て過ごし、わたしは読書を終了させた。                                 今日もいろいろやった。                                                     22時半には風呂に入り、ポカリを飲んで、ブログの更新をして、                                     ごきげんようおやすみさない。                                                                                huro.png


共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2017.7.24 夏の風景」

DSC02273.JPGDSC02276.JPG                      日かげを歩いたり、太陽を浴びたり                   DSC02277.JPGDSC02280.JPGDSC02281.JPGDSC02282.JPGDSC02283.JPG                                散歩の成果                              DSC02286.JPG


共通テーマ:趣味・カルチャー

読書を楽しむ「上山 明博 関東大震災を予知した二人の男」

005.JPG                                 人間は忘れるが、自然は忘れない                                            だから、天災は忘れたころにやってくる                                    大森房吉は、福井で生まれたが学校は小学校から大学まで東京だった。                                        21歳のときジョン・ミルン教授の指導で地震学の研究を開始する。                                    大森が地震学を志したのは、地震を手を拱いてみているのではなく                                     震災を少しでも防ぎたいという動機からだった。                                           地震を予知できたとしても地震までの時間があまりにも短ければ伝達手段の                               問題も発生すると考えていた。                                                     動物による地震予知や地震の周期による予知も正確に予知することが                                     できないため一般市民に知らせることができない。                                             大森は地震計による地震波の研究を行いP波S波という波の伝わる速さの                                 違い(地震波が伝わる速度の差)を利用して震源から離れた地域に警報を                                    出せることを考えた。・・・・・・・・・・・・・・                                                  明治13年(1880年)2月22日に横浜地震が発生した。                                         イギリスから日本へ外国人教師として来日していたジョン・ミルンは仰天した。                                   地震は欧州では遭遇することの極めて稀な自然現象だった。                       彼は翌年「日本地震学会」を設立し、地震学という新しい学問分野も打ち立てた。                             彼は、地震の原因を解明するために従来の迷信話や動物の動きに頼るだけでなく、                               計測機器による客観的観測データが必要であるとし地震計の開発に着手した。                      明治23年この教授の助手に大森房吉がなった。・・・・・・・・・・・                                今村明恒は、鹿児島(薩摩)で生まれ明治24年帝国大学に入学し明治27年                              卒業し、地震学教室の副手として研究に従事し、明治34年大森教授のもとで                        助教授に就任する。・・・・・・・・・・・・・・・・                                         明治24年(1891年)岐阜県濃尾大地震が発生し日本市場最大の内陸                                   直下型地震と言われた。このとき世界で初めて断層の運動により地震が                                    起きると言う断層地震説が発表された。                                 この地震により地震そのものは予防することはできないが震災を予防                                   することはできるという研究機関(震災予防調査会)が創設された。                                           そして、地震波が地面を伝わる時間を利用して地震警報を出すことになった。                         明治32年アラスカ沖で大地震が起こり地震計が揺れを正確に捉えることができた。                             明治38年今村は「市街地における地震の生命および財産に対する損害を                    軽減する簡法」を起草し、地震の間隔が江戸時代以降50年間隔で起きており、                      東京で大地震がいつ起きてもおかしくないと警告し、防火対策がなにより重要                                  だと提言した。                                                   しかし、大森から今村の記事は東京に巨大地震が襲ってくると言う内容で                    世間を騒がしているとして記事の訂正を求められた。                          結果、今村は世間から大ぼら吹きの謗りを受けた。                                 大正4年(1915年)11月千葉県外房で地震が発生し、余震が続いた。                            東京では60年周期地震説が囁かれた。                                  今村はまたしても大地震の前震だと記者発表したが大地震は起こらず                          「ほら吹き今村」と再び揶揄された。                                     大正12年(1923年)8月大森は国際的な学術研究会議に出席するためシドニーにいた。                     1923年9月1日、関東大震災発生。そのとき地震学者は・・・・・
関東大地震を「予知できなかった男」と記憶された東京帝国大学地震学教室教授・                                大森房吉、「予知した男」と記録された同助教授・今村明恒。                                   天災は忘れた頃にやってくる。しばし名言。


共通テーマ:

映画を楽しむ「I, ROBOT アイ、ロボット」

009.JPG                                          近未来、ロボットが人間との共存ルールを破り反乱!                                 ロボットは人間に危害を加えてはならない                                             ロボットは人間から与えられた命令に服従しなければならない                                    ロボットは前掲第一条及び第二条に違反するおそれのない限り、                                自己を守らなければならない                                            30年後の近未来、家庭用ロボットが人間のパートナーとして普及している時代。                            さらに革新的な技術による新世代ロボットが登場し、新たなロボット社会を                               迎えようとする直前ロボットの生みの親であるアルフレッド博士が殺害される。                             容疑者は最新のNS-5型ロボットのサニー。                                             絶対に人間に危害を加えないはずのロボットが犯人なのか?                                      謎を追及するシカゴ市警の刑事デルとロボット心理学者スーザン博士は、                                  やがて、人類の存亡がかかった驚愕の真相に迫っていく・・・。                                  (チラシより抜粋)                                                       舞台は2035年のアメリカシカゴ。                                           ロボット工学三原則を組み込まれたロボットが人間のサポート役として活躍していた。                          現在も人工知能ブームであり、映画で描いている世界に近づきつつあるがルールは                             破られるものだということが前提になっているか心配はある。                                               便利が結果として不便にならないようにしないと未来は守れない。                                        映画の中で車は自動運転になっていた。                                ザ・シネマ


共通テーマ:映画

2017.7.23 テレビばかり夫婦で観ていた

50.jpg                                                               夫婦テレビばかり観ながら過ごした                                           朝から蒸していてやる気なし。                                                            ふたりでリビングでテレビで過ごした。                                                           夏のひとつの過ごし方。                                                          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                             日曜日は、朝からTVで落語が観られる。                                                     朝食を食べながら細君と笑いながら過ごす。                                         otiken.jpg                                                                同じ演目でも噺家が違うと面白さも違って朝の落語も楽しい。                                         10時からサスペンスを夫婦で観た。                                      kansiki.png                                                    昼食は焼きそばを食べた。                                                                ケーブルTVで映画を3本観た。                                                              1本目は昨日わたしは観たので細君が観た。                                                         わたしは読書。                                                       Irobo.jpgtagane.png                                                      2本目3本目は二人で観た。                                             jiyupi.jpgougon.jpg                                                           18時からはNHK大河ドラマを二人で観てから晩酌し、夕食は家にあるもので済ませた。                 naotora.jpg                                               残り物はカレーがあったのでそれにした。                                            途中で転寝して、22時から新しい海外ドラマの新シーズンを観て、風呂に入り、                           ポカリを飲んで、ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。5o.JPG


共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