So-net無料ブログ作成

映画を楽しむ「僕だけがいない街」

DSC02135.JPG                                    舞台は2006年と1988年                                          2つの時代を行き来しながら                                    大切なひとを救うために                                            命を懸ける普通の男の物語                                                                 主人公・悟は時代を行き来できる。                                         それは彼だけに再上映(リバイバル)という超常現象が起こるからだ。                               STORY-                                                               売れない漫画家の藤沼悟は、アルバイトのピザ屋での配達中に何度も                                    同じ時間が巻き戻る<リバイバル>という現象が起きる。                                       周囲の違和感を察した悟は、交差点に暴走するトラックから小学生を助けるが、                                その代償として自分がはねられてしまう。                                                                            病院に付き添ってくれたバイト仲間の愛梨。                                              他人に対して距離を置く悟に対し、なぜか気後れせずに接してくれる特別な存在だ。                          数日後、誘拐未遂を目撃した悟の母・佐知子が何者かに殺害され、                                    愛梨も命を狙われる。                                                       警察から容疑者と疑われた悟が逮捕される寸前、またしても<リバイバル>-                              巻き戻った先は18年前、同級生の雛月加代が被害者となった連続誘拐事件の                              起こる直前だった。                                         29歳の意識のまま、10歳の身体に<リバイバル>した悟は、雛月と母親を殺した                         犯人が同一人物だと確信。                                            真犯人を追い詰めるために現在と過去を行き来しながら事件の謎を追っていく。                        果たして、悟は18年前の事件を未然に防ぎ、大切なひとを救うことができるのか?                            (チラシより抜粋)                                         劇場で観ることができなかった映画のひとつ。                                          ストーリー的にはよかったが物語の展開が登場人物が限られていたので消去法で                    犯人がわかってしまう。                                                連続誘拐殺人事件の第一被害者の命を救うために、母親が何者かに殺され自分が                         犯人にされた無実を証明するために、18年前に誘拐事件の犯人にされたやさしい                                  お兄さんの無実を証明するためにリバイバルを繰り返し犯人を特定していくという                             手法は良かった。                                            フジTV                                            


共通テーマ:映画