So-net無料ブログ作成
検索選択

映画を楽しむ「The Forger ザ・フォージャー天才贋作画家 最後のミッション」

forger.jpg

男は天才贋作画家
嵌められて刑務所に入っていたが
最愛の息子がガンになり出所を願っていた
判事を買収する為に5万㌦の金を借りて出所したが
見返りにボストン美術館に展示されているモネの絵を
ニセモノとすり替える仕事を頼まれる

004.JPG

贋作に天才的な才能を持つレイ・カッターは、仮出所までわずか9カ月を残すのみ
だったが、ボストンの暗黒街を牛耳るキーガンに頼み込んで、急いで出所する。
息子のウィルがガンに罹り、ひと時でも一緒にいたかったからだ。

息子の世話を頼んでいた父のジョセフを訪ね、ウィルとの再会を果たすがふたりの
間はぎこちなかった。
詐欺師としてならしたジョセフは早い出所を怪しみ、キーガンの手を借りたと聞いて
激怒するが、レイの心を知っているだけに強くはいえなかった。

キーガンは出所を早めた交換条件として、新たな犯罪を命じる。
ボストン美術館に展示されるクロード・モネの「散歩、日傘をさす女」の贋作をつくり、
本物とすり替えるという計画だった。
本物の絵はキーガンをも動かす大物が欲していたのだ。
与えられた時間の猶予はわずか3週間。
さらに悪いことに、キーガンを監視していた覆面捜査官がレイをマークするよう
になった。

レイは摸写をはじめる傍ら、ウィルの限られた時間を有効に使うため、ウィルを母親に
会わせ、彼の初恋の相手に会いに行くように仕向けるなど、息子の願いを実現していく。
ウィルは次第に心を開き、父の計画に参加することを決意する。
いよいよ決行当日、レイ、ジョセフ、ウィルの3人に、レイの幼なじみカールを加えた
4人は、ボストン美術館に向かう。
捜査官たちを煙に巻き、彼らは驚くべき大胆さで強奪計画を実行する――。
(公式サイト STORYより抜粋)

原題は偽造者。
父親は息子に3つのやりたいことの希望を叶えると約束する。
ひとつは別れた母親と会うこと。
ひとつはSEXしたいという願い。売春宿に行くが警察に踏み込まれ未達。
ひとつは父親の仕事を手伝う。
見所は、絵画の贋作を製作し本物と入れ替えることと犯罪組織をどのように
して一網打尽にするか。

ツタヤレンタルDVD


共通テーマ:映画

2017.2.28 年寄りは、ひとに迷惑をかけないのがよい

ojisan.jpg

歳をとったことで動きが悪くなり
ひとに迷惑をかけることが出てくる
すべては老化からくることだが
なかなか受け入れてくれるひとは少ない
だから、迷惑をかけないように日々暮らすことが
大事になってくる

迷惑をかけないとはどういうことか。
朝起きたらひとりでトイレに行ける。
食事をつくることができる。
散歩ができる。
電車に乗れる。
文字が読める。
考えればたくさんあるだろうがこのくらいできればOKだ。
このことで認知症が遅れればそれはそれでうれしいことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今朝も朝食は細君のためにつくっている。
ピザパンをつくり二人で食べた。
家にあるものでつくることに慣れた。
DSC09018.JPG

004.JPG

新聞を読んでから散歩へ出る。
歩けなくなると人生の半分以上の楽しみを失う。
そんな風にはなりたくない。
015.JPG

014.JPG

003.JPG

細君はアルバイトの日で家にはいなかった。
2時間でもなにかしていることがよいと思いお任せしている。

ケーブルTVでおもしろそうな映画をやっていたので昼まで観た。
巨大銀行に悪いうわさがあり、真相を暴こうとする男が現れた。
banku.jpg

昼食はチャーハンをつくり細君と食べた。
冷や飯にベーコンにネギがあれば簡単だ。
DSC09015.JPG

DSC09016.JPG

食後は、読書に専念しました。
東日本大震災のあと、福島を食い物にした詐欺や汚職の物語。
reve.jpg

晩酌して、タラスパを食べて、デザートはいちごだった。
DSC09017.JPG

21時からBSプレミアムで映画を観た。
つい最近映画館で観たと思ったのにもうTVでやっていた。
hoteru.jpg

風呂に入り、お茶を飲んで、ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。

3/10にもういい会の春の飲み会が決まった。



共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2017.2.28 ひな祭り」

007.JPG

もうすぐひな祭り
古民家にはひな壇が飾ってありました

005.JPG

006.JPG

007.JPG

008.JPG

009.JPG

006.JPG

青い空と白い雲、散歩日和です。
013.JPG

フクジュソウ。
010.JPG

016.JPG

散歩の成果
018.JPG


共通テーマ:趣味・カルチャー

読書を楽しむ「三上 延 江ノ島西浦写真館」

013.JPG

冬の江ノ島
桂木 繭は亡くなった祖母の写真館へ
遺品の整理にやってきた

012.JPG

繭は母親の桂木菜々美と祖母の家で落ち合い、遺品の整理を手伝うことに
なっていた。
祖母は名を富士子といい、江の島生まれで、去年の秋肺がんが見つかり亡くなった。
祖母は100年間営業していた写真館「江ノ島西浦写真館」の最後の館主だった。
土産物屋の前で茶髪の男から声をかけられた。
繭が小学校のときにアイスクリームの屋台を出していた立川研司だった。
母親から電話が入り原稿の締め切りが近いのでいけないといわれた。
繭の母は、ベストセラー作家だった。

