So-net無料ブログ作成
検索選択

映画を楽しむ「Elysiumエリジウム」

eri015.JPG                       人々は貧困も、差別も、死の恐怖さえなく生きていた            そこは永遠の命が手に入る、人類の理想郷                 スペースコロニー:エリジウム                                 2154年。人類はスペースコロニー”エリジウム”に住む富裕層と、荒廃した地球に住む貧困層に二分されていた。エリジウムにはどんな不治の病も一瞬で完治する特殊な再生装置が存在し、人々は死の恐怖と無縁の人生を謳歌していた。                                           地球に住む人々の頭上の空には、そんなエリジウムが幽かに浮かんでいる。手を伸ばせば届きそうなのに、決して辿り着けない場所ー。エリジウム防衛長官デラコートは、エリジウムの完璧なまでに美しい生活を維持するために、地球からの移民を禁じ、密入国者を一切排除していたのだ。                                        地球に住むマックスは、過酷な工場労働に従事していたが、事故で大量の照射線を浴び余命はあと5日間という非常な宣告を受けていた。生きたい!その強い思いから”永遠の命”を手に入れるべくエリジウム行きを決断。だが、エリジウムへ行ける唯一の方法は、レジスタンス軍の兵士として、ある任務を遂行することだった。             (チラシより抜粋)                                         映画の世界がやがて本当のことになるように世の中が動いていて恐ろしい気になる。                                                            イマジカBS


共通テーマ:映画