So-net無料ブログ作成

映画を楽しむ「H E R O 」

002.JPG

はじまりは、ただの交通事故だった
ところが事故で死んだ女性は恐喝事件の証人だった

001.JPG

ネウストリア公国大使館の裏通りで、パーティーコンパニオンの女性が
車にはねられて死んだ。
東京地検城西支部の久利生公平検事は、事務官の麻木千佳と共に
事故を起こした運転手を取り調べる。
すると、ふたりの前に、かって久利生の事務官を務めていた雨宮舞子が
現れた。
現在、大阪地検灘波支部で検事として活躍する雨宮は、広域暴力団が
絡んだ恐喝事件を追っており、その重要な証人が、久利生が担当する
事故の被害者女性だったのである。
これは単なる交通事故ではない。
そう感じた久利生と雨宮は、合同捜査を開始するが、雨宮は久利生の
あまりの変わらなさに呆れる。
事故当時の状況を知るために、ネウストリア公国の大使館員から話を
聞こうとする久利生。
大使館に出向き直接交渉を試みるが、あっさり断られる。
なぜなら、大使館には日本の司法がまったく及ばない「治外法権」が存在
するからだ。
それは、日本の中に存在する外国。
国際社会における各国の当然の権利であって、正義の名の下にそれを侵す
ことは、外交を崩壊させかねない禁断の行為だった。
果たして、久利生は「大使館の壁」の向こうにある真実にたどり着くことが
出来るのかー。
(チラシより抜粋)

何事に置いても自分の目で真実を確認することは大事なことです。



nice!(251) 
共通テーマ:映画

nice! 251