So-net無料ブログ作成
検索選択

ケーブルTVで映画を楽しむ「猿の惑星 創世記ジェネシス」

007.JPG                                 すべては一匹の猿の驚異的な進化から始まった                                   なぜ人類の文明はもろくも崩壊し、人間は猿に支配されたのか?                            新進気鋭の科学者ウィルが新薬開発の実験用に飼っていた猿が、                                 研究所内で暴れて射殺された。                                        ウィルはその赤ん坊を自宅に持ち帰り、シーザーと名付けて密かに育てる。                                母猿の特殊な遺伝子を受け継いだシーザーはすくすくと成長するが、                                  ある事件がきっかけで霊長類保護施設に入れられてしまう。                                     このときすでに育ての親であるウィルの想像をはるかに超え、                                      並外れた知能を有したシーザーは、人間の愚かさに失望してある                                   決意のもとに動き出す。                                                            それは地球上の生物の進化の概念を覆し、新たな神話の序章となる                                 壮大な闘いだった・・・。                                     (チラシより抜粋)                                                    映画というものは時として想像を超える作品を観客に提供する。                                   1968年に劇場で公開された「猿の惑星」のラストシーンは衝撃だった。                             その衝撃の謎を明かすために創世記が作られた。                                        突然変異ということを考えると満更あり得ないことではないと思ってしまう。                           FOXムービー


共通テーマ:映画