写真館で建物の管理をしている滋田と会った。彼は写真館の二階に住んでいて
近くの旅館で働いていた。

遺品整理をはじめると「未渡し写真」という四角い缶を見つけた。
客の名は、真鳥昌和と書かれていて写真が4枚入っていた。
そのとき誰かがスタジオに入ってきた。男だった。
「写真を受け取りたいんです」と言った。
真鳥昌和さんと聞いたら真鳥秋孝と答え、昌和は祖父ですと言った。
繭は遺品の整理を土日で終わらせようとしたが終わりそうになかった。
真鳥秋孝が祖母と江の島の別荘に滞在しているので手伝いますと言った。

繭の大学入学式のときの写真が出てきた。真鳥に一緒に写っている男に
ついて聞かれた。
男は永野琉衣という芸能人で4年前に失踪したと答えた。
原因を作ったのは繭で、繭の撮った写真が問題だった。
それ以来、繭はカメラに触れるのをやめた。
真鳥が「未渡し写真」の缶を見つけた。写真の依頼人は高坂品穂だった。
依頼人は繭の大学の先輩だったが4年前に縁を切っていた。
SDカードと写真が1枚入っていた。写真には失踪した永野琉衣が写って
いた。
撮影場所は、祖母のスタジオだった。

立川研司は嫁さんと一緒になろうとしたときに金がなかった。
叔父さんに相談すると江ノ島西浦写真館で働いていたときの隠し財産が
あるといって写真館から純金の塊を持出し借用書を書いて黙って置いてきた。
富士子さんが亡くなったのでその借用書を探しに写真館へ行って真鳥に出会った。
しかし、研司の知っている真鳥秋孝ではなかった。
繭に後でそのことを告げた。

遺品整理に来た繭が見つけた「未渡し写真」は、真鳥昌和と高坂品穂と立川研司と
受取人不明の4件だった。
受取人不明の写真袋の中にはふたりの男性が並んで写っていた。ひとりは秋孝
らしいひとで、ひとりは秋孝の父親らしかった。

「未渡し写真」に隠された真実を繭が解明していくという謎解きに読んでいくと
引き込まれます。
三上マジック、ビブリアもいいけど写真館もよかったです。


共通テーマ:

映画を楽しむ「先生と迷い猫」

014.JPG

校長先生の家に、毎日やってくる
三毛猫・ミイ
ある日突然来なくなったミイを探しに
町に出かけた先生が見つけたのは
あたたかい町の人たちとのふれあい
亡くなった妻への愛でした

定年退職した校長先生、森衣恭一は、妻に先立たれて1人暮らし。
そのカタブツさと偏屈さから近所では浮いた存在だった。
訪ねてくるのは亡き妻が餌を与え、可愛がっていた三毛猫・ミイくらい。
猫が好きではない校長先生は、なんとか追い払おうとするが、ミイは
どんなに追い払っても毎日やってきて、妻の仏壇の前に座っているのだ
った。
しかし、ある日突然、姿が見えなくなる。
そうなるとなぜか心配になり探し始めると、自分の他にも、ミイを探して
いる人たちがいることが分かる。
皆、ミイに餌をやり、語り掛けることで、どこか救われていた人たちだった。
彼らと関わっていく中で、先生の頑なな心が変化していくーミイの存在が
思い出させる妻のこと。
忘れてしまわねばならないと思っていたこと。
亡くしてからでは伝えられないことー必死で探す校長先生に小さな奇跡が起きる。
(チラシより抜粋)

ひとはひとりでは生きていけない。
近所とのあいさつ程度のおつきあいは必要ということを学びます。

チャンネルNECO


共通テーマ:映画

2017.2.27 読書は紙の本がいいと思っている

002.JPG

古い人間かも知れない
読書は紙の本を読むのがいいと思っている
スマホでも読めるがネタバレを求めてしまう
気がしてならない
スマホというモノがそういうものだし
そこには思考するという思いがない

0042.jpg

これらの本は、衣装ケースに入っている。
災害等ですべてを失ったときに読もうと思っている。
家族や人生や料理のことなどが書かれている。
なにかこういうモノがあると立ち直れる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今朝はいつもより寒い。
朝食をつくり、細君と食べる。
001hhh.JPG

