So-net無料ブログ作成

ケーブルTVで映画を楽しむ「ヴェルサイユの宮廷庭師」

 niwasi.jpg                               太陽王ルイ14世の栄華のシンボルヴェルサイユ宮殿                                世界一有名な宮殿誕生の裏側には                                                            ひとりの女性庭師の存在と秘めれたロマンスがあった--                                          無名の造園家サビーヌ・ド・バラ                                                        庭園建築家アンドレ・ル・ノートル                                                      1682年、フランス。造園家のサビーヌは、心に傷を負いひとりで生きてきた。                                           ある日、彼女はフランス国王ルイ14世が計画する新たな王宮の庭園建設の                                            庭師に選ばれる。                                                                                 面接に向かったサビーヌは、伝統と秩序を重んじる国王の庭園建築家                                                 アンドレ・ル・ノートルと対立する。                                                                        しかしル・ノートルは、自由な精神で庭と向き合うサビーヌの感性に新しさと                                                大きな可能性を感じ、宮廷における中心的な庭園造りを彼女に任せることを決める。                                   (シネフィルWOWOWあらすじより抜粋)                                     女性庭師の物語は秋の季節にぴったりの作品でした。                                 シネフィルWOWOW                               


共通テーマ:映画