So-net無料ブログ作成

地上波で映画を楽しむ「海街diary」

011.JPG                              父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました---                             まぶしい光に包まれた夏の朝、三姉妹に届いた父の訃報。                                        15年前、父は女と出て行き、その後、母も再婚して家を去った。                                     三姉妹を育てた祖母もとうに亡くなり、広くて古い鎌倉の家には、                                   彼女たちだけが残った。                                                  両親へのわだかまりを抱えた、しっかり者の長女の幸と、そんな 姉と                                   ぶつかる次女の佳乃、マイペースな三女の千佳。                                           三人は父の葬儀で、腹違いの妹すずと出会う。                                            頼るべき母も既に亡くし、それでも気丈に振る舞う、まだ中学生のすず。                                そんな彼女の涙を見て、幸は、別れ際に「いっしょに暮らさない?」と誘う。                                 そして、秋風とともに、すずが鎌倉へやって来る。                                         四人で始める新しい生活。                                                     それぞれの複雑な想いが浮かび上がる-----。                                              季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分ち合っていく。                                       しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった                                 四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める---。                                   (チラシより抜粋)                                                        四姉妹が本当の家族になっていく一年間の物語は、湘南鎌倉の四季の景色と                          ともに癒されます。                                         舞台は江ノ電の極楽寺周辺でした。                                       フジTV


共通テーマ:映画