So-net無料ブログ作成
検索選択

映画を楽しむ「A Good Day to Die Hard ダイ・ハード ラスト・デイ」

018.JPG

トラブルを起こした息子を
救うためにジョン・マクレーンは
モスクワへ向かう

ニューヨーク市警のジョン・マクレーンが、ボヤキ混じりにモスクワに降り立った。
長らく疎遠だったひとり息子ジャックが、異国で警察沙汰を起こしたため身柄を
引き取りにきたのだ。
ところがジャックが出廷するはずだった裁判所が突然爆破され、近くに居合わせた
マクレーンも吹き飛ばされてしまう。
その極限状況下で久々の再会を果たしたマクレーン親子は、なおも謎の武装テロ
集団の執拗な攻撃を浴びるはめに。
またも自分たちが巻き込まれたと悟った2人のマクレーンは、決死の覚悟で巨悪に
立ち向かっていくのだった・・・。
(チラシより抜粋)

絶体絶命の状況下でテロリスト相手に孤軍奮闘するマクレーン親子。
ひとりよりふたりで楽しさ倍増でした。

フジTV


共通テーマ:映画

2017.2.13 相棒と相棒Ⅳとサバイバル・ファミリーを観る

aibou.jpg sanai.jpg

夫婦で日本映画を2本鑑賞

夫婦の共通点といえば、我が家では映画と旅行です。
その前までは、お酒も共通点でしたが最近は相棒が飲まなくなりました。
土曜日に映画に行こうとしましたがNHK大河ドラマの再放送を
観たいがために月曜日になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
普通に起きて朝食をつくりました。
バナナとコーヒーとイタリアンサラダを用意しました。
001hhh.JPG

新聞は休刊日でなく、読んだ本のブログの下書きをしました。
JG.jpg

11時近くに駅まで歩いてタクシーで映画館へ。
最初に「サバイバルファミリー」を観ました。
突然、電気が使えなくなったらどうするかという家族の物語です。
お金があっても役に立たないということを知ります。
005.JPG

遅めの昼食を食べました。
004.JPG

2本目は「相棒Ⅳ」を観ました。
日本に捨てられた男と女の話が事件の発端になっていました。
006.JPG

映画が終了したのが16時20分で外は風が冷たく気温も低い感じがしました。
スーパーで夕食の弁当を購入し帰宅しました。
とりあえずお茶してココアを飲みました。

晩酌してから中華丼の弁当を食べて、ニュースを観て、鶴瓶の家族に乾杯を観て
21時からBSプレミアムを観て、風呂に入り、白湯を飲んで、ブログの更新を
して、ごきげんようおやすみなさい。
LIFE.jpg


共通テーマ:日記・雑感

読書を楽しむ「アーサー・ミラー短編小説集 存在感のある人」

029.JPG

85歳を過ぎて仕上げた物語。

幼少期を過ごした海辺の町に妻と共に滞在した夫は
妻に「女を充分に喜ばせていない」と朝方非難され
海岸通りに向かって歩いて行った

海辺に下る公道を捜し見つけたが海を見て立ち止まった。
こどもの頃、海で溺れそうになったことがあった。
遊歩道に下りたときに黒いTシャツを着た男がセックスをしていた。
女のほうは砂と草の小山に隠れて見えない。
浜辺に下りる道がほかになく、一度海岸通りに戻り待った。
再度、浜辺に向かったが、セックスは続いていた。

しばらく散歩して戻ったら遊歩道の脇で男は寝袋にくるまっていた。
女は波の縁のところにいて海を見つめていたが男のところに戻った。

カップルを見ながら、ふたりのことをああでもないこうでもないと
勝手に想像した。
女と目が合い、女が近づいてきて時間を聞いた。それからしゃべった。
女が「わたしたちのこと見たでしょ」といった。
言い訳をしたが女は気づいていた。
一度戻ったことも知っていた。
「あなたがいるって感じがしました」
「どういう意味ですか?」
「存在感のある人っているんですよ」

女は海の中に入っていった。彼も海の中に入っていくことにした。
女が彼に近づいてキスした。
そして、砂浜を歩いて恋人のところに戻った。

海水浴で睡魔に襲われ目を閉じた。
ふたりともいなくなっていた。
四方を見回したが海と人気のない砂浜しかなかった。

彼は自分が見たものによって幸福な気持ちになれた。
カップルが本当にいたかどうかは問題ではなかった。

彼の体験を目を閉じて描いてみれば読者でも幸福な気持ちになれると
作者が言っている気がする。そういうことだ。
だからそこに存在感があると言いたいのだろうと思う。


共通テーマ: