So-net無料ブログ作成
検索選択

映画を楽しむ「LA RITOURNELLE 間奏曲はパリで」

pari.jpg

長年一緒にいる夫婦なら
いつの間にか、相手への情熱や
思いやりが失われてしまうことがある

ノルマンディーで農場を営む夫婦のブリジットとグザヴィエ。
子供が巣立ってからというもの、穏やかで幸せだけど平凡な毎日。
遊び心を忘れないブリジットは、変化をもたらそうと努力しても
実直で無骨な夫は無関心。
ある日、農家のパーティで出会った魅力的なパリジャン・スタンとの
楽しい時間が、彼女の心に火をつける。
ひとりパリ行の手配をはじめ、未知なる期待を胸に、人生を変える休日へ
出かけるのだった。
(チラシより抜粋)

妻の日常からの冒険(間奏曲)を許すべきか、許さざるべきか。
夫婦の問題なので他人がどうこう言うことでもない。

イマジカBS


共通テーマ:映画

2017.4.3 68歳のこの日に

028.JPG

本日は68回目の誕生日
空は青く、桜は咲き
菜の花は満開で
息子たちからはプレゼントが届き
相棒も、まだまだ元気で
なんとも幸せな春を謳歌している

013.JPG

002.JPG

011.JPG
010.JPG

去年の誕生日は孫たちが桜の下でお祝いをしてくれた。
1643.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
月曜日は起きればゴミ出しの日。
朝食の支度をはじめた。
細君が起きてきて最初のあいさつは「おはよう」。
誕生日おめでとうはなかった。そんなもんだ。
002.JPG

細君は今日から新しい朝ドラを観た。
hiyoko.jpg

新聞を読んでから、ハガキを1枚書いて、パソコンで1枚書類を作成した。
その後で、散歩へ出た。
019.JPG

020.JPG

021.JPG

027.JPG

散歩から戻り、細君と買い物へ。
ono.jpg

昼食は、天ぷらうどんを食べた。
udon.JPG

読書をしたり、TVを観たり、夫婦で転寝したり、春の午後を過ごした。
paripari.jpg

プレゼントの梱包を解いた。ワインと地酒。
001.JPG
004.JPG
003.JPG

ワインで乾杯し、夕食は鉄火丼を食べた。
DSC09766.JPG

DSC09767.JPG

DSC09768.JPG

DSC09769.JPG

鶴瓶の家族に乾杯を観てから、息子に電話を入れ、プレゼントのお礼をいった。
家族がお互いを信頼していれば未来は開けるであろう。
親になったら長い人生で学んだことが役に立っている。
それをこどもに教えて上げていけば、ひとはひとりでも生きていけるようになる。
仲良く生きることが大事だ。

風呂に入り、ホットミルクを飲んで、ブログの更新をして、ごきげんよう
おやすみなさい。

今日も楽しい1日だった。


共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2017.4.3 バースディ散歩」

018.JPG

68歳になっても昨日と同じように
散歩ができた
良かった良かった

014.JPG

015.JPG

017.JPG

桜も育っていました。
009.JPG

022.JPG

024.JPG

025.JPG

026.JPG

029.JPG

散歩の成果
031.JPG



共通テーマ:趣味・カルチャー

読書を楽しむ「西村 健 バスを待つ男」

DSC09695.JPG

男は警視庁を定年退職した仕事人間だった
一日をどう過ごしてよいものやら
途方に暮れていた

夫婦はずっと以前、一人娘を交通事故で亡くしていた。
小学校4年生だった。
学校の帰り道で歩道に突っ込んできたトラックに轢かれた。
男は、捜査に打ち込むことで悲しみを紛らわせていたが、妻はひとり
寂しく、娘を失った喪失感からなにもできず放心していた。
しかし、妻はいつまでも悲しんでいては娘に合わせる顔がないと趣味の
料理に打ち込み、お裾分けした料理が評判になり、週に1度我が家で
料理教室を開いている。

男は図書館へ行ってみたりしてが自分に合う本がなく、公園でぼんやり
過ごすことが多くなった。
妻は夫が70になったので東京都シルバーパスを使って、あちこち足を
伸ばしてみてはと提案した。
シルバーパスを購入し、我が家から一番近い最寄りの駅が錦糸町だった
ので、そこからバスに乗ることにした。
大塚駅行のバスがあり、事件の捜査で歩き回ったこともありそのバスに
乗った。
大塚駅前には、捜査の後で一杯飲んで居酒屋もあり、男は楽しみを見つけた。

平井駅前の停留所でベンチに腰を下ろして、同じ時刻にバスを待っている
白髪の男を何回も見つけた。
男はバスには乗らなかった。
妻にこの話をすると妻の推理が何もかも正しかったことが判明した。

という表題作「バスを待つ男」のほか、王子稲荷の鳥居の両側に狐がいて
左右とも子狐を伴っていたが右側の子狐だけ、白い前掛けを毎日ではなく
日によってつけたりつけなかったりしていた。
妻にこの話をすると前掛けはメッセージだといった。

夫がバスに乗り、元捜査員のカンで疑問に感じたことを妻に話すと妻が推理
をして、その理由を見事に的中させるというストーリーで楽しめました。

ショッピングモールにいた中学生は私服だったがバスに乗る時は制服に着替えて
いた理由は?

警視庁時代の同僚の先祖の墓が多磨霊園にあり、そこには未解決事件の被害者の
妻も眠っていた。
同僚に言われた行き方でバスに乗ったら迷ってしまった。何故だ?

品川で若い白人男性が仲間と連れ立って団子を買いに来ていたが、来るたびに
仲間の数が減っていた。
その白人は、あちこちで団子を買っていた。
男はその理由が知りたかった。

雑司が谷へ出かけた男は、そこが鬼を呼ぶ街と言われていたことを思い出した。
昔、連続殺人事件の犯人が5人目の犠牲者を手にかけ逃げたときに、うら若き
女性と鉢合わせしたが犯人は女性を殺さずに逃げた。
なぜ逃げたか?

新感覚の新鮮さを感じた。バス旅ミステリーとして読むとおもしろい。


共通テーマ: