So-net無料ブログ作成

映画を楽しむ「STILL LIFE おみおくりの作法」

sahou.jpg

ロンドンの南部、ケニントン地区の公務員
ジョン・メイ、44歳
ひとりきりで亡くなった人の葬儀を執り行うのが彼の仕事

几帳面で、何事にもきちんとしているジョン・メイは、孤独死した人の家族を
見つける努力を怠らない。
彼らのためにしかるべき葬礼の音楽を選び、その人ごとに弔辞を書く。
亡くなった人々の魂が、品位ある方法で眠りにつくのをきちんと見届けるのが
彼の作法だった。

毎日同じ服を着て、遅れることなく仕事に行くジョン・メイ。
まったく車が通らないような道であっても、渡る前には必ず左右確認。
毎日同じ昼食をとり、帰宅すると同じメニューの夕食をとる。
夕食後には、これまで弔った人々の写真をアルバムに収めるのが彼の日課だ。

規則正しい仕事と生活。……彼はいつでもひとりだった。しかし、ジョン・メイは
自分の仕事に誇りをもっていた。

ある日の朝、ジョン・メイの真向いのアパートで、ビリー・ストークという年配の
アルコール中毒患者の遺体が見つかる。
いつも亡くなった人の想いを汲み取り続けてきたジョン・メイだが、自分の住まいの
すぐ近くでその人を知らぬままに孤独のうちに人が亡くなってしまった……。
小さなショックを受けるジョン・メイ。
さらに、その日の午後、ジョン・メイは解雇されることを言い渡される。
「君は仕事に時間をかけすぎだ」。

毎日の仕事がなかったら、毎日の決まりきった日課がなかったら、彼はどうしたら
いいのだろう。

こうして、ビリー・ストークの案件はジョン・メイの最後の仕事になった。
これまで以上に仕事に情熱をかたむけるジョン・メイ。
彼はビリー・ストークの部屋から古いアルバムを見つける。そこには、満面の笑みで
笑う少女の写真が貼られていた。
ジョン・メイは写真を手掛かりに、ロンドンを飛び出してイギリス中を回り、ビリーの
細切れの人生のピースを組み立ててゆく……。

旅の過程で出会った人々と触れ合ううちにジョン・メイにも変化が生まれる。
これまで自然に自分で自分を縛ってきた決まりきった日常から解放される。
食べたことのない食べ物を試し、いつも飲んでいる紅茶の代わりにココアを頼み、
いつもと違う服を着て、パブで酒を飲み、知り合ったばかりのビリーの娘ケリーと
カフェでお茶をする。

そして、まもなくビリーの葬儀が行われることになっていたある日、ジョン・メイは
これまで決してしたことがなかったことをするのだった……。
(オフィシャルサイト ストーリーより抜粋)

この男もひとりきりで生きていた。
そして、この男にも死が訪れる。
感動のラストシーンは必見です。
このシーンのためにこの映画がつくられたのかも知れないと思う。

ムービープラス


共通テーマ:映画

2017.3.29 春の日中についウトウト

0sakura24.JPG

017.JPG

春は眠い
身体が動きやすくなる分
行動範囲が広がり
疲労感がある
だから眠くなる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水曜日は、起きたらゴミ出し。
朝食は、コーヒーとバナナと野菜。
002.JPG

新聞を読んでから散歩へ。
空は青く、さくらが咲き始め、春は楽しい季節でもある。
013.JPG

009.JPG

001.JPG

002.JPG

公園を抜けて街へ出た。
014.JPG

地元野菜の販売をしていた。
015.JPG

図書館へ行って本を探し、借りた。
西村健さんの新刊があった。
すぐ手が出た。お気に入りの作家のひとりです。
017.JPG
016.JPG

家に戻ったら、細君は膝のリハビリに出かけていた。
ポストに自冶会の会員名簿のメンテナンス依頼がきていた。
細君は買い物をして帰ってきた。
昼食は鉄火巻きや稲荷ずしを食べた。

室温も25℃になり、疲労感もあり眠くなった。
春眠暁を覚えずという言葉通り、気持ちよく眠れる。
ウトウトして春を過ごすこと極楽極楽。
hirune2.jpg

目覚めたらTVで熊本の高校が勝利をあげていた。
細君とお茶した。
006.JPG

借りてきた本を読んだ。
basu.jpg

晩酌して、しらす丼を食べて、NHKでプラネット・アースを観て、転寝して
22時頃起きて、風呂に入り、ホットミルクを飲んで、ブログの更新をして
ごきげんようおやすみなさい。
息子から金沢にいると写真が来た。

けんろく.jpg



共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2017.3.29 ピンク色の季節」

011.JPG

006.JPG

桜が毎日少しずつではありますが花びらが増えています。
今週はお楽しみが続きます。
007.JPG

005.JPG

008.JPG

010.JPG

012.JPG

散歩の成果
018.JPG



共通テーマ:趣味・カルチャー

読書を楽しむ「辻村深月 ふちなしのかがみ」

DSC09593.JPG

高校生の香奈子は友だちから
自分の未来が見える
鏡占いを教えてもらった

大きな鏡を用意して、条件を満たした状態で午前零時ぴったりに、それを
見ると、そこに一瞬だけ自分の未来の姿が映し出されるということだった。
赤いロウソクを自分の年の数だけ用意して、火をつけて、その状態で鏡を
背に立つ。
そして、零時に振り返ると炎の向こうに自分の未来が映っている。

香奈子はジャズの生演奏を聞きたいがため、クラブに通い始めた。
そこでサックスの演奏を担当している青年・高幡冬也が目当てだった。
はじめて本気でひとを好きになった時に感じた胸の痛みを思い出した。
冬也は、有名な作曲家の愛人の子だった。
香奈子は、このことで、たまらなく愛おしくなった。

帰り道で赤いロウソクを買い、鏡占いをやった。
友だちに話したら、のめり込まないほうがいいと言われた。
鏡占いをした友達が占いのせいでやばい感じになり、鏡に自分の血だらけの
姿が映ったと教えられた。
しかし、香奈子は冬也と幸せになるんだとのめり込んでいった。

鏡占いがもたらした結果は、読書をしてのお楽しみ。




共通テーマ: