So-net無料ブログ作成
検索選択

映画を楽しむ「 ツ ナ グ 」

009.JPG

たった一人と一度だけ
死者との再会を叶えてくれる人がいるらしい

半信半疑で依頼してくる人たちの前に現れる使者は、ごく普通の高校生
歩美だった。
横柄な態度で、癌で亡くなった母ツルに会うことを希望する中年男性・畠田。
喧嘩別れしたまま自転車事故で死んでしまった親友・御園に聞きたいことが
ある女子高生・嵐。
プロポーズ直後に突然失踪した恋人・キラリのことを信じて待ち続けている
サラリーマン・土谷。
歩美は、実は”ツナグ”を祖母のアイ子から引き継ぐ途中の見習いで、その
過程で様々な疑問を抱く。
死者との再会を望むなんて、生者の倣漫かもしれない。
果たして会いたかった死者に会うことで、生きている人たちは救われるのか。
人生は変わるのだろうか。
そして、死者は・・・。
その疑問は、自身の両親の不可解な死の真相へも向けられていくー。
(チラシより抜粋)

目に見えているものだけが真実じゃない。
大切なことは、心で見るんだ。

日本TV 金曜ロードショー


共通テーマ:映画

2017.2.17 毎日はいい加減に過ぎていく

005.JPG

肥料をあげてないボケが咲きはじめた

春が訪れはじめている。
ご近所の河津桜ももうすぐ満開になりそうです。
007.JPG

006.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
気候のせいか朝は気持ちよく起きられる。
7時に起きて、朝食をつくる。
001retasu.JPG
kohi.JPG

細君は朝ドラを観ている。
bepi.jpg

ふたりで朝食を食べた後は、自冶会の議事録と開催通知がきていたので読んだ。
次に新聞を読んだら10時近くなり、細君はアルバイトに出かけた。
そうだレンタルDVDを観ようと考えた。ジュリア・ロバーツだ。
SI.jpg

003.JPG

12時過ぎに細君へ電話を入れてスーパー待ち合わせ買い物をした。
ono.jpg

ポストにJR東海から桜の季節の旅行案内がきた。
004.JPG

遅めの昼食は天ぷらうどんを食べた。
udon.JPG

午後は、読書です。
mange.png
祇園祭の宵山で妹と逸れてしまった姉が体験する摩訶不思議な世界。

16時のお茶ココアを飲んだ。
002.JPG

佐川急便がガスボンベを回収に来た。
クオカードをもらえた。
026.JPG

009.JPG

2冊目の読書を途中までしたら晩酌の時間がきた。
hosi.jpg

次男坊よりメールがきて、土曜日に一家で泊まりにいくと書かれていた。
予定していた自治会と日曜日の競馬観戦を中止にした。

ワインを飲んで親子丼を食べた。
006.JPG

DSC08680.JPG

食後はTVを観ながら転寝した。
目覚めれば22時になり、風呂の沸くのを待って風呂に入り、白湯を飲んで
ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。

明日は春一番が関東でも吹くらしい。


共通テーマ:日記・雑感

読書を楽しむ「森 絵都 漁師の愛人」

002.JPG

長尾と紗江の出会いは約5年前だった
共通の友人がいる東京のバーで顔を合わせ
既婚者と知りつつ本気になった

長尾は妻・円香との中は冷めきっていたので離婚を願い出たが、ひとり息子が
結婚するまで籍は抜かないことになり円香は実家に戻った。
ところが2年後に長尾が務めている会社が不況で倒産した。
長尾は50に近く音楽プロダクションのマネージャーをしていたが再就職はでき
なかった。
長尾は漁師の町の生まれだったのでUターンして漁師町に移り住むことになった。
1年が経過して長尾の妻が紗江に電話をかけてきた。
円香は、漁師の町の暮らしぶりとか自分の話や愚痴をこぼして電話を切った。
長尾は漁師に転身して1年半で海の男になったが足をすべらせ海に転落する事故も
起こした。

紗江と長尾は木造の一軒家を借りて生活しているが結婚していないため紗江は
「二号丸」という隠語で呼ばれていた。
ひとりの男の愛人は漁師町の妻にしたら共通の敵扱いだった。
紗江はパソコンで採譜という仕事をしていた。
円香からはたびたび電話があり、彼女が9割がたしゃべっていた。
紗江の唯一の話し相手は円香になった。

長尾から漁師仲間の喜寿祝の席で紗江のことを紹介したいと言われた。
そんなとき、長尾が面倒をみている漁業研修生に声をかけられ、自分の妻が
人間関係で悩んでいるので話し相手になってくれと頼まれる。
冬の終わりに研修生の妻・春子と遭遇した。
彼女は荷揚げの手伝いをしたことで漁師の妻たちから嫌われていた。
この町では、女は家にいるもんだという漁師町だった。

別れた妻には話し相手がいなかった。
男は海に転落した事故の恐怖を別れた妻に話していた。
漁師の愛人は漁師町に来たことを後悔しはじめていた。

ちぐはぐな3人の男女の関係はやがて誰かが誰かのために役に立ち
3人が3人思い思いの人生を送れるようになる。
そういう大人の関係を学ぶにはよい短編でした。



共通テーマ: