So-net無料ブログ作成
検索選択

映画を楽しむ 「柘榴坂の仇討」

010.JPG

[桜田門外の変」で
敬愛する主君・井伊直弼を失い
敵を探し続ける男・志村金吾

大老を暗殺した後、身を隠し
俥引きとして生きる孤独な男・佐橋十兵衛

そして二人を陰で支える
心優しい女たちー

江戸から明治へと
激変する時代のなか、13年後
二人の男が遂に出会ったとき
そこには思いがけない
運命が待ち受けていた
(チラシより抜粋)

彦根藩士志村金吾は剣の腕を見込まれ主君井伊直弼の警護担当になる。
この後、金吾はせつという妻を娶る。
安政7年3月3日雪の日。
主君は警護の者60名を引き連れて江戸城桜田門へ向う。
出立の時に雪が積もっていたので雨合羽を着用した。
桜田門に通りかかったときにひとりの浪人が訴状を持って立ち塞がった。
金吾は、その浪人から訴状を受け取ろうとしたとき斬りつけられた。
金吾は男を追って路地に入った。
その頃、行列は17名の暗殺者に襲われ合羽を着ていたせいで
刀も抜くことができず金吾が戻ったときには全員が切り殺された。

金吾は、切腹することも許されなかった。
それは、父母が自害したことにも関係していた。
金吾は、暗殺者のうち逃亡した5名の男を探し出し仇討することを
命じられた。
そして、逃亡者4名が他界し残り1名を探し続けた。

そして、13年の歳月が流れ時代は江戸から明治になった。
金吾とせつは長屋に住み、せつが働いて生計を立てていた。
廃藩置県が行われ彦根藩も無くなったが金吾は最後のひとりを
探し続けた。

新橋駅の出口で俥引きをしている直吉は、長屋に住む離縁した
母親の娘に慕われていた。
直吉は、独り身でひっそりと暮らしていた。
直吉は、暗殺者の最後のひとり佐橋十兵衛の仮の姿だった。

時代劇専門チャンネル


共通テーマ:映画