So-net無料ブログ作成
検索選択

映画を楽しむ「ファイヤー ウイズ ファイヤー」

FWF.jpg

消防士は悪を倒すため、建物を燃やし放火殺人を企てる

カリフォルニアの消防士ジェレミーは、コンビニ立ち寄ったときにギャングが
子分を連れてコンビニの店主に立ち退きを要求していた。
そして、ギャングが店主を殺害する現場を目撃してしまう。

警察は、ジェレミーの証言で犯人をギャングのボスヘイガンと特定する。
ジェレミーは、ヘイガンの脅迫に屈することなく法廷で証言することを
約束するがヘイガンはジェレミーを見つけて脅迫を行う。

警察は、ヘイガンを有罪にするためにジェレミーに承認保護プログラムを
発動する。
これは、重要な裁判で有力な証人を守るために証人は、名前を変え、仕事を変え
別人になって生き、警察がガードするシステムだった。

8ヶ月後、プログラムの適用を受け、女性連邦捜査官ダリアに保護されたが
駐車場で銃撃されダリアが撃たれ重傷を負う。

ヘイガンから証言の日まで逃れること考えていたジェレミーだったが逃げずに
立ち向かい自分の手でヘイガンを殺す決意をする。

殺人現場を目撃したばかりに犯人に命を狙われ、恋人や友人にまで迷惑が
及びこのままではダメだと判断した消防士が反撃に出て相手を葬る作戦は
放火殺人だった。

どのようにして葬るのか知りたいひとは映画を観てのお楽しみ。

nice!(285) 

nice! 285