細君は朝ドラを観ながら食べる。
食後は、新聞を読んで過ごす。
その後は、散歩です。
青空のない薄ら寒い空。
015.JPG

006.JPG

019.JPG

021.JPG

帰宅の途中で肉まんを購入し、家に向かう時にあられが降ってきた。
細君に電話し洗濯物を入れるよう告げた。
落ち着いてからお茶した。
022.JPG

買い物に細君と出かけた。
ono.jpg

昼食は、我が家の定番天ぷらうどんを食べた。
udon.JPG

午前中に散歩へ行っているので午後は家の中で読書やDVDやケーブルTVで
映画を観ている。
今日は短編を1冊読んでからケーブルTVで映画を観た。
同窓会の案内がきっかけで二十年ぶりに連絡を取り合った六人の女性の心の中は・・・。
001.JPG

彼は伝説の殺し屋。彼の愛犬をマフィアのボスの息子が殺した。
そして、復讐劇がはじまった。
john.jpg

読みたくて借りてきた本の1冊。読まなければならない。
reve.jpg

晩酌でテーブルワインを飲んで、しらす丼を食べて、満足し横になり
大概転寝に入る。
起きると22時前後で風呂が沸いたら風呂に入り、お茶を飲んで、ブログの更新を
して、ごきげんようおやすみなさい。



共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2017.2.27 冬に戻ったような寒さ」

005.JPG

久々に冬の寒さを感じて
歩いてきました

冷たい空気の中を歩くと身も引き締まります。

017.JPG

003.JPG

008.JPG

011.JPG

016.JPG

018.JPG

020.JPG

散歩の成果
DSC08996.JPG


共通テーマ:趣味・カルチャー

読書を楽しむ「ルイス・ブラックウェル 海のミュージアム」

001.JPG

世界の写真家のベストショット105
写真集で海の中の生き物を観察しました

浜辺から海を眺めることもよいが
海中でなにが起きているか知ることが
できるならば、素晴らしいことと思い
そういう写真集に図書館で出会った。
一種の眼の保養です。


共通テーマ:

映画を楽しむ「Abraham Lincoln: Vampire Hunter  リンカーン/秘密の書」

016.JPG

もし彼が大統領でなかったら
世界は”奴ら”のものだったかもしれない
一冊の日記に隠された真実の物語

017.JPG

長らくその存在が噂されていたリンカーン大統領の「秘密の書」。
そこに記されていたのは、少年時代から暗殺される直前まで、闇と戦い
続けた一人の男の驚愕の記録だった。
誰もが知るアメリカ大統領が隠し続けた”裏の顔”とはー?
そして世界を支配するかもしれなかった”奴ら”とは?
歴史の裏側に潜む真実の物語がついに明らかになる!!

誰もが知るあの大統領は、誰よりも優秀なバンパイア・ハンターだった。
母の復讐のために斧を手に取った彼は、やがて全く違う方法で”奴ら”に
対抗するために政治家の道を歩み始める。
昼は大統領として国を動かし、夜は”奴ら”を狩るハンターとして戦った男。
誰も知らない戦いが、遂に明らかになる。
(チラシより抜粋)

FOXムービー


共通テーマ:映画

2017.2.26 ひとりぼっちの夫

umi.JPG

細君は姉妹と横浜待ち合わせをしてランチして
病院へ知り合いのお見舞いに出かけた

細君がいないということは、洗濯物の取入れをしなければならない。
昼食はひとりで準備しなければならない。
どうということはないがひとりぼっちだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・
朝食をつくりいつものようにコーヒーと一緒に食べた。
004.JPG

新聞を読んでから散歩へ出た。
細君も10時過ぎには出かけるといっていた。
休日はひとが多く出ている。カメラマン、釣り人などなど。
014.JPG

018.JPG

023.JPG

025.JPG

003.JPG

家に戻り、レンタルDVDを観た。
プロヴァンスの祖父の家に夏休みを利用して孫たちがやってきた。
001.JPG

puroba.jpg

昼食は、冷凍してあった鳥釜飯を暖めて食べた。
027.JPG

昨日の続きの読書をしてから洗濯物を取り入れた。
eno.jpg

15時半に自冶会の防犯パトロールの集会に出かけた。
広場に各自冶会の担当が集まり、防犯の宣誓をして、自分の地区に
向かって歩いてゴミ拾いをして終了。
001.JPG

17時近くに帰ってきたら細君はまだ帰ってきていなかった。
10分くらいしたら帰ってきた。
弁当を買ってきた。

18時からNHK大河ドラマをふたりで観てから、晩酌して、弁当を食べた。
naotora.jpg

004.JPG

食後は、短編を読んで過ごした。グルメ・ミステリーだった。
012.JPG

読書の後で、転寝して、風呂に入り、ペットボトルのお茶を飲んで、ブログの
更新をして、ごきげんようおやすみなさい。

たまには、ひとりぼっちの夫も悪くない。



共通テーマ:日記・雑感