So-net無料ブログ作成

映画を楽しむ「THE COUNSELOR 悪の法則」

016.JPG

逃れようのない巨大な”悪”の罠にはまった
美しき男と女たち
その恐るべき”法則”を操る黒幕とは誰なのか
衝撃の真実に触れたとき
あなた自身も”悪”の虜になる

kaunsera.jpg

すべての始まりは、若くハンサムで有能な弁護士がちょっとした出来心で
裏社会のビジネスに手を染めたことだった。
美しいフィアンセとの輝かしい未来を夢見たその欲望は、周囲のセレブリティ
たちを危険な事態に巻き込み、彼らの虚飾に満ちた日常を揺るがしていく。
しかし彼らは、まだ気づいていなかった。
自分たちがこの世の闇に渦巻く“悪の法則”に魅入られ、もはや逃れようのない
戦慄の罠に絡め取られてしまったことに・・・・・。
(チラシより抜粋)

メキシコの国境近くのホテルのベットのシーツの中で囁く男と女。
男は弁護士、女はフィアンセ。
下水処理会社のトラックに麻薬を隠すメキシコ人。
野うさぎの狩りをする男と女。
男は実業家、女は愛人。

実業家は弁護士に一度切りの麻薬取引を勧め弁護士はこの甘い儲け話に乗る。
そして、仲買人を紹介され、ふたりは会う。
仲買人は弁護士に取引についてやめとけと説教するが弁護士は取引をすると
返事をする。
儲け話通りにことが運ばず麻薬が消えて、容疑が弁護士にかかる。
そして、弁護士に関わった人間が次々と死体になる。

悪の法則を意のままに操って登場人物を次々と破滅へ導く黒幕は・・・?
これは情け無用のビジネス映画だ。

ムービープラス

2017.3.22 社会保障施策

035.JPG

ひとが生きていく上で必要な
社会保障にはどのようなものがあるのかを
学んでみました
「このようなときにこのような保障を」と
知ることができ、保障内容、手続き、問い合わせ先が
わかれば一安心です

妊娠、出産、育児、児童、病気、けが、障害、労働災害、職業病、失業、再就職
雇用、生活困窮者、高齢者、死亡。
知っていて損のないことばかりでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝はちょっと寒く感じた。
でも季節は春だから、冬の寒さは感じない。
水曜日はゴミ出しからはじまる。
朝食は、野菜サラダとコーヒーとバナナ。
002.JPG

新聞を読んでから散歩へ出ました。
春の散歩はうきうきです。
006.JPG

007.JPG

010.JPG

帰りにゴマ団子を購入し、細君とお茶しました。
034.JPG

031.JPG

昼になったが細君と買い物へ出た。
ono.jpg

昼食は家で塩ラーメンを食べた。
WBCの野球を8回9回と観てからExcelの学習をしました。
表を作成し計算式までをやりました。
033.JPG

15時過ぎにお茶しました。
033.JPG

晩酌の時間まで「社会保障」の本を必要なところだけ読んで過ごした。
最新版の平成29年度版を読んだ。来年は来年で最新版を読んでおけば
困った時には助かる。

晩酌して、夕食はほっけの焼き魚を食べた。
相棒の最終回を観て細君と過ごした。
風呂に入り、ホットミルクを飲んで、ブログの更新をして、ごきげんよう
おやすみなさい。

散歩を楽しむ「2017.3.22 蝶々菜の花にとまれ」

018.JPG

蝶々が菜の花にとまった

ずっと待っていたんです。
蝶々が花にとまるのを。

咲く花、散る花。
011.JPG

023.JPG

027.JPG

002.JPG

003.JPG

009.JPG

012.JPG

020.JPG

029.JPG

散歩の成果
036.JPG

読書を楽しむ「三崎亜紀 ニセモノの妻」

hon009.JPG

家に帰ると、迎えに出た妻が
「私、ニセモノなんじゃない?」といった
目の前の妻が言葉通りにニセモノだとしたら
ホンモノの妻は、どこにいるのだろう

ホンモノかニセモノか検査をしてもらうことにした。
ニセモノが増えたのは数年前だった。
病名は「突発性、真偽体分離病」という感染症の一種だった。
ある日、とつぜん一人の人間と7まったく同じニセモノが現れるのだった。
見分けることは困難だった。
「真偽分離者判定局」で検査を受けたが「真偽、いずれであるか、判別できない」
という結果だった。

二人はニセモノの妻の提案でホンモノの妻を探しに出かけた。
公園で男に声をかけられ方舟協会がニセモノを集めているという情報を得る。
翌朝、ニセモノの妻が消えた。
ニセモノの妻は、警察の依頼でホンモノの妻になりすまし、方舟協会にホンモノ
の振りをして潜入していた。
方舟協会は臓器の売買をしていた。

夫はニセモノの妻に「このまま一緒に暮らしてもらえるだろうか?僕の妻と
して」と言った。
その夜、二人はベッドを共にした。
夫は、ニセモノでもホンモノでもない、ただの「妻」として彼女に接した。
そんな時、ホンモノの妻が発見されたと連絡が入った。
ニセモノの妻は家を出ていった。

玄関の鍵が開く音がして「ただいま、あなた」と言った。
僕は「お帰り」と言って、ニセモノでもホンモノでもない「妻」を迎えに
玄関に向かった。

ニセモノとホンモノの区別がつかないという話になっているので、
行きつくところは男というものは目の前の女性が「妻」であれば
それで満足しているということでよろしいのでないかと考える。