So-net無料ブログ作成

ケーブルTVで映画を楽しむ「92歳のパリジェンヌ」

pari.jpg                                        92歳の誕生祝の席でおばあちゃんは尊厳死宣言をした                   出生の自由は選べないが                                         自分の死に方は自分で決めたい                                                高齢化社会と言われているが自分で自分の身体がコントロール                                                                              できなくなったら死んでもいいと思っている。                                                           フランスでも同じような考えを持った実在の人物がいて映画化された。                                 「2ケ月後の10月17日に私は逝きますー」92歳の誕生日に突然母が告げた。                                          身体の自由が利かなくなったら、自ら人生を終わらせたい。                                        そんなマドレーヌの計画を理解して応援してくれるのは、身の回りの世話を                            してくれるヴイクトリアだ。                                                              優しさとユーモアに溢れた彼女は、残された家族に迷惑を掛けないようにと                             黙々と荷物を整理するマドレーヌを「棺桶も自分で閉めるつもり?」と笑わせる。                            娘ディアーヌからの同居の申し込みをキッパリと断り、1人暮らしを続けるマドレーヌ。                                    しかし、腰を痛めてボヤ騒ぎを起こし救急車で運ばれ入院することに。                                         ベッドの上で「点滴の管をつけたまま死ぬのはごめんだわ」と抵抗する                                     マドレーヌに息子ピエールが怒り出すが、ディアーヌの心は揺れ始めていた。                                         (公式サイトストーリーより抜粋)                                                                     病院で身体の自由が利かない高齢者や患者を見舞いの度に見てきた。                                         生きている楽しみがない人生などいらない。                                                                                個人的には80歳で亡くなりたいと細君には話している。                                                      当然、身体の自由が利かなくなれば映画と同じ考えをする。                                                                身体の自由が利かないリスト(ひとりでできなくなったこと)をノートに                                書いておけば、いつが宣言する日か決められる。                                             家族に話して理解されればそれでいい。                                                              シネフィルWOWOW