So-net無料ブログ作成

映画を楽しむ「ハイネケン誘拐の代償」

haine.jpg                                    誘拐されたビール会社の経営者と                                 誘拐した幼なじみの5人                                  人質は老獪で、誘拐犯は素人                                      これが問題だ!

1983年、オランダ・アムステルダム。大ビール企業「ハイネケン」の経営者、                             フレディ・ハイネケンが何者かに誘拐された。                                          世界屈指の大富豪の誘拐は世間を驚かせ、警察も巨大組織による犯行を疑う。                                しかし誘拐したのは、犯罪経験のない幼なじみの5人の若者だった・・・。

大胆不敵な計画を実行し、史上最高額(当時)の身代金を要求する犯人グループ。                              すべては上手くいくはずだった。                                                 ところが、人質であるハイネケンの傲慢な言動に、5人は翻弄され、                                     歯車が狂いだしてゆく。                                                       駆け引き、誤算、落とし穴。                                               誘拐された大富豪と、誘拐した若者たち。                                            追い詰め、追い詰められる男たちが支払う“誘拐の代償”とは――?!                            (チラシより抜粋)                                                   年寄りを舐めちゃいけないということ。そして、最高の警備会社がつくられた。                                                          ムービープラス



共通テーマ:映画