So-net無料ブログ作成

ケーブルTVで映画を楽しむ「THE LAKE HOUSE イルマーレ」

CIMG0609.JPG                                    2004年と2006年                                              違う”時”を生きるふたりの恋は出会う前から始まっていた                             それは2年の時を隔てた                                           世界でたったひとつの恋                                       ふたりは、時を超えて出会うことができるのか?


題名の意味がわかりませんでしたが映画を観てわかりました。
予約しなければ入れないレストランの名前でした。                               原題は「湖の家」。                                                   2006年の世界にいる女性ケイトが湖の家から引越しをするところから                                   映画が始まります。                                                        ケイトは、湖の家の郵便受けに次の住人にあてて一通の手紙を書いて                                      入れておきます。                                                             一方、2004年の同じ家に男性アレックスが引っ越してきて郵便受けから                                  ケイトの手紙を見つけ読みます。                                                  なぜ、こんなことができるのかはわかりません。                                            2004年と2006年に生きるケイトとアレックスのやり取りを郵便受けを                                         通してお互いが手紙でやり取りします。                                              ケイトは、医師です。アレックスは、建築家です。                                              ふたりは手紙のやり取りを繰り返しお互いの紹介をしあったり、同じシカゴの                             地図を持って散歩をしたりします。                                                  ケイトがアレックスに訪ねてくるように住所を知らせてアレックスが訪ねても                              建設中であったりして見つかりません。                                                時が違うからです。住む時が違うふたりですので会うことはありません。                                 このふたりは、偶然に3回で会っていましたがお互いを知りません。                                  どこかの駅でケイトが彼氏と抱擁をしていてアレックスが駅に来るという                                シーンがありました。                                                      ケイトと彼氏が立ち去ったホームベンチに「説得」という本が置かれていました。                            ケイトが母親と公園で食事をしているとき乗用車とバスの衝突で男が亡くなる                             というシーンがありました。                                                  アレックスが犬を追いかけて偶然ケイトの彼氏に会いパーティに招待されると                                 いうシーンがありました。                                              このときアレックスはケイトとチークダンスを踊ります。                                       アレックスはケイトに2年後にレストラン「イルマーレ」で会うことを約束                               してケイトが待ちますが約束は守られませんでした。                                          このことがありケイトは、手紙のやり取りをやめます。                                      時の壁は破れないと知るのです。                                                2004年に住む、アレックスはこのことがあり、住んでいた湖の家をケイトの                               彼氏に貸します。                                                        ケイトと彼氏は湖の家に住みます。                                            ケイトは偶然、板の間の下から無くした「説得」という本を見つけます。                                ケイトとアレックスは、お互いが会えることができることを知ります。                                    ふたりが会ったのは湖の家でした。                                                      どうして会うことができたのかは、映画を観てのお楽しみです。                                 FOXムービー



共通テーマ:映画